出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

日本一のカップル喫茶でスワッピング乱交プレイを勉強する

カップル喫茶というのはどういうシステム料金体系でどんな女の子がいるのだろうか?歌舞伎町の日本一のカップル喫茶でスワッピングを勉強してきました。

歌舞伎町の「O」は、日本一のカップル喫茶と呼ばれている。来店カップルの数、女性の容姿レベル、そしてスワッピングの頻度。どれをとっても他の追随を許さぬとの評判だ。デリヘル嬢でセフレの千尋(29才)を連れて、その夢のような楽園へ向かった。金曜夜8時、テナントビル3階に入った「O」のインターホンを押す。外からは会員制のバーのようにしか見えない。ドアが開き、私服姿のお兄さんが現れた。

「いらっしゃいませ。こちらは初めてですか?」「はい」「ではシステムをご説明します」

f:id:torivian:20191111185650p:plain

金額は入会金と合わせてカップルで1万2千円。制限時間はないらしい。いつまででもスワップしまくれるわけか。手荷物とコートを店員にあずけ、室内へ通じるドアを開ける。中は広めのプレイルームと、歓談用のこぢんまりしたラウンジに分かれていた。ラウンジのソファに座っていた2組のカップルの視線が一斉にこちらへ向く。一組は、40代のオールバック紳士と、バドガールコスチュームを着た色白ムチムチ体型の美人。もう一組は20代のムキムキ兄ちゃんと、ショートカット美人。どちらも噂どおりのハイレベルだ。

ソファの空きスペースにお邪魔し、プレイルームに目をやる。中では2組のカップルがセックスの真っ最中だった。正常位と座位。あまりに堂々とヤっているので、まるっきり現実感がない。ここはAVの撮影現場か?正常位のほうのカップルが、充実の表情でラウンジへ戻ってきた。

イケメン君と、幼い顔立ちの長身美女だ。なんでこんなに美人ばっかりなんだ。2人はオールバック&バドガールと親しげに会話し、わずか数分で、4人揃ってプレイルームに移動した。つまりスワップ成立だ。長身美女を立たせたまま、乳首を舐めまくるオールバック紳士。その隣でバドガールにクンニするイケメン君。早くもすごい展開だ。

レースのTバックの下はすでにヌルヌルの液が
シャワーを浴び、俺はTシャツとパンツ、千尋は貸し出し用のコスプレ衣装からキャミソールを借りてスタンバイは完了した。ラウンジには、新たに一組のカップルが増えていた。短髪日サロ焼けのヤリ手ビジネスマン風アラフォー男が、20代半ばのモデルのような女と一緒に座っている。梅宮アンナを小顔にしたような美人で、肌が白くスタイルもいい。日焼け男性が千尋に話しかけてきた。
「ここは初めてなんですか?」「はい」

そして次は俺に向かって、「じゃ彼女さん、少し緊張してるかもしれないですね」慣れている。まずは千尋の反応を伺い、こちらに話もフりながらスワッピングへと持ち込む算段なのか。よし、そのお誘いに乗らせてもらおう。4人でプレイルームに移動し、それぞれの相手をチェンジ。アンナ嬢と濃厚なキスを交わす。アンナの右手はゆっくりと俺のチンコをしごいている。すげー上手いぞ。ブラを外すと綺麗なオッパイと小さな乳首が顔を出した。たまらずしゃぶりつく。レースのTバックの下は、すでに割れ目に沿ってヌルヌルの液が。

アンナちゃん、エロすぎだろ。隣では千尋が日サロ氏にクンニされて、顔を真っ赤にしながら声を漏らしている。もう我慢できん。脇に置いてあったカゴから取って素早く装着し、アンナにまたがってもらって騎乗位だ。アンアンと可愛い声で鳴くアンナを見てたら早くもイキそうになってきた。時間稼ぎに体位を変えてみたものの、結局、わずか3分後には我慢できずに射精となった。
並んだ男のケツが上下にヘコヘコ

f:id:torivian:20191111185710p:plain
千尋も日サロ氏にきっちりイカせてもらったようで、トロンとした表情でラウンジに戻ってきた。「気持ちよかった?」「うん、すごい上手だった」

ラウンジには、また新たなカップルが2組増えていた。40代後半と思しき葉巻を吸う男性が連れているのは、人妻AV嬢ライクな30代女性。もう一組はソフトパーマのこれまた40代オーバーの男で、連れの女性は同年代でスナックのママっぽい雰囲気だ。失礼ながら、彼女らによって、美人ばかりがやってくるわけではないことがわかった。

千尋がトイレに行ったまま戻ってこない。見にいくと、オールバック&バドガールの2人と立ち話をしていた。「誘われちゃった」千尋の容姿は悪くないし、新入りなので人気があるようだ。バドガールと絡めるのか…。さっき出したばかりだけど頑張ってみっか。オールバックが紳士的に言う。

「よかったらご一緒しませんか?」「そうですね、行きましょうか」

4人でゾロゾロとプレイルームに移動だ。プレイルームは何が何やらわからん状態になっていった。あっちこっちで7 〜8組の男女が絡みあっている。フェラあり、クンニあり、ディープキスあり、すでに合体中もあり。アエギ声と腰を打つ音が、そこかしこから響いている。その隙間を縫うようにして、空きスペースを陣取り、俺たちもプレイ開始だ。バドガールのチューブトップの下は、見事な美巨乳だった。クンニやフェラを経て、座位、そして騎乗位へ。

ニャムニャムと妙な喘ぎ声を出した彼女は、身体をビクビクさせて一回目の絶頂に達した。イキやすいみたいだ。隣では千尋の上でオールバック紳士が腰を振っている。と背振りと並んだ男のケツが上下にヘコヘコ動いていた。みんな意外と正常位が好きなんだな。
物々交換だからなんらかのウリがいる
休憩がてら千尋とプレイルームの見学をしていたところ、隣でまったりしていた30代の坊主メガネ男と、身体の小さなまとめ髪の女の子がこちらに視線を向けてきた。軽く会釈すると、「一緒にどうですか?」とメガネ。

はい、よろしくお願いします。まとめ髪ちゃんの舌ワザは絶品だった。隣の千尋も坊主君の手マン&クンニで大きな喘ぎ声をあげている。こいつら、テクニシャンカップルか。
挿入してからも驚きだった。締まりがよく、乳首刺激しながら腰をグラインドさせると膣の中がグニュグニュと動きまくるのだ。騎乗位では、器用にこちらの乳首を舐め、腰の動きもソツがない。
思わず声を出してイッてしまった。

日本一のカップル喫茶だけに、常連(おそらくだが)の顔ぶれは只者じゃない。スワッピングとはいわば物々交換だから、どのカップルにも、顔なり身体なりテクニックなり、なんらかのウリがなければならないのだろう。美女が多いのもうなずける。深夜0時を過ぎたというのに、続々と新規カップルが集まってきた。

20代前半の短髪マッチョ君と、ちょいポチャのショートカット。40代のホンコン似と、長髪ロングの五輪真弓似。仲本工事似の黒縁メガネと、黒髪の地味な巨乳。そして今日見た中で一番可愛いと思われる小柄な色白女子を連れているのは、生真面目そうなメガネ男だ。気になるのは、仲本の連れてきた黒髪巨乳だ。千尋がOKなら、誘ってみたいところだ。「どう?あの二人?」「え、うん、いいけど」
よし、お前は誰とでも寝るイイ子だな。仲本がトイレに立った隙に、黒髪巨乳に声をかけた。

「この店はよく来るんですか?」「あ、あの、ココはまだ2回目なんです」ウブなリアクションが素敵だ。

「じゃ、スワッピングはアリなんですか?」「そう…ですねえ」どうだろう、我々と応じてくれるだろうか。ここで仲本氏がトイレから戻ったので、改めて挨拶すると、彼も千尋に興味を持ってくれたようだ。「では、ご一緒にいかがです?」「いいですね。いきましょう」

黒髪さんのブラのホックを外すと、張りのいい見事なオッパイが現れた。なのに乳首は控えめサイズ。たまらずむしゃぶりつくと、ああんっと恥ずかしそうに色っぽい声が漏れる。早くもビンビンになった股間に彼女の手が伸びてきた。

このフェザータッチ、たまりませんな。手コキに入り、流れで69 の体勢に。彼女のお尻越しに千尋をみれば、すでに仲本の上でガンガン腰を振っていた。そのまま身体を抜いてバックの姿勢で挿入。小さな喘ぎ声がリズミカルに漏れてきた。首筋の後れ毛が人妻っぽくて色っぽい。最後は正常位で腰をガンガン振ると、彼女は仲本の方を見ながら「気持ちいい〜」と声を上げて絶頂を迎えた。