出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

押しの強い男はモテる!?壁ドンで強引に口説いてみた

というわけでお見合いパーティ会場へ。その中に、やけに食い付いてくる女がいた。39才のヨウコさんだ。
「その帽子取るとどんな感じなんですか?あ、そっちのほうがいいよ。かわいいかわいい」
 三十半ばの男に向かって「かわいい」はどうかと思うが、この食い付きをスルーするのはもったいない。カップルになりましょう。パーティ終了後、一緒に会場を出たところで、彼女が声を弾ませる。
「じゃあ、ゴハンでも行きますか?」
 ノリノリですな。会場近くの居酒屋へ。39才という年齢は、婚活的には9回裏2アウト。さすがに悩みも多いらしい。彼女が語る恋愛論を聞くうちに、あっという間に2時間ほどが経過した。店を出たのは、夜11時だ。さてそろそろ壁ドンといきましょう。駅へ向かって歩いていくと、まもなく長い壁が見えてきた。何とか立ち止まらせたいが…。何気に体をくっつけてグイグイ押して行く。
「えっ、えっ、どうしたの?」「…寒いんで」
「はははっ。センちゃん、かわいいー」
 腕を絡めてきた。こりゃいいや。ここぞとばかりにグイグイ押していく。彼女は壁のほうへ壁の方へ。と、そこでさっと腕が外された。
「ちょっ、ちょっと。ちょっとセンちゃん、何すんの」
「…いや、冗談冗談」
 やっぱり歩きながら壁に追い込むのは不自然か。
「もう〜センちゃん酔ってるんでしょ?」
「いやそうでもないけど」
「もう明日もあるし、早く帰るよ」
 えっ? 帰る? いやいやこれからでしょ。
「ヨウコさんは、もう帰る感じなの?」
「そりゃあもう帰るよ。センちゃん何線?
私は京浜東北だけど」
 スマホで時刻表を見る彼女。何だかマジで帰るつもりだ。ちょっと待てよ。ちょうど目の前の大きな柱の前に立った。彼女をぐいっと押して、壁ドン!
「帰んなよ!」
 どうだ?
 次の瞬間、彼女の手がオレのアゴをアッパーカットのように突き上げた。
「仙ちゃん酔ってるじゃん。もう帰るよ!」「酔ってないよ。いや、お前に酔ってるか
もな」
 さっきまでヨウコさんって呼んでたのに、お前なんて言っちゃった。怒らないでね。と祈ってみたけれど、彼女はさっさと信号を渡り、バイバイと手を振って帰っていった。くぅ、9回裏2アウトの女にまでフラれるなんて。ところが翌日、「昨日はありがとう」という内容のメールを送ると、「またゴハン食べに行こ」と返事がきた。まだ脈はある。再チャレンジと参ろう。約束の金曜、夜7時。新宿。待ち合わせ場所に、ヨウコさんは時間ピッタシにやってきた。
「あー、この前と帽子ちがうんだ〜。これもかわいいかわいい」
 あいかわらずノリはいい。今日こそはキメてやる。居酒屋へインだ。
「ヨウコさんは友達になんて呼ばれるの?」
「ヨウコとか、ヨウちゃんとか」
「じゃあオレはヨウコって呼ぶよ」
「わかったー」
 昨日の「お前」はさすがにマズかったろう。今夜の最後の詰めのところでは「ヨウコ」を使うとしよう。
「ヨウコと一緒にいるとなんだか落ち着くよ」
「ほんとー? センちゃん口が上手いよね」
「ホントだって。あれからずっとヨウコのこと考えてたもん」
「またまた〜」
 2軒目はバーへ。さすが9回裏2アウトだけあって、きっちりお付き合いしてくれるところはありがたい。またもや辛気クサイ恋愛論を聞かされるうちに、期待通り終電がなくなり、バーを出たのは深夜の2時だ。
「じゃあどうしようかな?」
 もうアレを使うまでもない気がしてきたが、最後の詰めにかかるとしよう。手を握ろうとしたとき、彼女がすーっと大通りのほうに歩き出した。
「私はタクシーで帰るよ」マジか! ここで帰るって? 
 イラっとした勢いで、そばにあった電柱に、壁ドン!
「帰さねーよ。オレ、今日はヨウコと一晩中愛を語りたい」
「ちょっとあせり過ぎだって」
「そんなことないよ」
「いやいや。とりあえずちょっとタンマ。下見て下」
オレたちが立っていたのはゴミ捨て場だった。げっ、しくじった。いったん冷静に戻る。
「ごめんごめん」
「仙ちゃん酔ってるでしょ?」
「いや、酔ってはいないけど…」
「もぉ〜」
 頬を膨らましているが、目は笑っている。怒ってはいない。もう1回チャレンジだ。ちょっと進んだ先に手ごろな電柱があった。よし、壁ドン!
「ヨウコ、ゴミはもうないよ。オレの目を見て」
「もぉ何なのぉ〜、仙ちゃん。笑っちゃうんだけど」
「照れなくていいから。ヨウコの気持ちはわかってんだよ、顔に書いてあるし」
 顔をぐっと近付けていく。
「はいはい。もう帰るよ。酔っぱらいは嫌いだし」
 そのまま一人でグングン歩いて行く彼女。なんでだよ〜!   
 数日後のメールで彼女からこんなのが来た。
『壁ドンやってるのわかったけど、ああいうのは特別好きな人にされたいものだよ?』
 舌打ちして、オレはボロアパートの壁をドンッと殴った。