出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

痛めつけられて興奮、僕に変わった性癖が芽生えた原因

親の都合で転校したその翌日から、クラスのイジメっ子たちに目を付けられ、様々なイジメに遭いました。最初は
「A美に『僕と付き合ってください』と言ってこい!」
といったものでしたが、徐々にエスカレートし、ついには
「F美にチンコ見せながら『好きです!』って言ってこい!」
と命令されるまでに。
「それだけは絶対にヤダ!」と反抗しましたが「お前、ボコられたいの?」と腹パンチ
され、仕方なく心臓バクバクで人生初の露出告白をやりとげました。その子は「キャー!」と絶叫して逃げ惑い、まわりの女子からは「変態」「キモ男」の烙印を押されたことは言うまでもありません。ところが家に帰り、その行為を思い出すとなぜか妙に興奮するのです。チンコを見せた自分。気持ち悪がられた自分。なんでしょう、このモゾ
モゾする感覚は。気づけばオナニーをしていました。それをきっかけに、僕には変わった性癖が芽生えてしまいました。通りすがりの女性にいきなり告白し、驚かれたり馬鹿にされたりすることに快感を覚えるようになったのです。最初に始めた高校生のころ
から数えると、これまで告白した女性の数は2千人は優に超えたと思います。
道を歩いていてタイプの女性を見かけたら、いつでもどこでも行動に移します。第一声はこんな感じです。
「さっきお見かけして、好きになってしまいました。良かったら僕とお付き合いしてもらえませんか?」
真面目そうなタイプに多いのはガン無視や、冷たく一瞥しただけで歩き去るタイプですが、たまに「えっ!?」と驚いたあとで顔を赤らめ、「すみませんけど彼氏がいるので…」などと丁寧に断ってくれる方がいます。

こういう子はさらに押します。その場で土下座して『本気なんです! 一生大事にしますから付き合ってください!』と訴えると、まるでキチガイに遭遇したかのような恐怖に引きつった表情で走り去っていく子がいて、最高に興奮するのです。

特に夜道でこれをやると、いいリアクションが見れるのですが、防犯ブザーを鳴らされたことが1回、催涙スプレーを吹き付けられたことも2回あります。催涙スプレーは激痛に見舞われるだけでなく、ひどく腫れるので会社も休むハメになります。なので夜の活動は自粛するようになりました。落ち着いた雰囲気のキャリア系の女性に、懇々と説教をされたときも興奮しました。
「ご好意は嬉しいけど、あなたちょっとしつこいですよ?私の言ってる言葉の意味わか
ります? 本当にわかってるの?」
すでにその声だけで僕は勃起していました。色んなタイプの女性に告白してきましたが、やはり一番興奮するのはギャルです。僕の狙いは1人で歩くギャルではなく、2人か3人のギャルグループ。彼女たちは集団になると気が大きくなるので、調子に乗ってこちらのことを馬鹿にしてくるんです。可愛いギャルグループを見つけたらすぐに近寄り、ターゲットを1人選んで告白します。
「はあ?ムリだから」
「えっ? キモいんだけど!」
「なにコイツー、ウケる!」
「ムリムリ! さよなら〜」
「はあ? アンタ頭大丈夫?」
「は?オマエ馬鹿じゃないの?てか馬鹿だろ」
最初に告白した直後は、だいたいこのような反応です。これだけでも十分興奮できますが、やはり土下座してお願いすると、彼女たちの反応は一気に変わります。
「なんだテメェ!キメエんだよ!」
「だからムリだって言ってんだろテメェ! しつけーよ!」
中でも、土下座した僕の肩に蹴りを入れつつ「ウゼェんだよ!消えろ!」と言い放った茶髪ギャルは最高でした。

ダメ押しとして、「じゃ、お姉さんでもいいです! お願いします!」と、隣のギャルに告白したところ、「こいつマジむかつく!」と本気で切れたようで、「死ねよ変態!」などと口汚く激しく罵りながら、脇腹や太股に何度も何度もかなり強めの蹴りを入れてくれました。オナクラで言葉責めオプションを付けてもここまでは罵倒してくれないでしょう。
最近はパッと見でギャルとわかる子たちが減ってしまったので、告白する機会が減りましたが、ヤンキーっぽい子なら、いいリアクションを見せてくれるので突撃するようにしています。