出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

恋愛感情を持った同級生の娘に酔った勢いで告白し晴れて付き合う

俺は早希に惚れている。めっちゃ惚れている。寒空の下、早希の笑顔を見たときに自分の気持ちがはっきりとわかった。ドキドキソワソワしながら、繁華街へと歩き出す。可愛いなぁ。この間の帰り道みたいにくっついて歩きたいなぁ。情けないことに、まるで童貞の中学生みたいなドギマギ具合だ。
「友達においしい居酒屋さんを教えてもらったんですけど、そこ行ってもいいですか?」
一応、俺も店を予約していたけど、構へんよ。店に入ると忘年会やら学生の飲み会や
らでガヤガヤしている。ここじゃ、あんまり落ち着いて話せないかなぁ。
「すいません、個室予約していた○○ですけど」
個室を予約してたんかい。なんか用意周到やなぁ。こじんまりとした個室に向い合せに座った。正面から改めて早希の顔を見る。やっぱり可愛いよなぁ。
「こないだは暗い話ばっかりしてゴメンなさい」
「ううん、全然かまへんよ」
「話せてすごく楽になったんです。迷惑やったかもしれへんけど、話してよかったなって。今まで誰にも話せなかったことやから…」
そう言われれば、何か自分が早希にとって特別な存在なんだと思えて誇らしい。いつでも相談してこいよ。今日は暗い話はしませんという早希と、音楽の話、今度就職する会社の話、卒業旅行の話などで楽しく過ごした。まだそんな遅い時間じゃない。もう1軒飲みにいこうよ。
「いいですよ。いこう。いこう!」
よっしゃ! もう1軒いける。2軒目でもっと飲ませて…なんて下心からじゃない。単にずっと早希と一緒にいたいだけなのだ。2軒目に向かう道すがら、早希が手をつないできた。来た、来た。これを待ってたよ。心拍数がどんどん上がっていく。
「私、ベタベタしぃなんですよ。でも、ベタベタされるの好きじゃないんでしょ?」
確かに、どちらかといえばベタベタ甘える女はうっとうしいと感じる方だ。でも、早希なら構わん。もっともっと甘えてくれ!
「ほんとに私と付き合いたいんですか?」
落ち着いたバーに入り、カウンターで隣同士に座る。早希を意識しすぎているからなのか、なんかそわそわと落ち着かない気持ちで、ついつい酒をハイピッチで飲んでしまう。1時間もすれば結構酔っぱらってしまっていた。対する早希は、ちびちび飲んでいるからか、ぜんぜんシャンとしている。あかん、完全に立場が逆転しているやないか。
「河内さん、私、前にママと張り合ってるって話しましたよね」
「うんうん」
「でも、もうどうでもいいんです。こうやって河内さんと仲良くなれて」
そんなふうに言われたらうれしいよなぁ。でも、正直、俺のことはどう思ってるんやろ。男として好意を持っているのか?やっぱり、父親のような存在なのか?
「うーん、よくわからないけど、大好きですよ。こんなに甘えられるのは河内さんだけだし。でも河内さんは、私のことお子ちゃまだと思ってるでしょ。いつも私のこと『よし、よし』って見守ってくれてる感じやし」
「いや、早希のこと、好きやで。子供やなんて思ってないし」
酔ってるせいか、本音でベラベラ話してしまう。もうええわ。正直に気持ちを話そう。
「はじめは菜々子の娘で、可愛いコやなとしか思ってなかったけど、今は、ほんまに好きやねん」
「ほんま?」
「ほんま!」
「びっくりした…」
「早希はどうなん?」
「私も大好き。でもドキドキするより安心するっていうか、これって恋愛感情なのかなぁ?」
なんかもう酔ってるし、あれこれ〝好き〞の定義を考えるのもどうでもよくなってきた。
「ええやん、好きやねんから。付き合あおうや」
「ほんと? ほんとに私と付き合いたいんですか?」
「うん」
「……」
早希は黙っている。迷っているのか。そりゃそうだ。母親と同い年のオッサンにいきなり付き合ってくれと言われても困るわな。しばらくして早希が口を開いた。
「うん。よろしくお願いします」
OKってことか? うれしい! うれしいがほんとにこれでいいのか?
自分からコクっておきながらOKされるとちょっとビビッている情けない俺に対して、早希が真顔でこう続けた。
「条件ってわけじゃないけど、いくつかお願いがあるんですけど」
「なに?」
「ママとは絶対に何もしないでね」
うんうん、これからはしないでおくよ
(もう、しちゃったけど)。
「それから、河内さんは家庭があるから、わがまま言うつもりはないけど、どうしても私が会ってほしいときは、会ってくれる?」
うんうん、そんなん会うに決まってるやろ。こうして、酔った勢いで告白し、30も年が離れた同級生の娘と晴れて付き合うことになった。なんか自分が若返ったような気になってウキウキしている。この先いったい何が起きるのだろうか。