出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

出会い系で惚れた女は肉体関係ありデート商法だった

出会い系でデート、ホテルと恋人気分を味わえると思った女は商品を売りつけるセールスレディだった。ヤリ逃げを試みるも険悪な雰囲気になり結局は女の方が一枚上手だった。肉体関係ありのデート商法の手口とは。

f:id:torivian:20191020151456p:plain

定職を持たない者にとって、今の日本は何ともお寒いご時世だが、それでも毎月20万円ほど稼げるのだから食うには困らない。
今年に入ってからは念願のパソコンも購入した。目的は、もちろんメールナンパ。簡単に女がひっかかりそうな気がするからね。掲示板を覗いてみると・・・、あるわあるわ。
〈メル友待ってま〜っす、チヨ〜暇しててえ〜〉
出会いを求める女だらけだ。イケる。イケるぞ。オレは片っ端からメールを送った。
が、結果は散々◎いくら待っても反応がない。いや、返事は来るのだが、こちらが期待したような内容じゃなくて、純粋にメールのやりとりを希望するものばかり。違う。こんなのオレが望むメールじゃない。チクショー、軽い女のメールが欲しい!
高価な買い物を後悔し始めたオレに、救いのメールが届いたのは、ゴールデンウィークに入る直前のことだった(下参照)。

f:id:torivian:20191020151502p:plain

〈こんにちは、ヒトミ(仮名)です。お返事遅くなってゴメンナサイ…。メールちゃんと読みました。本当一にありがとうj〉
くう〜、コレコレ。オレが待っていたのはこういう尻軽調なメールなんだよ。
〈私このメールやるのに2つの目的で仲良しのお友達と始めたの…。ひとつは私の仕事の成績アップで〜す〉
成績アップ?なんじやそりゃ。
〈…商品はシャンプーセットと気鳴岩と言う健康ケアに…。セット価格6万円です〉
鈍感なオレでもここまで言われりゃピンとくる。そう、コレは単なる営業メールだったのだ。
ヒトミは出会いなんて求めちゃいない。オレは単なる客ってワケか。クソッ、フザけた女だ。まったくシイてない。せっかくの連休だってのに遊べる相手は野郎だけ。ムシャクシャしながらキヨスクで購入した日刊ゲンダイを眺めていると、こんな一文が目に飛び込んできた。
『シャンプー6本と一発で6万円!』
どこかで聞いたようなフレーズだと思いながら記事を読み進め、思わず声を上げそうになった。
とりあえず文面を要約すると、
「とある男性が3月、出会い掲示板で知りあった女性とメール交換、数回、やりとりしているうちにシャンプーを買ってくれたら私がオマケについてくるとのメールにつられて女に会う。そして6万円のシャンプーセットを購入すると、本当に女をホテルへ連れ込めた。女はマグロで…」
商品といい、掲示板でひっかける作戦といい、ヒトミと同じパターンじゃん。あの女…。
急いでパソコンを起動し、再度メールを確認してみる。と、やっぱりだ。後半部分に次のようなくだりがあった。
世の中のこととか人生についてとか、安心できる方とならエッチについても少しずつ優しく導いてほしい・・・
お買い上げ下さった場合、感謝の気持ちでデートにお付き合いします。誘って下さいね

f:id:torivian:20191020151459p:plain


新聞のように〈私がオマケ…〉
と明言してないが、女を武器に商品を買わせようという魂胆がミエミエだ。考えようによっちゃ、ヤラせると言ってない分、よっぽどタチが悪い。
まったくもってナメた女である。
ヘタすりゃ6万円とられて終わり。あやうくクソ高い援交にひっかかるところだった。
しかし、このままでいいのか。たかがシャンプー女とはいえ、神聖な掲示板を荒らされているのだ。放っておけば、今後も被害者は増加するだろう。オレにできることは何かないか。この、世の中ナメキリ女にできることは…。

答はすぐに出た。ヤっちまうのだ。シャンプーを買わずにヤリ逃げしてしまうのだ。そうすりや、ヒトミも世のなかの厳しさがわかるだろうし、オレを代表とした男たちの溜飲も下がるってもんだろう。もちろん強姦する気などさらさらないが、会って酒でも飲めば落とせるかもしれない。
「写真を拝見し、とても美人な方で驚きました。ぜひ、アナタにお会いしたいです」
メールを送ると、その当日に返事がきた。オレがよっぽどカモに見えるのだろう。驚くほどレスが早い。
「こんばんは。美人なんてお世辞でも嬉しいわ」
「会いたい」ということは商品を買って下さると理解してよろしいのですね…(中略)
買ってくださることを前提に○日午後3時。場所は○○線▲▲駅1番出口を出た喫茶店の2Fにヒトミを迎えにきてください
シャンプーを売りつけようとあって、随分と手回しもイイ。メールでは「商品を買って」と念を押されているが、もちろんそんなのは無視だ。
〈○日お待ちしております〉
OKの返事と一緒に自分の服装のみを伝え、携帯番号を記す。と、再びヒトミからメールが。
今度は何だか内容がおかしい。
いったんは白いコートといっておきながら、コーヒーをこぼしたから黒のコートに変更、などとのたまっている。アヤシイ。これは会う前に一度、電話しておいた方がいいかも。
「もしもし、ヒトミさん?」
「あっ、吉川さんですか」
「○日、本当に写真のヒトミさんが来るの。黒いコートでさ」
「えっ?もちろんですよ」
営業トーク独特の雰囲気は感じられない。むしろ、ちょっとした知り合いと会話している感じだ。本当にコイツが来るのだろうか。
いざ、出向いたらコワイ男どもに囲まれる、なんてオチが待ってるんじゃないだろうか。不’安だ。が、今さら中止するのも情けない。とにかく会ってみよう。当日午後2時別分、指定された喫茶店の2Fで、オレはどのようにヤリ逃げしようか考え続けていた。
支払いをHの後まで延ばしバックれるか。いや、それはあまりスマートじゃない。今回は、ただヤレぱいいのではなく、キツイお仕置きが必要なのだ。となると、やはりシャンプーを買うと信じさせ、一発ヤってしまうに限る。世のなか、オマエの企みどおりに金を出す男ばかりじゃないってことを思い知らせてやるのだ。
宅急便の袋を持った女が階段を上ってきた。ヒトミか。が、約束とは違う白いコート姿だ。そうだよ、コーヒーをこぼしたと言ってたもんな。写真とも全然違うし。
と、それに続くようにして、黒コートの女が現れた。ヒトミだ。間違いない。両手に抱えるのは宅急便の袋。シャンプーが入ってるのだろう。って、おいおい!さっきの女とまったく同じ袋じゃん。
仲間かオマエら?
「こっちこっち。ヒトミさんだよね。写真よりキレイじゃん」
実際ヒトミはカワイイ部類に入る女だった。かなりのレベルだ。足元は定番の厚底サンダルである。
「今、そこでコケちやったんですよぉ。あっちの交差点を渡ってくるときにい」
「やっぱ、厚底だからじゃん」「そうですね!」
他愛もない話題を振ってくる。まずは様子見ってことか。
「あっ、私、声枯れてるでしよ。最近、カラオケの行き過ぎでえ」
「えっ、どんなの歌うの?」
「AKB、超スキィ!」
「マジ?オレもすげぇ好きだよ。今度、カラオケ行こうぜ!」
なんか調子狂うなぁ。あまりにも普通の会話が続き、目の前のシャンプーの存在を忘れそうになる。
「会えて嬉しい」「オレも」なんて、ひょっとしたら、このまま口説けたりして…。
「若い人でよかったぁ。なんか私の友だちで似てる人いるう」
「へえ〜、じゃあ前の営業相手はオジサンが多かったの?」
「違いますよぉ。私、外に出るの、今日が初めてなんでぇ。だからメッチャ緊張してるんです」
初めて?シャンプー女が何を言う。オレは再び身を引き締めた。出会い掲示板を平気で荒らす女が、オレごときに会うだけでビビるワケなかろう。が、間もなくヒトミがとった行動は、営業初心者と納得させるのに十分だった。突然、説明書と領収書を取り出すと、「消費税分入れて6万3千円です」と来やがったのだ。
ちょっと待った。キミねえ、普通、商品のプレゼンぐらいするもんでしよ。そうそう、説明書をちゃんと読んでさ。にしても、ロクでもない内容だな。
「色々効くんですよぉ。胃とか肌とか。あっ、痔はダメですけど」
「この、うつってのは何。精神病にシャンプーが効くの」
「爽やかになって、気分がよくなるみたいですねえ」
手渡された説明書には、身体や病気名に対する効能が「+15」とか「+18」などと記されている。何じゃこりゃ。
「波動で測定したやつらしいです」
オレはそれ以上、突っ込むのをやめた。とりあえずヒトミの説明を遮り、この会社へ就職した経緯を聞いてみる。なにせ、あまりにも対応が幼稚。バイトじゃなかろうな。
「えっとぉ、本当はアパレル関係に行きたかったんだけど、就職活動すんのが遅くて、やっと決まったんですぅ」
「えっ、本当に今年の4月から始めたの」
「だからまだハタチですよ〜。1週間くらい研修があって、その後は内勤。で、さっきも言ったけど、吉川さんが初めてのお客さんなんです」
どう理解したらよいのだろうか。確かに、商品知識、営業のノウハウともに、オレが知ってるキャッチセールスの女たちとは天地の差ほどレベルが低い。
遅れて名刺(本名はヒトミではなかった)を差し出した手つきも、ド素人。初心者というより、大学生レベルにすら達していない。そして、それを証明するかのように、再び強引にシャンプーを売
りつけようとする彼女。無知すぎる。切り出すなら今だ。
「あんまり『シャンプー買って』と言われてもさ、オレ、ヒトミのことよく知らないじゃない。会ったばかりのヒトミを完全に信用できない以上、その商品は買えないよね、やっぱり」
途端にヒトミの表情が曇り始めた。今にも泣きそうだ。が、その姿が妙にソソる。
「私を信じてくださいよ」
そう来るかい。あっはっは。こりや、完全にコチラのペースだ。
オレは「お互いを知るために飲みに行こ』と一気にたたみかけた。が、そこから先がなかなか進まない。ヒトミが「いったん会社に入金させてくれればデートに応じる」と言って譲らないのだ。
ダメダメ、「デートに応じる」ってのが暖昧すぎるっつ-の。たぶん、支払いだけ済ませ、Hなしデートで終わらせる腹だろう。ずる賢いヤシめ。「会社なんだから、キッチリ後日納めりやいいじゃん」
「今日中に会社に入金しなきゃダメなんです」
こうして、飲みに行く行かないの押し問答を続けること約20分、ついに彼女が折れた。
「わかりました。カラオケに行って、ゆっくり話せば私のこと信用できるでしよ」
よっしゃ.そうこなくっちゃ。
ヒトミは半分怒りかけていたが、そんなの関係ない。多分、密室でHを匂わして、金をせしめようっていう魂胆だな。そうはいかん。なんとしてもダダでHしてやる。ところが、喫茶店を出た後、形勢は一気に逆転する。営業してるカラオケ店が見つからないのだ。冷や水を浴びせられる気分だった。頭の中は真っ白になり、アイデアが何も浮かばない。
さらに間の悪いことに、この一件でヒトミは、会社に戻ろうと思案し始める。それだけは何としても阻止せねば。
「あっ、あそこの白木屋は、やってるハズないよな」
うわずってるよ、声が。ヒトミが妙に冷静だから、余計にあせるんだよな。
「会社に電話して、遅くなるって言いなよ・で、今から新宿行こ」&必死の口説きも通用しない。どころか、
「もう、今日は買わなくてもイイから、私を信用できるようになるまでメールとか電話しましよ」
チョット待て!わかった、わかった、金は出す。だから、ヤラせろってんだ。と、言いたいが、これまで散々偉そうなことを語っていた手前、素直に言葉が出てこない。ヒトミはすでに腹をくくった様子だ。あ〜あ、今日はもうヤレないか。
「デートだけして買わないお客さんに注意しろ、と会社にキッく言われてるんです。だから」
ん?それは金さえ出せばオッケーという風にも聞こえるぞ。よし、この際仕方ない。まずはホテルに行って、金を払うことで納得させよう。不恰好だが、無理矢理にでもヤリ逃げしたれ。
「じゃあ、エレベータに乗るときに払ってくれるならOKです」
コイツ、本当に初めてなのか。少々険悪な雰囲気になりながら、オレたちはタクシーに乗り込んだ。「運転手さん、歌舞伎町まで」オレが告げると、ヒトミが突然ぶっきらぼうに一言。新田裏まで行ってちよ-だい!」
シンデンウラ?なんじやいそりゃ。見れば、ヒトミの表情がメチャクチャ険しい。恐る恐る尋ねてみたら、
「えっ、ヤクザマンションの近くだよぉ。あっちの方がホテルまでスグじゃん!」
ヒエ〜。このヒトは何者なんでしょう。
「そういや、ヒトミはドコの大学だったの?」
「ん?バカ女子大。高校まではS女子高にいってたんだけどね」
「S女なんて超有名校じゃん」
むりやり盛り上げるオレ。なんだか立場がすっかり逆になってしまったようだ。なぜ、買う方がここまで気をつかわなきゃなんないんだよ。が、ホテルに入り、金を渡すと態度が一転するのだからわからない。

さっきまでの無愛想な顔はドコかへ消え、急に愛らしくなった。6万3千円も払ったんだから当たり前か。こうなったら目的は1つ。せめてマグロ状態だけは避け、徹底的に奉仕させるしかない。オレは気前よくビールを注ぎ、仲良くなることに集中した。
「山手線ゲーム、イェーイ!」
「いえい」
ムナシイ…。やっぱり、先に金を払ったのは失敗。でも、そうじゃなきや会社に帰るっていうし…。結局、やっつけるハズが、まんまと相手の術中にハマリ、6万3千円を放出。ベッドでのヒトミがマグロじゃなかったのが救いだったとはいえ、これじゃあボッタクリの手コキと同じだ。

つまり、出すものを出せば文句は言えない。完敗である。
ヒトミの話が本当ならば、この会社には延べ30人近くの営業ウーマンが在籍しているという。彼女らに、いくらのキックバックが入るのかは最後まで教えてもらえなかつた。もちろん会社は、身体を売って成績を上げろとは言わないらしい。

が、「私は当分、掲示板担当かなぁ」と漏らすのだから、組織的にネットを利用していることは明らかだ。文書フォーマットがあって、モノ欲しそうな男に片っ端から送られているのだろう。
出会いから、デート、ホテルと恋人気分が味わえて、しめて6万3千円。普通の風俗に飽きた人には案外オススメなのかもしれない。ってそんなワケないよな。