出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

結婚相談所の成婚率、男女比、会員数はアテになるのか

オーネット、ツヴァイ、サンマリエ、ノッツェ大手の結婚相談所の成婚率、男女比、会員数はアテになるのか。結婚相談が主催のねるとん方式のパーティや出会い保証制度は出会えるのか、実際に入会してみて確かめてみました。

f:id:torivian:20191019202205p:plain

出会い系サイトで手軽な出会いがもてはやされる傍ら、見合いが見直され、結婚相談所が盛況らしい。一説には、全国に3千100の相談所があり、利用者は30万人に上るという。いずれも多数の会員から、学歴や年収、趣味、正確など多岐にわたったデータで相手を絞り込めるのがウリで、身元確認のため市町村発行の『身証明書』提出を義務づけているところも少なくない。まさに結婚相手を探すには打って付けのサービスに思える。ただし、料金がバカにならない・大手4社の詳細は表を見てもらうとして、一番安いノッツェでも38万円(スタンダードコースの場合)だ。確認巽結婚相手が見つかれば安いが、金に見合った実態があればだ。
まずは、結婚相談所の基本情報を見ておこう。
料金………スタンダードコースからロワイヤル、母子家庭応援プランなど各社各様のプランを設置しており、入会金、登録料、月会費、データ提供料、お見合い料、成婚謝礼などが必要。
加え、パーティやイベント参加費は別途かかる。大手の場合は、基本活動期間2年分を全納するのが入会条件で(ツヴァイは表参照。業者によっては分割OK)、相場は40万円前後。この額から大きくはずれた業者は要チェックだ。
入会に必要なもの・申込書の他に、戸籍抄本(または地方自治体が発行する独身証明)や学歴を証明する卒業証明書、収入を証明する源泉徴収票、在職を証明する為の保険証、免許証など、プロフィールに書かれた記述の裏付けになる証明書を用意しなければならない。
出会いの方法…担当者が合いそうな2人をピックアップして個別にお見合いを進めてゆく仲人系に対し、大手の場合は、100項目以上の詳細な個人データを基にコンピュータが双方の希望条件を判断する『マッチング』がメイン・年間紹介人数は、会員に送るマッチングした相手のデータを言う。その他、ネットでの検索や会報誌に掲載された会員情報を基にお見合いを申し込むこともでき、パーティや各種イベントなど会員同士の出会いの場を設けている。結婚相談所に入会し、見合いをするには、いずれかの方法で希望相手を見つけ、
交際申し込み⇒相手が自分のデータを見る⇒受ける、または断るの意思表明⇒OKならお見合いという流れだ。
実際の利用者はどんな思いで利用しているのだろうか。
東海地方に住むUさんは、35才の男性サラリーマンだ・当初は自分のプロフィールを映像にして希望の相手を探すビデオレターなるシステムを採る地元密着の業者に入会。惨敗を重ねた結果、昨年より最も会員数が多いことを理由にオーネットヘ入会した・彼が主に利用しているのは、データマッチングシステムである。これは、本部から会員に希望条件に見合うような異性会員のリスト
(5,6名ほど。ただし女性は写真が付いていない)が送られ、気に入った相手がいれば本部へ連絡。自分の写真付プロフィールが先方へ送られるシステムだ。
先方がOKすれば、今度は自分の方へ写真付プロフィールが送られ、お見合いへ進む。
「当たり前ですけど、このプロフィールが第一関門なんですよ。男性なら大卒、身長170センチ以上年収450万以上じゃないと厳しい。ボクは高卒なんで最初は県内の人から届いてたけど、だんだん県外の人のが届くようになったんです」入会した月、5人に申し込みしたが、すべて断られてしまう。本入いわく、敗因は学歴ではなく顔だったという。
「条件が同じならルックスがいい方がいいじゃないですか。っていうか、顔が良ければ条件が悪くてもなんとかなる。結局は男女とも見た目が重要になるんですよ。自分の顔写真が相手に見られた瞬間、断られちゃって・5連敗したときはさすがにヘコみましたね」

f:id:torivian:20191019202202p:plain

明けて今年1月に2人、3月には3人とご対面に成功。女性のレベルは悪くなかったがうまくいっていない。

「ボクみたいにトークが下手な男は、入ってみる価値はあると思いますよ。毎月、何人かのプロフィールは送られてくるんで、なにがしかの女性とは見合いできますから。それに、相談所に入ってから、友達のコンパにも積極的に参加するようになりました」
Uさんは、相談所に入ってから日常の出会いを大事に思うようになったらしい・本末転倒とは思うが、結婚相談所にはそれなりの利用価値があると断言する。都内の会社員のKさん(35才)も、
理想の女性を求め様々な業者に入退会を繰り返している結婚相談所ジプシーだ。
彼は先のUさんとは逆に、大手業者で思うような戦果が出なかったため、2年前から中堅の業者に鞍替えしたという。Kさんが最初に入会したのは東京駅近く八重洲に支社のあるNで、2年分の費用30万円を払った。
「月に一度、女性の写真付プロフィールが送られてきて、タバコを吸うか宗教はどうとか、かなり細かいデー夕が記載してあるのはいいんです。けど、見合いを申し込んでも返事がとにかく遅くて早くても2週間、長いと1カ月も待たされる。もう待ちくたびれちゃって」
1年半のうちに、人ほどと会えたものの、バツイチの女性が多く、ピンとくる相手には巡り会えなかったそうだ。
「一度、子供連れてきちゃった人もいたくらいですから」
2年の期間を待たずに退会。次に入会したのが全国仲人連合会だ。ここは文字どおり、各エリアの仲人にお見合い相手を紹介してもらう、老舗業者である。
入会金は6万3千円(成婚時まで有効、1年ごとの更新料1万500円)、月会費4200円、紹介料が5250円と良心的な料金設定で、成婚謝礼金21万円が必要となる・システムは、各エリアの仲人さんのところへ足を運んで登録女性のファイルを見せてもらい、その場で申し込むという実にわかりやすいものだ。
「30代後半から40代の前半の女性がコアな層でした。高学歴で仕事しすぎて婚期逃しちゃった人か、あとはバツイチが多いんです。2年間で10人くらいと会って、しばらく付き合った人もいたけど、結局、プロポーズまではいきませんでしたね」
そんなKさんが現在、ハマっているのが結婚希望者によるカップリングパーティだという。
「参加費も5千円から1万だし、一度で何人も女性と会えるのがメリットですね。通常のパーティと比べれば真剣の出会いを求めてる女性が多いですし。ただ、業者によって質はバラバラ。マルチ商法とか新興宗教系の女性も混じってるとこもあるし、六本木でやってる某パーティなんか中国人女性がよく来てるので有名なんですけど、ダンナにインシュリン打って殺した鬼嫁オンナも常連だったらしいですよ」
K氏のイチオシは『PlSA』という、結婚相談が主催の、ねるとん方式のパーティだ。
「真面目な女性が多いんですよ。実は今付き合っている彼女もここで見つけたんです」結婚相談所のホームページを見れば『××万人』などとデカデカ成婚者数が掲げられている。が、どうもUさんやK氏の話からはかけ離れている気がしてならない。かって大手の結婚相談所で働いていた女性に真相を聞いてみた。
会員数、男女比、会員数はもちろん、男女比はアテにならないらしい。
「私がいた支社では、頭数を揃えるため架空の女性会員のプロフィールを偽装してたんですよ。男性会員からお見合いのリクエストが入るのが架空会員ばかりで困っちゃって。それに、女性社員は全員、会員ってことで登録してありましたし」
実際はどこも男7に対し女3くらい・中堅ならさらに輪をかけて差が出てくることがあり、ひどいケースだと男が9割を占めるところもあるそうだ。
成婚率どこも途中退会者が多いので、成婚率は業者側でも把握できないのが実情。オーネットやツヴァイは累計の成婚実績が6万人を超えているが、どうやってカウントしたのか…。
出会える確率『入会1年目が約72人』といった具合に年間紹介者数が公表されているが、これはあくまで「希望条件に近い女性がいます」とデータを紹介した数であって、実際に出会える数ではないので要注意。
こればかりは人によるが、出会える数が多い男性で年間約10〜20人といったところ・月に1人で大健闘と考えた方が賢明だ。
「実は担当者次第ってところもあるんですよ。好印象を受けた会員さんには優先していい人を紹介しちゃったりしますし、意外に職員と会員の結婚も多いし。だからって、ことあるごとに電話してきて愚痴られても困っちゃうんですけどね。なんで誰とも会えないんだ、ってイチャモンつけてきた会員さんがいたとき、私が会員の代わりにお見合いしたことありましたよ。もちろん、ソッコーでお断りの返事は出しましたよ」
ちなみに、サンマリエでは『出会い保証制度』を実施しており、決められた回数のお見合いができなければ無料で会期が延長される。が、相手を選べないケースも多く、かなり希望とかけはなれた女性をあてがわれることも。
返金制度の有無以前はどこも会期途中で退会したら、残りの期間分費用は返金されないのが通常だった。が、現在はとりあえず大手業者のほとんどが返金に応じるという。ただしケースバイケースで、ツヴァイの「年間60人の紹介」コースを利用の場合、退会時点で規定の紹介者数を消化していれば、返金はされない。