出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

時代の波に押されて確実に厳しさを増している千葉のテレクラ

f:id:torivian:20191017074534p:plain
千葉駅周辺に2軒あったテレクラのひとつが、いつの間にか閉店したらしい。そんな話を聞きつけ、現地にやってきた。いつなんどき残りの1軒もつぶれてしまうかわからない、だったら今のうちに、と思い立ったからだ。
あいかわらず駅前には、10年前で時間が止まったかのようにギャル男やギャルがドヤ顔で歩いているが、テレクラの置かれた状況は、時代の波に押されて確実に厳しさを増している。でも負けるなよ、がんばれテレクラ!
…と、これだけエールを送ったんだから、今日くらいはマトモな女を差し向けてほしいところだけど、テレクラちゃんは厳しいお人だからなあ。どうなることやら。
「だぁら、わりいれえあいない?」
入店して15分、エロDVDをぼんやり眺めていたところで、不意にコールが鳴った。
「わりいれえあいない?」
 意味不明のことばが飛んでくる。なんだ?
「え、何ですか?」
「だぁら、わりいれえあいない?」
「あの、ちょっと聞き取りにくいんですけど。すいませんが、ゆっくり話してもらえます?」
「だぁら、わーりーいーりえーあーえーなーい?」
 凄まじい滑舌の悪さだが、もしかして「ワリキリで会えない?」って言ってるのか?
「ワリキリですか? はいはい、大丈夫ですよ」
「はは、いーねー。じゃ、いちごーれんてーあけどいい?」「はい?」
「だぁら、いちごーれんてーあけどいいかって!」
 滑舌が悪いだけでなくしゃべるスピードもかなり早い。ちょっとハードル高すぎないか?
「すいません。もう少しゆっくりでお願いします」
「んもう! だぁら、いちごーじぇんていらけどいいか、とぅってんの!」
 ふむ、今度はなんとなくわかったぞ。「だから、イチゴー前提だけどいいかっつってんの!」だな。
「イチゴーで大丈夫ですよ。ちなみにいまどちらにいます?」
「ちばき!」
「えっとー、千葉駅ですか?」
「うん」
この後、通常の3倍ほどの時間をかけて聞き出したところによると、彼女は
38才の既婚者で、体形はやせ形、顔は榎本加奈子似だという。
意思疎通はかなり困難なものの、彼女の申告が本当ならアタリと言っていいのでは?
「じゃあ、待ち合わせは15分後に駅前の交番にしましょうか」
「うん。そっいのうくそうはどんなお?」
3回ほど言い直させて、ようやく、俺の服装がどういうものか尋ねていることがわかった。
「黒の長袖シャツに白の帽子かぶってます」
「おっひー。わぁしは、しろんあーじあんとますふだはら」
 最初の「オッケー。私は…」から以下の部分は解読できなかったが、こっちの服装は伝えてあるし、とりあえず待ち合わせ場所に行けば何とかなるだろう。にしても、ずっとこの調子じゃ先が思いやられるなぁ。
リアルに舌足らずだとは
 交番前で待つことしばし、向こうの方から茶髪のマスク女が近づいてきた。白いカーディガンを羽織っている。あれか?
 こちらから声をかけてみる。
「あのー、待ち合わせの…?」
「そうえす」
 うん、間違いない。この人だ。あらためて彼女の容姿をチェックしてみた。顔の下半分がマスクで隠れているため断言はできないが、パッチリした目元だけ見ればブスという印象はない。榎本加奈子は言い過ぎにしても、まあまあいいんじゃね?
 懸念すべきはむしろ、滑舌の悪さにもかかわらず、平気で早口で話したり、マスクをつけてくる彼女の了見だ。電話の段階でもどこか短気なところが見え隠れしていたし、キャラクターに難がある可能性は十分ある。まだまだ油断は禁物だ。
 ふと彼女が声を発した。
「わぁし、おのえんわらんない。ほえる、しっえる?」
 最後のくだりはなんとなく「ホテル知ってる?」と聞き取れた。てことは前半部分はたぶん、「私、この辺わかんない」だろう。
「俺、ホテルの場所知ってますよ。行きましょうか」
 過去にもこの連載で千葉に来たことはあるので、ホテル街の方向は記憶に残っている。俺が先導する形で歩き出した矢先、うしろにいた彼女が謎の音声を出した。
「ふあ、はう〜〜」
 なんて言ったんだ? まったく聞き取れなかったんだけど。
「え、何ですか? もう1回言ってもらえます?」
「はあ? あうび、しららえ!」
 アクビしただけ? くそ、なんてまぎらわしいんだ!いや、というかこの人、そもそもなんでこんなしゃべり方なんだろう。いつもこんな調子なら、日常生活もかなり不便だろうに。
「あの、ちょっと聞いてもいいです? なんていうか、かなり滑舌が悪いように思うんですけど、いつもそうなんですか?」
 失礼を承知で尋ねる。彼女はうつむいて、ポツリと答えた。
「むはひ、だんえ、しらをはんふんいったお」
 耳に神経を集中させたところ、むかしガンで舌を半分切ったの、と理解できた。まさか、リアルな意味で舌足らずだったとは…。
物心つく前に両親に捨てられて…
 病気の話題で暗くなるのかと思いきや、ホテルで約束のイチゴーを支払うと、舌足らずさんは機嫌よく「う〜う〜」と鼻歌を唄いながらマスクを取った。全貌が明らかになった顔の評価は60点。テレクラ女にしては、やはりマシな部類かと思われる。
 ソファに腰かけた彼女がおもむろにスマホを取り出した。俺のことなどそっちのけでゲームを始めている。このタイミングでこの行動。なかなかの自由人のようだ。
 ゲームに熱中する背中に声をかける。
「そういや結婚してるって話ですけど、主婦なんですか」
「いあ、しろのしれうよ(いや、仕事してるよ)」
「へえ、ちなみにどんな?」
「おうようえーだお(工場系だよ)」
 なるほど、接客業でないのなら、この滑舌の悪さでもさほど支障はないのかも。
 バンバン会話をしてもこちらが疲れるだけなので、しばらく放置しておいたのだが、舌足らずさんは一向にゲームを止めようとしない。いい加減、じれてきた。
「あの、そろそろシャワーに入りませんか?」彼女がスマホ画面から視線を上げた。
「わぁしのいんせえ、あわっえうのよね」
「え?」
 だいぶ彼女の言葉はわかりかけてきたつもりだったが、少しでも気を抜くと途端に理解できなくなる。
「だぁら、わぁしのいんせえ、あわっえうお!」
 私の人生、変わってるの、と言ったらしい。
「わぁし、こいらっらお(私、孤児だったの)」
 何でも物心つく前に実の両親に捨てられたらしく、施設にいた16才のとき、養子縁組をした中年夫婦にもらわれたのだという。
「れお、あんえんあしえ、いふにひゃうまんのしゃっりいんせうわさえれえ、にえらえたお(でも何年かして、義父に100万の借金背負わされて逃げられたの)」
 高校卒業後、舌足らずさんはいくつもバイトをかけもちし、数年後、なんとか借金を完済したものの、義理の両親とはいまだに音信不通のままだそうな。
「えも、うらんえはないえおね
(でも恨んではないけどね)」
 舌ガンの件といい、たしかに壮絶な人生ではある。ところで、彼女の生い立ちを理解するために、ここまですでに30分以上の時間を費やしている。マジでいい加減、プレイを始めたいんだけど…。
「そろそろシャワーしません?」
「うん」
 しかし、ゲームを止める様子はまったくない。5分後、ふたたび促してみた。
「ね、もういいでしょ? シャワーしません?」
ようやく舌足らずさんが立ち上がった。後頭部をポリポリと掻きながらふて腐れたように言う。
「わあっらよ、ううれえなー(わかったよ、うるさいなあ)」あれ? 何か感じ悪くなってない?なんで俺のせいになってんの?
 浴室の入口付近で舌足らずさんが服を脱ぎはじめた。38才という歳相応の皮膚のたるみはあるものの、小ぶりの乳にはまだハリがあり、腹もぜんぜん出ていない。抱き心地は悪くなさそうだ。胸に手を伸ばす。
「形のいいオッパイだね」
 ひと揉みふた揉みしたところで、手をふり払われた。
「やめえ(やめて)」
 もしかしてなんか怒ってる?浴室に入っても彼女は無言のままシャワーを浴び、俺を残してさっさと出ていってしまった。部屋に戻った。彼女はベッドの上で裸のままスマホゲームをしている。だからなんでこのタイミングでゲームするんだよ。
「そろそろやろうよ。フェラしてもらっていい?」
 返ってきたのは露骨なため息とやる気のないセリフだ。
「はあ、しょうらいー(はあ、超ダリー)」
 ふてくされた様子でフェラを始めたものの(ちなみに、舌が半分でもフェラの感触はしっかりとあった)、こんな雰囲気では勃つものも勃たない。さすがにカチンときた。
「なんか怒ってます?」
「えふに(別に)」
「でも、ホテルに入ってから急に態度変わりましたよね」
「だぁらえふにおろっえらいひ
(だから別に怒ってないし)」
「いやいや、完全に怒ってるでしょそれ」
 フェラを中断し、舌足らずさんがこちらを見た。
「あんらうはいのあないいららあうふいなっえ(なんか昔の話したらウツになって)」
 悲しい生い立ちを俺に語ったことで陰鬱な気分になり、やる気がなくなったらしい。てか、ちょっと待ってくれ。生い立ちの話は、そっちが勝手に言いだしたことなんですけど。なのに、なんで俺のせいみたいになってんの?
「ははは、やはい、そのらお!」
 もうフェラはあきらめた。AVを観ながら自分で勃起させ、8分勃ちになったところで、いそいそとゴムをつけて挿入する。
 しかし、彼女のアソコは珍しいほどのユルマンだった。必死に腰を動かせど、エアーセックスしてるような案配で、チンコは少しも気持ちよくならない。
 加えて、ウンともスンとも言わないマグロっぷり。もうこうなると中折れは必至で、やがて縮こまったチンコがポロリと膣からぬけ落ちる感覚が。何が何でも射精したかった俺は、提案した。
「あの、マンコを見せてもらっていいすかね?」
「は?」
「いや、実は俺、セックスじゃイケないタチでさ。いつも最後はマンコをオカズにしながら自分でシコってんだよね」
 この期におよんでも、正直にユルマンだから中折れしたとは言えない、自分の小心ぶりが情けない限りだ。仰向けの態勢で、シラケた表情の舌足らずさんが足を開いた。その間に正座し、のぞき込むように顔をマンコに近づける。
 そのままシコシコやりだすと、笑い声があがった。
「ははは、ない、そのらお。ばらみらい(ナニ、その顔。バカみたい)。ははは」
 マンコを凝視してオナる俺の顔がよほどおかしいらしい。無視して右手のピストン運動を続けるも、笑い声は止まない。
「はは、やはいっえ、そのらお(ヤバいって、その顔)」
 ああ、結構クリトリスでかいな。やらしい〜。
「くくく、そのらおっ。ははは」
 ビラビラもいいねえ。
「はは、らお! やはい! あっはっはっ」
 彼女に笑顔が戻ったのは何よりだが、「そのらお」という妙な音感の言葉を繰り返し耳にするうち、せっかく膨らみかけたチンコは、また徐々に固さを失っていくのであった。