出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

蒲田のテレクラで出会った人妻は元シャブ中の現役ワリキリ嬢だった

f:id:torivian:20191015074425p:plain

うだるような猛暑日に、東京の下町エリア、新小岩にやってきた。この町に足を踏み入れたのは一昨年の年越しテレクラ以来だが、駅前の様子は相も変わらずガラが悪い。道端にツバを吐きながら歩くオッサンの多さは都内随一だろう。
目的のテレクラ店へ向かっている途中、先ほどまでカンカン照りだった天気が一転し、バケツの水をひっくり返したようなゲリラ豪雨に見舞われた。おかげで服もびしょ濡れだ。これからテレクラで戦おうってときにこの間の悪さ。不吉な予兆のように思えてなんだか怖い。
最初のコールが鳴ったのは、店に入って30分が過ぎようとしたころだった。
「あのう、ワリキリで会える人探してるんだけどぉ」
ずいぶんハスキーな声が響いた。まるで酒焼けしたスナックのオバハンママのようだ。
「はい、大丈夫ですよ」
「え! え!」
「どうしました?」
「びっくりしたのよ。そんなカンタンにOKすんの? 私のこと何も知らないのに!?」
なるほど、たしかにその言い分は常識的だ。ま、容姿を聞いたところでどうせデブとかババアなんだろうけど。
「じゃあ、いまいくつですか?」
「39。あと何知りたい?」
「体形とか知りたいですね」
「全然フツーだよ。太ってもないし、やせてもないし」
「なるほど。見た目は誰似とかってあります?」
「ていうか逆に聞きたいんだけどさ、こういうところに電話かけてくる女ってヒドイのばかりじゃない? おかずクラブのオカリナちゃんとか森三中の大島とか、だいたいそういう系でしょ?」
「まぁ、はい」
「でしょ! 男の人からいろいろ聞くもん。さすがにイヤでしょ、そういう女は。だから、テレクラで探さなきゃいけないのは大久保佳代子とかいとうあさことかあのレベルなのね。それが現実的じゃない?」
「はあ」
「でね、私はいとうあさこ似だから。大丈夫、安心して」
そうか。この回りくどい話し方は、自分がいかにハズレじゃないかのアピールだったのか。何だかめんどくさそうなキャラだな。女芸人で例えてくれるのは非常にわかりやすいが、これから会うのがいとうあさこ似って…。ワクワク感が微塵もないんですけど。
「ところで今って、新小岩駅の近くにいます?」
「うん、いま南口にいるよ。さっき蒲田(都内南部の街)からはるばるやって来たの」
「蒲田にお住まいなんですか?」
「そう。あのクソみたいな街ね」
自分の地元をクソ呼ばわりするとは、何かイヤな思い出でもあるんだろうか。
「ぜひお会いしたいんですけど、希望額はいくらです?」
「1万2千円は欲しいかな」
「わかりました。じゃあ、待ち合わせは5分後にミスタードーナツの前でいいですか?」
「できたらローソン前にしない?前にミスドですっぽかされたことあるから避けたいんだよね」
エンコーにジンクスを持ち込むところがバカっぽくて笑えるが、テレクラですっぽかされた過去をあっさり暴露してしまうあたりはもっとマヌケだ。やはり、容姿もハズレとみていいだろう。
ローソン前でスマホをいじっていると、見知らぬ女が下からヌッと覗き込んできた。
「こんにちは〜。さっき電話で話した人だよね?」
聞き覚えのあるハスキーボイス。てことは、この人がそうなのか。
「あ、どうも。全然、気がつきませんでした」
なんせ想像していたルックスとまるで違うのだから気づくハズがない。歳は40半ば、いや下手したら40後半ほどに老けており、あれだけアピっていた「いとうあさこ」要素がどこにもないのだ。
例えるなら、売れないロックバンドを辞めて、ロックバーのマスターに転身した昔自慢系のオッサンといった感じか。女としてのルックスは壊滅的といってよい。
悪びれた様子もなく女が言う。
「じゃ行くよ」
向かった先は駅からほど近い小ぎれいなラブホで、部屋に入るや、彼女はソファにドスンと腰を沈めた。そのままテレビのリモコンに手を伸ばし、何やら慌ただし気にチャンネルを切り替えている。
咥えたばこで煙をくゆらす、ロックっぽい仕草をキメながら、彼女は競馬チャンネルを観はじめた。ちょうどレースが始まる直前で、ホッとした様子で声をもらす。
「よしよし、間に合った」
「馬券買ってるんですか?」
「そう」
「競馬好きなんですか?」
「たまにパチもやるけど、ギャンブルはやっぱ馬かな。蒲田で生まれ育ったから先輩連中にイチから叩き込まれたのよ」
「いつの話ですか?」
「中学。親のサイフから金パクったり、カツアゲしたりしてよく大井(競馬場)に行ってたよ」
ほう、ずいぶんとヤンチャなJCだったようで。
「ギャンブルは一通りやったけど、馬だけはやめらんないね。もう何百万突っ込んだかわかんないよ」
饒舌に語る彼女だったが、レースが中盤に差しかかるころにはすっかり無口になっていた。ただ静かに画面を睨みつけるばかりだ。
「うるらぁ!」
先頭の馬がゴールした瞬間、彼女が憤怒の形相で足元のテーブルを蹴飛ばした。よほどの力だったのたか、テーブルは元の場所から1メートル以上も移動している。
恐る恐る話しかけてみる。
「負けちゃったんですか?」
彼女がハッとしたようにこちらを向いた。
「…ああ、ごめんね。2万分買ってたから熱くなっちゃった」
「残念でしたね」
「ったく競馬なんてやるもんじゃないね。あーあ、蒲田なんかに生まれ育ってなければなぁ。おかげで人生マジで狂っちゃったよ」
不良になったのも競馬にハマって止められないのもすべて蒲田が原因だと考えているらしい。単に自分の意思が弱いからでしょうに。よそ者は知らないんだよ、蒲田の闇を
その後、アンチ蒲田さんが立て続けに2本タバコを吸い終えたところで、風呂に入ることに。
裸になり、髪を後ろに結んだ彼女はマスター風から、ただのポッチャリおばちゃんに変貌している。ドス黒い乳輪と垂れた乳がなんとも物悲しい。
脱ぎ終えたパンツから彼女がナプキンのようなものをはぎ取って投げ捨てた。同時に股間の方からうっすらと酸味がかった不快臭が漂ってくる。
「もしかして生理ですか?」
「違うよ。今日はオリモノが多いからシートを貼ってるの。アタシってそういうのに気をつかうタイプなんだよね」
気をつかえる女なら、汚物のついたシートを客の前で投げ捨てたりはしないと思うのだが。
「ところで、普段は何の仕事してるんですか?」
一緒に風呂に浸かりながら尋ねると、妙な答えが返ってきた。
「リサーチャーだね」
「なんですかそれ」
「飲食店に行って、店員の態度や食べ物の評価とかをすんの」
覆面調査員のことを言ってるようだが、そんな仕事でメシが食えるとは思えない。となると主収入はワリキリか。
「ご結婚は?」
「してない。シングルマザーってやつ。中2の息子がいるのよ」
「へえ、それくらいの歳だともう生意気なんじゃないですか」
「そうなのよ。最近は口ごたえばっかりしてくるし、大変よ」
言いながら、アンチ蒲田さんがうなだれる。
「この間さ、家に帰ったらタバコ吸ってやがって。ぶっ飛ばしてやろうかと思ったら逆に押さえつけられちゃって」
「大丈夫だったんですか?」
「そんときはね。でも最近は万引きで捕まったり、変な友だちともつるんでるみたいだし心配なんだよね。クスリとかに手を出さなきゃいんだけど」
「まだ中学生だし、クスリは心配しすぎでしょ」
「バーカ、ウチらどこに住んでると思ってんだよ。蒲田だよ?」
急に口調が荒くなった。
「よそ者は知らねーんだよ、蒲田の闇を。街を歩けばシャブ中とかウリやってる女とか、そんな薄汚いヤツばっかなんだから」
上から目線でボロクソに言ってるが、たぶんこの人は、いまなぜ自分がラブホにいるのかを忘れているのだろう。
「それにしても蒲田ってそこまで治安の悪い街なんですか? シャブ中がうようよいるとか、あんまりそういうイメージないなあ」
「いるよ、いっぱい! 私だって昔はシャブいじってたしさあ」
…頭痛がしてきた。私の顔見てると気が散るでしょ?
風呂を出ると、アンチ蒲田さんが何やらいそいそと動き始めた。照明の明るさを調節し、ミネラルウォーターをベッドサイドに。そして最後に、テレビのリモコンを手渡してきた。
「これで自分の好きなAV流してくれる?それ観ながらだとイキやすくなるでしょ?」
つまり「穴は貸すから性的興奮はAVでお願い」ということだ。そのオナホール的スタンスは、きっと長年のワリキリ経験の末にたどり着いた、もっとも合理的なプレイ手法なのだろう。たしかに、こんなおばちゃんを見ながらでは興奮しづらそうだ。
お言葉に甘えてギャルものAVをチョイスすると、それが合図のようにフェラが始まった。吸引力だけがやたらと強いバキュームフェラで、あまり上手とはいえない代物だったが、目の前のAVに集中しているおかげでチンコはむくむくと大きくなっていく。
チュパッ!と豪快な音を立て、アンチ蒲田さんがチンコを口から離した。
「もう入れたい?」
「そうですね。入れましょうか」
「オッケー」
仰向けにゴロンと横になる彼女。その顔にはバスタオルがかけられている。なんだ?
「AVに集中していいよ。私の顔見てると気が散るでしょ?」
ここまで気が利くと逆に恐縮してしまうが、ありがたいのは事実。よし、さっそく挿入しちゃえ。濡れやすい体質なのか、ロクな愛撫もしていないのに、チンコがヌルっと膣にのみ込まれていく。
そのまま腰をグラインドしたとき、バスタオル越しに奇妙な音声が漏れてきた。
「おふぇっ! うぐぅっ!」「…どうかしましたか?」
「いいの、続けて。き、気持ちいいの」
「はい」
しかし、グラインドを再開した途端、また同じ声が。
「んぐぅっ! うふぇっ!」
まるで人が腹を殴られたときに出す声にそっくりだが、一応、これでも喘いでいるようだ。
「おふっ!うんぐっ!気持ちいいよ!い、いつでも! イキたくなったら…うふぇっ!
だ、出していいからねぇ〜〜〜うんぐぁっ! わ、私も、もう…うがぁ! い、イッちゃうと思う。ああ、んぐぐっ!」
だんだんとエスカレートする喘ぎ声に音声がかき消されて、AVに集中できない。あーあ、せっかくバスタオルで顔隠してくれても、これじゃまったく意味ないよ。
それでもどうにか射精までこぎつけ、すっきり気分でホテルを出ることに。
別れ際、アンチ蒲田さんがスマホを見ながら深いため息をこぼした。
「どうしたんですか?」
「息子からいまLINEが来て、今晩、友だちの家に泊まるから帰らないだって。明日、学校あるのに。ホントに蒲田のガキどもってロクなもんじゃないね」
息子さんにはまっすぐに育ってほしいと願うばかりだ。たとえ母親が元シャブ中の現役ワリキリ嬢だったとしても。