出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

下ネタがやたらエスカレートしてきた看護婦

自分からサイトの掲示板に書き込んでみた。
『こんばんは。誰かよかったらメールしない?』
 食い付いてきたのは、36才の看護婦である。
『よかったら話そ!』
名前はユミ。プロフに写メは載せてない。しかしまあ、イケメンってのはあんな単純な文章でも、こうして食いつかれるんだな。
『メールありがとう。ユミさんはどこに住んでるの?』
『私は府中』
『そうなんだ。ぼくも昔、そっち方面には住んでたよ』
『セントウ君は周りからは何て呼ばれてるの? センちゃんでいい?』
グイグイ来ますな、ユミさん。その日はひとまず、自己紹介程度のチャットでおしまいになったが、次の日からは熱いメッセージがどんどん届いた。
『センちゃん、おはよう。今日もお仕事頑張ってね』
『センちゃん、何時頃寝るの?一緒に寝ようよ』
『おやすみ。チュゥ〜〜』
日増しに彼女の目がハートになっているようだ。4日後には、風呂場で撮った自分の足の写メまで送ってきた。
『お風呂中。センちゃんも一緒に入る?てか、何ならソープごっこでもする?』
 三十女って年下イケメン相手にはこんな感じになるんですな。
『じゃあ、フィリピン人設定のソープごっこね。オニーサン、イイ人ネ。スペシャルサービス、スルヨ。って何言わすの!(笑)』
舞い上がってますなぁ。そんなこんなで、やりとりすること1週間ほど。
『センちゃってお酒とか飲めるんだっけ?今度飲みに行かない?』
 ここまで来ればもう大丈夫だろう。飲みに行きますとも!日曜日の夕方、府中で会おうと約束後、ユミがLINEでやりとりしようと提案してきた。
『センちゃんのラインIDを教えてくれない?』
『もちろん』
 LINEの『新しい友達』欄に、ユミという名前が表示された。アイコンはマスク
を着けた女の写メだ。なるほど、この女がユミか…。マスクを着けているのでよくわ
からないが、そこそこ可愛い。
 彼女からLINEが届いた。
『…センちゃん、このアイコンの写真って誰なの?』
ヤバっ! うっかりしてた! オレのラインには自分の本物の顔写真を載せてたんだ! 
『はははっ。それは、会社のオモシロイ先輩なんだよね。社内でグループ作ってやり
とりしてるんで、まあそのギャグというか。気にしないでよ』
 苦しいにもほどがある。ところが彼女からはこんな返事がきたではないか。
『よかった。これがセンちゃんなんじゃないかと思っちゃったよ(^_^)。ユミ、前にサイトで会った人にニセモノの写メ使われたことあったから…。センちゃんもそういうのかと思っちゃって。疑ってゴメンなさい』
 いろんな意味でビックリだ。何だかちょと罪悪感も沸いてくる。いくら鈍感な彼女
でも、2回目となるとさすがにブチ切れないかな?アポ当日、夕方。新宿から電車で40分、府中へ。道中、ユミにメールすると、待ち合わせ場所には駅近くの神社を指定された。正月の初詣に行ってなかったからお参りしたいんだと。
17時半に府中に到着。マスクをつけ、教えられた神社へ。境内は閑散としており、
参拝客はパラパラだ。ユミにLINEする。
『神社に着いたよ。ぼくは帽子をかぶってるけど、ユミさんはどこかな?』
 一人の女がスマホを片手に歩いてきた。あの目元は…ユミだ!マスクの写メから想像したルックスよりはちょい劣るか。ま、贅沢は言えない。こっちは劣りまくりなんだし。近寄って声をかける。
「…どうも、仙頭です」
「えっ? あっちかと思った」
彼女は一瞬微妙な表情をし、そばにいた参拝客の若いニーちゃんを指差したが、そ
のまま笑顔で歩き出した。
「ユミさん、寒いのに待たせちゃってゴメンね。早く行こっ」
「うん。『日本橋亭』ってお店の飲み放題予
約してあるんだけど。場所どこだったっか
な。センちゃんスマホで調べてくれない」
 体をくっつけて親しげにオレのスマホをのぞき込んでくる。この反応…?ドン感な人っぽいので、まさか、マスクのせいで気づいてないとか?居酒屋の個室席に向かい合って座った。彼女がドリンクを注文し、ビールが2つ運ばれてくる。さすがに素顔を見せたら何か言われるだろうか。緊張しつつ、マスクを外した。
「はい乾杯」
「かんぱーい」
 表情一つかえずジョッキをコツンと当ててくる彼女。ほんとになし崩しになっちゃ
ってんだけど。ユミはオレの顔については一切触れず、仕事やマンガの話、恋バナなど、とりとめのない会話をし続けた。期待していた展開だが、正直、ここまで何も突っ込まれないとは思わなかった。
「センちゃんは入院したことある?」
「ないよー。いつか入院して看護婦さんに体を拭いてもらうのが夢なんだけど。アソコとかも」
「はははっ。でも、ユミも患者さんの拭いてあげたりするよ」
 さすがソープごっこをするだけあり、すんなり下ネタにも乗ってくるし、1時間に
ジョッキ5杯を空けてしまうほど酒のペースも異常に早い。普通に楽しんでる感じだ。
目の前に、あのアイコンの男がいけしゃあしゃあと飲んでいるのに、どういう心境な
のだろう。酒が進むにつれ、下ネタがやたらエスカレートしてきた。
「ユミ、チンコ拭くの上手なんで、患者さんがよく勃起するんだよね」
「ユミさん確かに上手そう。ソープごっこなんて言ってたし」
「でもユミ、舐めるほうが得意なんだよね。唾液が多いっていわれるんだよね」
 やけっぱちになってるんだろうか。これ、ヤレる展開じゃん。
「私、はっきりしてるんで、抱いて欲しいときは抱いてっていうよ」
 夜20時。2時間の飲み放題コースの時間が終わったところでさくっと店を出た。す
でに彼女は顔が真っ赤になっている。では締めと参りましょう。居酒屋を出たところで、さっと手をつないでみる。瞬間、さっと手を離された。
「はい、センちゃん、もう帰りますよー」
そのままスタスタ駅の方へ歩いて行く彼女は、改札の前で手を大きく振った。

「じゃあバイバイ。またメールするね」
 なんじゃこりゃ!
 帰りの電車でぼーっとしているときに、ユミからLINEがきた。わっ、長文だ…。
『ラインのアイコンの写メ、先輩じゃなくて、センちゃんやろ。そんなんウソついて
会ってもマイナスになるだけだから止めなさい! !普通に嘘つかれてたのは正直悲し
かったよ。もし、あのまま嘘つかれてなかったら好意もあった。でも最後の最後まで
話してくれなかった事は正直嫌でした。もし、またサイトで誰かと会うとしたら、あ
りのままの、センちゃんを見せてあげて!』
おっしゃるとおりとしか言いようがない。ユミさん、ごめんなさい。