出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

コンビニで一人でお酒を買った子をナンパしたら上手く行った体験談

金髪の若いコが、ハンバーガーとお菓子と缶酎ハイを買っていた。家で誰か待ってる感じではないと思うけど。 
いつもの文句で声をかける。
「おねーさん、これから家飲みですか?」
「いや…」 
おっと、いきなり壁を作ってきましたな。
「バイト帰りとか?販売員さんって感じするんだけど?」
「美容師」
職業を明かした。しゃべりたそうじゃん。
「立ち仕事で大変そうなイメージがあるんだけど」
「まあそこそこ」
「ストレスも溜まるでしょ、よかったら飲みに…」 
と、誘おうとしたとき、彼女が目の前のバス停のベンチに座った。「バスで帰るの?」
「次のやつ逃すと、歩いて帰らなくちゃいけないんで」
最終バスが来るらしい。疲れてるから歩いて帰りたくないわけね?
でも、このまま帰って一人で飲むのもさみしいと思ってるはずだけど。 
ひとまず彼女の横に座る。
「ねえねえ、ぼく、缶ビール持ってるんだけど」「そうなんですか」
「おねーさんの持ってるそれ、缶酎ハイでしょ?バスが来るまでの間飲もうよ」
「でも…」
まあまあと促すと、彼女はコンビニ袋に手を突っ込んだ。よし、2人で飲んでしまえば楽しくなるはずだ。缶ビールを突き出すと、彼女も自分の缶酎ハイをコツンと当ててきた。
「はいおつかれ」
「でもここで飲んでいいんですかね」
まわりの目が気になるのか、ハンバーガーを頬張りつつ、照れ臭そうにチビチビ口をつけているが、楽しそうだ。ほらねーさん、やっぱり酒は人と飲むほうが楽しいでしょ?
「あ、でもバスが来た!じゃあそろそろ行きますね」 
おいおい、チューハイ飲みながらバス乗るんかよ!深夜0時を過ぎた。 
コンビニ前で張っていると、ボーダーのスカートを履いたぽっちゃりちゃんが、スーパーの袋を持ってやってきて、コンビニ入り口のゴミ箱に捨てた。ああいうやついるんだよな。 
おや? 
彼女、コンビニの中へ入って、酎ハイを1本買って出てきたぞ。しかも袋には入れずそのまま握ってるし。すぐにでも飲みたいのか。急いで近寄っていく。自分の持ってい
る缶チューハイを突き出しながら。
「おつかれさまでーす。おねーさん、いいもん持ってますね」
「そうですかぁ」
彼女も缶を突き出してくる。
「というか、袋入れてもらわなかったの?」
「はははっ。袋必要ですかって言われたから必要ないって。ゴミになるし」

何だかノリよくしゃべってくれるじゃん。
「というか、さっき家で食べたパスタのゴミ袋も、そこのゴミ箱に捨てたし」
つまり、さきほどオレが見たのは、晩メシのゴミを捨てに来た光景だったのか。
そして缶酎ハイって…侘びし過ぎる。
「おねーさん、よかったら、ここらへんで座って飲みますか?」
「はははっ。てか、おにーさん、私によく声かけてきましたね。すっぴんだし」
「まあ、これ1本だけ付き合ってくださいよ」
「じゃあ、まあはい」 
広場のベンチでチビチビ飲み始めた。彼女がカバンの中からタバコを取り出す。
「吸ってもいい?」
「いいよ」
…って、ん?
カバンの中に毛むくじゃらの物体が見える。ぬいぐるみだ。
「あ、見られた。恥ずかしいんだけど。でも持ってると落ち着くんだよね、これ、クマ太郎って言うんだ」 
ぬいぐるみを持ち歩くねーさんか…。
「名前は?」
「カオリ」

22才で、仕事はハケンらしい。
「ちなみにカレシとかいるの?」
「春までは…」
しかし、突っ込んで聞くと「クマ太郎がいるからいいんだもん!」と人形に抱き付いておどける。なんかこいつオカシくない?
まもなく彼女の缶酎ハイが空いたところで誘ってみる。
「ねえねえ、居酒屋にでも行かない?」
「うん、いいよ」
やっぱりこの手の女はついてくるよね。
オレ、こういうの引き当てるの上手いよね。
近所の居酒屋に入り、たわいもない会話をかわす。
「いつもこんな夜中にチューハイとか買いに行ってんの?」
「だね〜。なんかヒマだし立ち読みついでとかに」 
この一言で、生活習慣も部屋の様子も手に取るようにわかる。家賃5万ぐらいのアパートでだらしない毎日を送ってるんだろな。料理なんか絶対してねーし。しゃべるうちにちょっと酔ってきたのか、彼女はトロンとした目でこちらをじーっと見つめてきた。
何だこの雰囲気…?
何となく胸に手を伸ばそうとすると、さっとかわされた。
「はい。今、エロくなったでしょ!ダメダメ」 
ちっダメか。と思いきや、彼女が言う。
「ねえねえ、カラオケとか行きたくない?」 
安い店を知っているという彼女の案内でカラオケへ。どういうつもりの誘いなんだろう。エレベータに乗った瞬間、何気にしなだれかかってみる。
「あぁ、まだぁ〜」 
まだ?まだってことは?やっぱりそういうつもりじゃん!
部屋に入ると、彼女は無言でさっと曲をいれた。しかし歌うことなく、こちらに手を伸ばしてくる。抱き寄せてってことらしい。行かせてもらおう。
おおいかぶさる。キスをかまして、大きな胸をモミモミモミ。
「ねえ、電気消したら、ヤっていいよ」
何を言うかと思ったら、ねーさん、めっちゃヤル気マンマンじゃん。もちろんヤラせてもらうけど。スカートとパンツを一緒に脱がす。ぱっと見てわかるほど、割れ目がぬるっと光っている。もうびしょびしょじゃん。
「ねえ、舐めて?」 
さっき出会ったばかりの男に、クンニ要求かよ!
めっちゃ淫乱じゃん。
お望みのままクンニを5分ほどかましてやると、お返しにロングタイムのフェラをしてくれた。つくづく不思議な女だ。ついさっきまで、部屋でパスタ食いながらゴロゴロしてたのに、ゴミ捨てのついでにここまでするかよ。ナマのままバックでハメて、最後は背中に発射!