出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

結婚したい彼女に「生はダメ、ゴムはして」と言われ失望感から勃起不全に

f:id:torivian:20190920200415p:plain

ラインで、アイドルファンを辞めることをオグに伝えたところ、あまり大きなリアクションはなかったけれど、『私も言いすぎでした』という言葉をもらい、とりあえず仲直りすることになった。
その勢いを借りて、ゴールデンウィークに二泊三日の京都旅行へ行かないかと誘ってみた。ちょうどそのころ大阪の父親を見舞いに行かねばならないので、せっかくだから京都で落ち合おうじゃないかというわけだ。
〈はい、行きます〉
快い返事をもらった。これで一件落着。よし、温泉でははぐらかされたが、今度こそはオグの体をモノにしてやる!
5月、京都。正午過ぎ。一足先に関西入りし、新幹線ホームで待つオレのもとに、オグが駆け寄ってきた。ラインや電話はしていたが、ほぼ2カ月ぶりの再会だ。
「お久しぶりですいません」
「いや、ええのよ。さあ行こうか」

荷物をホテルに送り、いざ嵐山へ。アイドルの話題はいっさい出さず、和やかな雰囲気のままデートを進める。
 特にどこそこへ行きたいという希望もないらしいオグは、文句も言わずオレの横をついてくる。この一事だけでも立派なもんだと思う。ワガママで自己中心的でうるさいだけの女たちは、この貞淑さを見習ってほしいものだ。
 そうだ。京都と言えば、ここでハイキング婚活に参加したこともあったな。あのときは散々だったけど、こうして大逆転が起きるなんて人生はわからないものだ。さて、二カ月ぶりとはいえ仲睦まじいデートは無難に終わり、いよいよホテルでの夜の話をしなければならない。といっても、真剣に付き合っている彼女なので、裏モノ定番の生々しい描写はしません。
 やっと結ばれました!
 この一言でよろしいでしょうか。
「初めて」だったはずのオグもさほど苦しむことはなく、あえて内容に触れるなら、ごくごく普通だったと言うしかない。とにかくもうこれで、オレたちは身も心もつながったのだった(なので以降の連載は、結婚までを報告する形になります)。
 2日目も市内の神社や寺を回った。このときの充足感たるや例えようがない。新婚旅行の気分というのはこんな感じなんだろう。
 そして夜、事件は起こる。
 昨夜と同じようにベッドインし、いざという段になって、ちょっとした願望が沸き上がってきた。
「ゴムつけなくてもいい?」
 どうせならば生で楽しみたいと思うのは、男として当然のことだ。しかし、オグは間髪入れずに拒んだ。
「ダメダメ、駄目です」
 デート中の穏やかな様子から一変して、かなり険しい拒絶だ。瞬間、チンコが急速にしぼんでいった。
(オグは本気じゃないんだな)
 とまでは思わなかったが、それに近い失望感に襲われた。もう2人とも大人なんだから、もし妊娠でもすれば結婚したらいいだけじゃないか。それがイヤってことは、まだオグは様子見ってことなのか。
 そして、なんたることかこの後、どうしてもチンコが勃起しないのだ。あわてて言い訳する。
「ちょっと疲れてるみたい」
「大丈夫ですか?」「ごめん、ちょっと調子悪いかも」
「繊細なんですね」
「あ、うん…」
 そう言ってベッドに潜り込み、そのまま眠ってしまったのだった。
 まったく自分でもよくわからない。まだ肉体的接触は二度目だというのに、どうして勃起しないんだ? 
 さらに悲劇は続く。東京に戻ってから、オグを部屋に招き、京都のリベンジとばかりにコトに及ぼうとしたのだが、またゴムをつけようとした途端にフニャチンになってしまい、挿入に至らなかったのだ。
「どうしたんですか?」
心配そうなオグ。京都の夜は「疲労」で乗り切ったが、今日はどうしよう。さっきまでビンビンだったのに急に疲れたとも言えないし。
「なんか頭痛がしてきた」
「大丈夫ですか?」
「うん、大丈夫」
とはいえチンコは回復せず、またこの日もセックスはできず。そして連休最終日、また部屋にオグを呼んだのだが、なんとゴムうんぬんどころか、ハナから勃起する気配すらないではないか。
もはや完全なED(勃起不全)だ。原因は、京都でナマを断られたことに発している。あのときすんなりと受け入れてくれたら、EDなんかにはならなかっただろうに。
オグを愛しいとおもう気持ちはあるし、外を歩いていて他の女たちを見ても「オグのほうがいい女だ」と誇らしくもなる。
でもあの日以来、いざとなると興奮できない自分がいる。ついこの間までは彼女すらいなかったのに、出来た途端に勃起不全とは意味がわからない。
で、問題はこれからだ。三回連続でフニャチンとなれば、さすがのオグも不審がるだろう。「私に興味ないの?」ぐらいのことは思って当然だ。幸い、『オヤジの入院のことでマイってるのかも』という言い訳が今のところは通用しているが、次回以降はどうなるかわからない。下手するとフラれるかも?