出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ぽちゃ・ぽっちゃりとデブの違い

f:id:torivian:20190908132632j:plain

「ふっくらとして愛らしいさま」とある。芸能人で言うなら、磯山さやか、深田恭子や篠崎愛あたりが上限か。ぷにゅっとした二の腕、軽くつまめそうなお肉、抱き心地の良さそうなあのスタイルが「ぽちゃ」だ。
 しかし出会い系において、『ぽちゃですけど』と書き込む女は、そのレベルを常に超えている。やってくるのは決まって、見苦しいデブだ。
デブよ、お前たちが「ぽちゃ」を使うと、世の中は混乱するのだ。顔も腹もどこもかしこもブヨブヨの女にそんな可愛らしい用語の使用権はない。図々しいにもほどがあるってもんだ。誰も言わないなら、俺が言う。お前ら、二度とポチャという言葉は使うんじゃねーと。最初に目に留まった書き込みはこちらだ。
プロフには、20代半ば、身長165センチ以上の、ぽっちゃり癒し系とある。メールのやり取りをして、ホ別イチゴーの約束で会うことになった。
待ち合わせ場所には、生脚にワンピース姿の巨漢が立っていた。推定75キロ。ごっつすぎだよ。
●こんにちは。
○あ、どうもー。こんにちは。
●ちょっといいですか?(驚いた表情の彼女を道路脇に誘導する)
○はい?
●あの、書き込みにぽちゃって書いてあったからメールしたわけなんだけど、これってデブだよね。
○え?
●デブって書かなきゃダメでしょ。
○自分的にはぽっちゃりぐらいなのかなーと…(ごにょごにょ口ごもる)
●そうなんだ。
○そんなデブって言うほどデブだとは…。
●何か基準でもあるの?
○一応、Lサイズだったら普通に着れるし。
●Lサイズが着れるからデブではないと。
○うん。LLサイズとか、もっと大きい服あるから。あ、でもニッセンとかはLL。
●LL買ってるじゃん。それはもう、ぽちゃとか言ってる場合じゃないって。
○……。
●せめてニッセンでLサイズを着れるようになるまでポチャって言葉、使わないでくれる?
○じゃ、なんて書けばいいんですか?
●激ポチャ、それかデブだね。
○でも…。
●わかった?
○……わかりました。
(そのまま援助せずに立ち去る)
彼女は、このレベルならぽちゃを使っても問題ないと本気で思っていた、悪意なきデブだった。誤解を解いてあげたので、今後は被害者も出ないだろう。

f:id:torivian:20190908140350p:plain

続いては20代前半のアケミなる女の書き込みだ。
いかにも業者っぽい雰囲気だが、素人だろうと業者だろうと、デブの分際でポチャと言い張る不届き者には、制裁を与えねば。メールを送ると、すぐに連絡がとれ、イチゴーで話がまとまった。
待ち合わせ場所に向かうとミシュランマンみたいな色白の巨漢が立っていた。よくもまあ、ポチャボディなんて言葉が使えたもんだ。恥を知れ。
●どうも。アケミさん?
○……(無言でうなずく女)
●なんか、思ってたのとイメージ違うね。
○…ダメってことですね?
●ダメっていうか、あなたポチャじゃないし…
○(話の途中で遮るように)痩せてる子がいいってことですよね。
●いや、ぽちゃがいいんだけど。
○私はキャンセルですか?
●いやいや、ぽちゃって書いてたから来たのに…あっ(女が歩きだしたので、すぐに追いかける)
○…。
●あのさ、ポチャじゃなくてデブだよね。(女に追いつき、横から話しかける)
○何なんですか?
●なんでポチャって書いたの?
○……(無言のまま歩き続ける)
●あなたポチャじゃないでしょ。デブなんだから、せめて「太めです」って書きなよ。
○……(携帯をいじりながら無言で歩き続ける女)
●ちょっと待ってよ。
○付きまとうのやめてください。警察呼びますよ。
(ここで追跡終了)
女はそのままスタスタと歩き続け、近くの喫茶店に入ってしまった。彼女は自分の非を認めようとしない確信犯的デブだった。最低限、言いたいことは伝えたが、あの態度では今後も改善は見られないだろう。

f:id:torivian:20190908140353p:plain

どんどん行こう。お次は20代前半のキョウコなるぽちゃ女だ。
メールのやり取りの途中でお金の先渡しを何度か確認され、待ち合わせ場所にレンタルビデオ店の店内を指定された。
そこには小さな力士みたいな女が立っていた。顔も朝青龍に似てる。彼女で間違いないだろう。
●どうも。
○あ、はい。
●ちょっと、外で少しお話していいかな。
○え? はい。(2人でビデオ店の外に出る)
●あのね、おれ、ポチャの子が好きなんだけど、キミ、ポチャじゃなくてデブだよね?
○あ、はい。ごめんなさい。(髪の毛を触りながら顔を隠すようにペコペコと頭を下げる女)
●いつもああやってぽちゃって書き込んでるの?
○あー…。(キョロキョロとどうしていいのかわからない様子)
●結構太ってるよね。ぽちゃって、そういうのじゃないと思うんだけど。
○あー、そうですよね。すみません。(何度も頭を下げる女)
●普段もよく援交してんの?
○よくはやらないですけど、たまーに。
●で、毎回ぽちゃですけどって書いてるんだ。
○あー、はい。すみません。フフ。
●いやいや、笑い事じゃなくてさ。今度からはポチャって言葉使わないでくれる? 俺みたいにさ、ぽちゃだと勘違いして会いに来ちゃうでしょ。
○そうですよね。はい、はい。(ペコペコ頭を下げ続ける女)
●怒られたこととかないの?
○あー、それはないですけど、何も言わずに帰るとか、会えないとかはあります。
●それはキミがポチャじゃないのにポチャって書いてるからでしょ?
○あー、はい。もうぽちゃって書きません。
●じゃなんて書くの?
○ぽちゃぽちゃ…とか? 太ってる…とか?
●そうだね。結構太ってる、なら勘違いしないね。
○あ、はい。すみません。
●じゃそれでお願いしますね。
○はい。すみません。
恐らくいつも罪悪感を感じながら、ぽちゃを使っていたのだろう。今後は使わないと約束してくれたし、素直に自分の悪行を反省してるようなので、よしとしましょう。

f:id:torivian:20190908140615p:plain

続いては20代半ば、自称ぽっちゃりかわいい系女の書き込みだ。
待ち合わせたビルの下で待っていると、遠くから黒い巨体が近づいてきた。身長170センチ近くはある。女子プロレスラーかよ。
●サキさん?
○はい、どうも!(笑顔で登場。声がデカイ)
●サキさん、ちょっと、思ったより迫力あるね。
○え、そう? 
●うん、何ていうか、ぽちゃじゃないでしょ。
○まあデブだしね。脱ぐともっとスゴイけど。
●自分のこと、デブだと思ってんの?
○うん。
●でも、ぽちゃって書いてたよね?
○うん。でも太りすぎって断られることがある。
●だからさ、最初からデブです、とか太ってます、とか書いてくれればわかるのよ。
○あー、え? どういうこと?
●いつも書き込みにポチャですって書いてるんでしょ?
○書いてる書いてる。
●自分では太ってないと思ってるわけ?
○いや、デブだと思ってる。
●でしょ?
○うん、デブでしかないと思ってるよ。
●じゃ、なんでぽちゃって書くのよ。
○そんなの太ってるとか書いたら誰とも会えないじゃん(切れ気味に)
●いやいや…。
○そんなの正直に書くわけないじゃん!(さらに大きな声で)
●そんなの詐欺じゃん。ポチャの子と会えると思ったら、自分のことをデブだと思ってるような太った子が来てさ。そんで気の弱い人とか強引にホテルに連れ込んでんでしょ?
○連れ込んでないし。ちゃんと同意してるもん。
●そう? 本当はぽちゃじゃないなー困ったなー、でも断れないなー、みたいのが大半だと思うよ。
○だから断られるときもあるってば。えー、どうすんの? 試してみようよ。意外と細いかもよ。
●何言ってんの。バレバレだって。
○でもほら、脚は、体型のわりには細い方って言われる。
●ダメだって。全体的に太ってるから細く見えるんでしょ。目の錯覚だもん。
○え〜〜、なんなのマジで。太ってたっていいじゃん。試してみなって。
●ダメ。もうぽちゃって書かないって約束して。
○はあ? しないから。なんなのホント。(ものすごい早足で来た方向へ消えていった)
この手のタイプが一番タチが悪い。自分がデブだと知りながら、金のため、男を騙すために、ぽちゃを多用し、反省の態度も見られない。こういう悪質なデブには絶対にお金を払わぬように。

f:id:torivian:20190908140727p:plain

またもや香ばしい雰囲気のぽちゃ女を発見した。
 自称癒し系のIカップらしい。ものすごい巨乳だけど、どうせデブなんだろう。予想通り、待ち合わせ場所に立っていたのは、推定40代前半の巨デブオバサンだった。
●ゆきさんですか?
○あ、どうも。近いんですね。
●うん、たまたま近くにいたんで。
○えービックリ。私、家が近いから。
●あの、ゆきさん、ぽちゃって書いてたから、もっと違うイメージだったんだけど。
○え? 何が。フフフ。
●思ったよりふっくらしてるよね。
○え、あー。太ってるからダメってこと?
●なんでぽちゃって書いたんですか?
○え? だって太ってるから。
●太ってるって書けばいいじゃないですか。
○え、何が? ちょっと、ここでしゃべってると色んな人に見られちゃうから。帰りたいです、遊ばないんだったら。
●じゃちょっと移動しますか。
○え、フフ、何? 遊ぶの? 遊ばないの?
●遊ばないですよ。
○……。(こちらを睨み、無言のまま踵を返し来た方向に歩き出す彼女)
●ちょっとちょっと。(すぐに追いかける)
○何ですか?
●いや、だから太ってるなら太ってるって書けばいいでしょって。

○そんなのアナタに関係ないでしょ?
●あるでしょ。書き込みを見て、会おうと思って連絡してわざわざここまで来たんだから。
○だからぽちゃって書いてるでしょ。どこ見てるの?
●だからアナタぽちゃじゃないでしょうに。太めって書いてよ。
○……。(無言のまま歩き続ける)●いますぐ書き直してよ。また騙される人が出ちゃうし。
○騙してないじゃない! じゃ、ぽちゃと太めの違いって何ですか? ほら、言えないじゃない。
●ぽちゃは少しふっくらしてるって意味だし、お姉さんはふっくら通り越してデブだからさ、太めだよ。
○バカじゃないの!(立ち止まってコチラを睨みつけ)ついてこないでよ!(小走りで消えていく)
彼女は自分がぽちゃだと信じ込む、思い込みデブだった。おそらく改善されることはないだろう。続いての書き込みはコチラ。顔には自信があるようだが、果たしてどんなデブが現れるのか。
前方から丸々とした茶髪の肉塊がヒョコヒョコ近づいてきた。柳原可奈子を2倍くらい横に引き延ばした感じの女だ。
○どうもー。(ニコニコ笑顔で登場)
●あーどうも。あれ、なんか思ってた感じと違うね。
○え、いいじゃん、行こうよ。(馴れ馴れしく腕を掴んで)
●ちょっと待ってよ。ぽちゃっていうかさ、デブなんじゃない?
○えー、案外痩せてるって。いま太って見えてるだけ。へへ。
●なわけないじゃん。
○大丈夫大丈夫、行こうよ。
●ダメだって。だからなんでぽちゃって書いたのよ。
○えー、正直に書いただけじゃん。実際は結構痩せてるって。脱いだら細いから。マジで。
●言い張るねー。
○だってさー。えー、だってここ来るのに時間かかったんだもん。なに? 細い人探してるの?
●いや、だから本物のぽちゃの子を探してるんだって。
○ほら、ぽちゃじゃん。ほらほら。
(自分の腕をプルプルさせて)
●だから、それはぽちゃって言わないんだって。そういう意味じゃないから。

○えー行こうよーマジで。ね、お願い。(しつこく腕を引っ張る女)
●いや、ごめん、もういいや。頑張って。じゃ!(逃げるようにその場を立ち去る)
 彼女は思い込みデブと見せかけて、ぽちゃとデブの違いはわかってる確信犯タイプと見た。どうにかして男を捕まえるためになりふりかまってられないのだろう。