出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ナンパして部屋に連れ込むまでは良かったが別の女のクレンジングで台無しに

f:id:torivian:20190907233638j:plain

f:id:torivian:20190907233641j:plain

f:id:torivian:20190907233644j:plain

先月のキャンペーンガールに引き続き、ビラ配りでも成果はあげられなかった。ひょっとしてこの手紙ナンパ、働く女性たちの間でおかしな噂でも広まっているのだろうか。
しかし世の中には拾う神もいる。エステビラの彼女とメールの最中、携帯に着信があった。
先月お会いした子供服売り場の処女、佳奈さんだ。気が重いのであれ以来一切連絡を取っていなかったのに、まさか向こうから電話をかけてくるとは。
「こんにちは、覚えてますか」
「もちろん覚えてるよ一。電話ありがとね。連絡しようと思ってたけど、色々バタバタしてて」

「なんかすみません。大丈夫でしたか…」
「大丈夫も何もすごい嬉しいよ。また暇なときにでもご飯食べに行こぅよ」
「そぅですね。また近々お願いします」
ひょっとして、俺を初めての相手に選んでくれたのか。だとしたら嬉しいかも。
その日は一旦電話を切り、後日、メールで詳しい日程を決めることにした。彼女は実家住まいである。お泊まりは不可能だ„しかも都内から電車で2 時間の場所なので、夜の
11時には終電が来てしまう。なので彼女が休みの日を狙って、昼間のデートをセッテイングした。夕方までに部屋に連れ込めれば、どぅにかなるはずだ。平日の昼13時、待ち合わせ場所の渋谷へ向かった。
「佳奈さん、お久しぶり」
「あお久しぶりです。仕事休んでくれたんですよね」
「大丈夫。天気のいい平日に休むと気持ちいいね」
「ですね一、でもす一っごい暑さですね」
前回はたどたどしい雰囲気だつたが、2 回目のデートなだけに、彼女もリラックスしているようだ。暑さを逃れ近くの店でランチを食べることに。
さて、どういう流れで部屋に招こぅ。警戒心の強い処女だけに作戦が難しい。が、あまりだらだら悩んでいては、また終電で逃げられてしまぅ。とりあえず数時間は彼女を楽しませることに専念するか。
「佳奈さん、服屋で働いてるだけあってオシャレだよね」
「そんなことないですよ。服は好きですけど」
ちょこと持ち上げたところで、東京随一のオサレスポット、代官山まで歩くことにした。恋愛に幻想を抱いている処女はドラマに出てくるようなデートを!
代官山では実に爽やかなものだった。服を合わせて「似合ってるね」なんてやり取りも交わした。
お洒落なガレット屋でお茶もした。こんな学生カップルのようなデートは10年以上振りだ。
ではそろそろ作戦2に移ろう。確か近くに洒落たビアホールがあったはず。若い女の子が昼間から飲んでもおかしくないよぅなスポットだ。処女を酔わせるにはここしかない!…なんか俺、処女にこだわりすぎてるだろぅか?

「そろそろビールでも飲まない?」
「私こんな時間からお酒なんて飲んだことないですよ」
「昼間から飲む酒はぅまいよ」
半ば強引に連れ込み、2人で2杯ずつ飲み終わるころには、彼女の顔は真っ赤になっていた。
「もう、こんなに飲むつもりじやなかったのに」
「でも美味しかったでしょ?」「まあそうだけど」
酒のおかげか彼女がときおりタメ口を使うようになった。悪くない。いかにも2 度目のデー卜、恋愛の始まりっぽい。
時間は午後5 時を過ぎた。そろそろ家に連れ込まないと。
「どこ行きます?」
「そうだね一、俺ん家来てみる?」
「え一なんでですか?」
「別に押し倒してどうこうしようってわけじやないよ。自分の暮らしぶりを見て欲しくてさ」
「ふ一ん。やっぱり公園に行きましようよ」
やはり処女の壁は厚い。ならばと自宅近くの公園へ誘い、途中で道を間違ぅフリなんぞをしながらマンション方面へ歩いて行った。
「どこ行くんですか?」
「まあまあ、いいじやんいいじゃん」
「よくないですよ〜」
文句を垂れながらも引き返そうとはしない彼女。よし、もらった。
「お邪魔しま一す」「どうぞどうぞ」
彼女はコンビニで買った飲み物をテーブルに置くと、洗面所へ向かった。
さあ、いよいよだ。血が出るだろうから、ベッドにバスタオルでも敷いておくか。でもあまり準備万端だと引かれるかもしんないし。むしろ汚れ覚悟でソファを使おうか。自然に流れやすそうだし。あれこれ考えるうち、彼女が洗面所から戻ってきた。なんだか表情が浮かない。
「あの…クレンジングが置いてありましたけど…お化粧とかするんですか」
「えっ?クレンジング!?」
やっちまった。以前連れ込んだ女が置いていった化粧落としか。気づかなかった!
「いや、あ一、だいぶん前の彼女のかな」
「でも見た感じすごい新しかったですけど」
「そう?」
「…どういうことですか?」

俺のキャラはあんな真摯な手紙を渡す男なのだから、遊び人であってはいけない。
「彼女が置いてったのかなぁ…」
「じやあ、ときどき来るってことですか?」
「いや、そういうわけじやなくて」
彼女は黙り込んだ。おそらくこれまでの流れを反芻しているのだろう。子供服売り場まで手紙を渡しにきて、しかもそいつは印刷のような文字で、会う度に部屋へ 連れ込もうとする男。
そして部屋には真新しいクレンジング…。出てきた答は明快だった。
「あの、そろそろ私帰りますね」