出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

市民団体に参加すれば女と出会え結婚相手も見つかるかも

40代の男性です。ルックスは並以下で、女性から気色悪がられて、30代まで童貞でした。
そんな自分に転機が訪れたわのは、両親がすすめる市民団体の運動員になったのがきっかけでした。
母が共産党の支持者で、両親は市民運動を通じて知り合い結婚したそぅです。私は三流私大を出たあと、ロクに定職に就かずもちろん結婚も考えていませんでした。私は長男ですから、親の心配もハンパでなかったかもしれません。
日雇い土木作業員やコンビニバイトで生活している私に両親は、市民運動に参加して結婚相手を見つけたらどうかと、いつも自分たちが読んで
いる雑誌を私にすすめてきました。雑誌の最後のペ—ジに「市民運動掲示板」というコ|ーナーがあり、市民団体と活動内容が紹介されてるのです。
親は「とにかく団体の運動員になるのが大事。理解するのはそれからで…」と言うので、とりあえず3つの市民団体に所属することになりました。
市民団体が何を考えているのか、いくつか例を挙げておきます。
過去の日本の植民地支配を謝罪して賠償金を支払うのが先決で、拉致問題はそのあととノンキなことを言います。
他にも死刑制度反対などなど。日本のやることに、ほとんどすべて反対しています。とにかく日本はトンでもない国だということを周囲から叩き込まれました。
私は大卒とはいえ、ロ—マ字もまともに書けないぐらいのバカなので、ある意味、教養を身につけるいいきっかけになったと思います。

読者は「つまらないことを述べるな」と怒るかもしれないですからそろそろ本題に入ります。
それは、市民団体に参加すれば女と出会えると言うこと。私の場合は市民団体の女性メンバーの話に深夜まで付き合って、1 力月もしないうちに3つの団体で各1名の女とセックスできました。例えば
「戦争の資任があった」とか話に付き合うだけで、その後はセックスに持ち込めます。
ただ市民団体の女には、ピチピチの若いギャルはほとんどいなくて、35才処女、36才バツ2 、38才処女の3人とセックスしただけです。
このうちの2 人(35才処女と38才処女) は、日ごろから堂々とワキ毛を伸ばしていました。セックスの後で入浴するとき38の女は石けんで頭を洗っていました。「地球の環境を考えていつも石けん」だそうです。
なんとか童貞を脱出できても左翼市民団体の活動中に身の危険を感じたこともあります。以前、「自衛隊の海外遣反対」のデモ行進をしていたところ、街宣車に乗った右翼がやってきて「ボケ工!」と怒鳴られたり爆竹を投げ込まれて妨害されたりしました。
そしてワキ毛女の話にもどると35才のワキ毛女はいくら注意してもムダ毛は処理するものという感覚がまったくなくて、私が「そのワキ毛は処理した方がええんとちがう?」と聞くと「ワキ毛は伸びてるのが普通や」と言います。
「ワキ毛は処理するもんやろ?」と聞くと、女は「ワキ毛は伸びてるのが本来の姿でしょ!」と言う。私が「なんとかしてくれ、人前で恥ずかしいやろ」と言うと、女は「い
やや〜!ワキ毛は伸びてるのが本来の姿や〜〜!」と断固拒否してました。
後日、この女から「結婚はもうちょっと待って」と言われました。誰もそんなことは口にしてないのですが。
私はいま市民団体の活動を休止していますが、近いうちに復活して、別の団体で女を口説こうと思っています。
それと、3 人の女を以下に書いておきます。
35才処女メガネワキ毛
普通体型、セックスは感じやすぃ
36才バツ2少し太ってる二ユルマン、子持ち
38才処女ガリガリオメコはきつかったが、あまり入れた感じがしない
総合的な女の質ではイマイチ感あり。
けれどタダでセックスできるのはいいことです。ただし妊娠でもさせてしまうと中絶反対派の女たちなので結婚は避けられないかもしれません。

反面一途なので性病予防には適しています。援助交際の女に金を払ってもほとんどがゴム有りだと思います。ですから無料のセックスや生セックスしたい人、ワキ毛フェチの人にはオススメします。