出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ミクシィの婚外恋愛にまつわるコミュニティは人妻と出会える

ミクシィには『婚外恋愛』にまつわるコミュニティがいくつもある。つまり、そのコミュに登録している人妻は不倫に対して肯定的であり、その大半は現在進行形で不倫をしているワケだ。不倫願望があるのはいい。でもすでにパートナーのいる人妻を狙っても意味がないのでは?
そう思われるかもしれないが、俺は過去、この婚外恋愛コミュを利用してたくさんのエロ奥様たちを釣り上げている。ペースは月1人ってところか。特に難しいことはしていない。コミュ内にある【相談・悩み事】系のトピックをつぶさに読み、不倫相手に対する不信感、不満、グチなどを書き込んでいる女に、片っ端からメールを送るだけだ。
【はじめまして。都内在住の34才会社員です。○○さんの書き込みを見て、思わずメールしちゃいました。かつて僕も○○さんと同じような悩みを持って苦しんでいたからです。もし良かったら詳しく話を聞かせてください。微力ながら力になりますよ。ドーンときなさい(笑)】
いきなりのナンパメールは逆効果だ。最初はこのように、相手の立場に理解を示す、おせっかい野郎を演じるのが鉄則。不倫の悩みというのは、見ず知らずの相手にこそ話しやすいものだからだ。取っかかりができれば、あとは外堀を少しずつ埋めていくまで。具体的な作業は次の通りだ。
●女がグチを言い出した際は、必ず味方に
女という生き物は自分を理解してくれる男に弱い。明らかに女の言い分が間違っていたとしても、説教などもってのほかだ。
また女に同調する際は、常に「自分が相手の彼氏(婚外恋愛オンナはたいていパートナーを『彼』と呼ぶ)だったら」といった仮定で話すと効果的だ。
【ヒドイね。俺がキミの彼氏ならもっと大事にするけどな】
さりげなく好意を伝えることで、こちらを異性として意識させるよう仕向けるのだ。
●クサイ台詞をバンバンと
個人的な経験からいうと、婚外恋愛オンナはなぜかどいつもこいつもロマンチストだ。「愛」「キミを離したくない」「24時間ずっと想っている」「自然な自分でいられる」など、バカげた表現ほど食いつきがいい。
したがって、ある程度、相手との距離が縮まったら、恥ずかしがらずロマンチックワードを連発して口説きにかかる。以上2点を踏まえてやり取りを続ければ、高確率でアポにこぎ着けられる。
俺がいつも狙うのは、ミクシィの『妊娠・出産・育児相談室』や『笑う育児』といった子育て系コミュの人妻だ。 ちょっと待て。出産直後の女は育児にかかりっきりだし、浮気どころじゃないのでは?そう思った人はなかなかカンが鋭い。確かにこの時期は〝オンナ〞より〝母〞であろうとする意識が強くなるので、大抵はナンパメールなど見向きもしないものだ。
しかし、中には結構いるのだ。慣れない育児に強いストレスを感じ、うさ晴らししたいと願っている人妻が。この手のタイプは、かえって男の誘いに落ちやすい。彼女たちを狙わないのは、道端の1万円札をスルーするのと同じだ。ストレスママを探すには、悩み相談トピックをチェックするといい。
こんな感じの書き込みは、ヒットの可能性が大だ。
【パパが育児に全然協力してくれない。悲しいです】
【夜泣きが止まらない。我が子がだんだん嫌いになりそうです】
【子供が昼寝をしなくなりました。自分の時間が確保できなくなりイライラしてます】
同じ悩みでも、【断乳の時期がわからない】【ハイハイをしない】など、育児に前向きなものはNG。あくまで現在の状況に不満たらたらな書き込みのみをピックアップすべし。相手の年齢も成否に大きくかかわる項目だ。ベストは20代前半。倫理観や母親としての自覚に乏しい浮気な人妻はからだ。逆に30を越えると、成功率が急落することを忘れてはならない。ターゲットが決まれば、すぐさまメールだ。最初は親身になってグチを聞いてやる態度で。ある程度打ち解けたら、ちょいちょいこちらのプライベートについて触れておく。
【昨日は仕事が休みだったから、1人で映画に行ったあと、カミさんに内緒で近所のビストロで夕飯を食べたよ。鴨のテリーヌが最高に旨くてさ】
内容は、子育て妻がいかにもうらやましがりそうな事柄なら何だっていい(そもそも俺はフレンチってガラじゃない)。要は、この人と遊んだら楽しそうと思わせるのが重要なのだ。で、こんなやり取りをしばらく続けていると、チャンスは自然と転がり込んでくる。
【いつも楽しそうで羨ましいな。私もどっか遊びにいきたい〜】
この段階までくれば、もう回りくどいメールは必要ない。ストレートにデートを申し込もう。子供を親戚に預けてでも、乗って来るはずだ。