出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

夫婦間のセックスレスは放置すべきかケアすべきか

ケアすべき派

40才で3人目の子供が産まれてから、夫婦生活がパタッとなくなって、それと同時にカミさんとの会話も自然と減っちゃってね。まこういう話はどこにでも転がってるし、俺自身も困ることはなかったから、このままでいいやなんて思ってたんだけど、下の子供がだいぶ大きくなってから、カミさんがいきなりセックスレスの話を持ち出してきてさ。要するに彼女は夫婦生活のない状況が不満で、ずっと我慢してきたなんてこと言うわけよ。
ずいぶん思い詰めてた感じだから、こりゃイカンと慌てて抱こうとしたんだけど、俺の下半身が言うこと聞かないの。今さらカミさんに興奮できるわけないし。40代の夫婦なんてそんなもんでしょって諦めることにしたの。でも、そう考えたのが大きな間違いだったんだよな。その後もずーっとレス状態が続いて、俺が52のときに、ある日突然、離婚して欲しいって言われちゃって。結局、子供たち連れて出ていったよ。あれは今でも後悔しきりだなあ。
夫婦間のセックスレスはよくある話だけについつい放置してしまうけど、それが原因で離婚となるとコトは深刻だ。世のお父さん方、たまには奥さんを抱いてあげてください。
放置した方が良い派

結婚して子供が出来てからしばらく、ぜんぜんカーチャンとセックスをしない時期があったんだけど、ある日突然、風呂上がりの姿に欲情しちゃって、久しぶりに布団に押し倒しちゃったのよ。で、それからしばらくはほぼ毎日、カーチャンに挑みかかるようになって。我ながら驚いたよ。そのとき40くらいだったんだけど、俺、まだカーチャンを女として見てるんだって。したらそのうち、カーチャンの体がものすごい敏感になってきたんだよ。昔はあんまり声も出さなかったのにギャンギャン叫んだりもするようになるわけ。女って40過ぎてから性欲が増したり、感じやすくなるって言うけど、あいつもきっと体がそういう風に変わってきたところだったんだろうな。で、そのタイミングで俺が夫婦生活を再開しちゃったもんだから、完全に性の喜びに目覚めちゃったと。
それからは地獄よ。この20年近く、1日おきに欠かさずカーチャンが襲いかかってくるんだから。59のバーサンがだよ。どう考えても異常だろ。冗談じゃなく、いずれ本当に腹上死するかも。

先の方とはうってかわって、ヘタに抱いてやるとこういうことにもなりかねないと。いったいどっちが真実なんだ!
 
42才の時、勤めてた会社を辞めて、夢だった模型屋を始めたくなったの。ちょうど脱サラなんて言葉が流行ってた時期で、周囲にも独立する人がチラホラいたこともあって触発されたんだろうね。安定志向の妻には強く反対されたよ。でも強引に押し切った。すでに俺も40過ぎ、残された時間はさほど多くない。だったら一度きりの人生、勝負に出たいって強く思ってたからね。でも結論から言うと、大失敗だった。客がさっぱり来なくて、2年足らずで模型屋を潰しちゃったから。で、けっこうな借金を前にしてようやくハッとしたの。確かに人生は一度きりだよ。でも失敗したら人生はそこで事実上終わるの。一度きりだからこそ安定を手放しちゃいけないんだよね。最初からそこに気づいておくべきだったんだよな。
うーむ、深い。「一度きり」の意味をあらためて考えさせられてしまう。俺、根はどうしようもない遊び人なんだけど、家庭を持ったとき、柄にもなくマジメに生きようと決心したんだ。なるべく女や博打から遠ざかって、しっかり仕事もしようって。
正直、ツマんねえ人生だなとは思ったし、40才になったときは本当にこれでいいのかって何度も不安に襲われたよ。だってもし遊び人の暮らしに戻るなら年齢的に最後のチャンスだしさ。でも邪念は捨ててグッと我慢した。好き勝手に生きれば当然離婚ということになるし、そうなったら寂しい老後が待っているわけで。誰にも看取られず、ひっそり死んでいくなんてちょっと切なすぎるだろ。
でも色々あって結局60手前で嫁と別れちまうことになるんだけど、そしてこれは意外なことだったんだけど、男のやもめ暮らしもなかなか楽しいんだよな。女を買っても、パチンコや麻雀に明け暮れても文句を言うヤツは誰もいない。もうとにかく楽しいから、寂しいだなんてこれっぽっちも感じないんだな。いま多くの独身男性はうっすら気づいているのかもしれない。さみしい老後なんて実は訪れないことを。