出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

乱交パーティーにいたバイセクシャルだから女ともセックスする女子大生

『乱交パーティに潜入!』昔、こんなタイトルの原稿を書いたことがある。まだ乱交パーティが珍しかった十数年前のことだ。訪れた都内某シティホテルのスイートルームは薄暗く、中で数十人の男女があふれていた。あちらこちらからあえぎ声が聞こえてくる。小一時間ほどして休憩タイムとなり、部屋が少しだけ明るくなった。と、目の前のベッドでやたらデカイ声を出していた1人の女が話しかけてくる。「参加しないの?」
「え、うん・取材で来てるから」「ふ-ん」
バスタオルを巻いただけの彼女が、ベッドから降りて隣に座る。そして俺の耳元に顔を近づけ…。てっきり何かを耳打ちしたいのだと思った。が、次の瞬間、俺の耳に生暖かい何かが触れた・彼女の舌だった。
「ライターさんなの?」
「そうだよ」
「私もライターになりたいんだよね」
何でも、まだ大学生で、今日は彼氏に誘われてやって来たという。パーティでセックスする男は彼氏だけ。でもバイセクシャルだから女とはセックスする。そんなことを聞かされた。自宅の電話番号を聞いて数月、パーティの原稿を書いた出版社から、女性ライターに知り合いがいないか電話が入った・女子トイレの落書きを写真にとってまとめる仕事らしい。これが彼女のデビュー作となった。「本当はライターだけで食べていけれ
ばいいんだけどねえ」
都内某私鉄駅から徒歩数分。訪れ
た1DKのアパートの部屋で、彼女は言う。確かに、ひと昔前に比べ、女性がライター1本で生活していくのは相当難しくなっている・だから、あんなかは電話応対のバイトもしている。稼ぎはこっちの方がよっぽど大きいらしい。にしても、先ほどから鼻をつく生臭い匂いは何だろう。特別、部屋が散らかつてるわけでもないのだが…。
「動物か何か飼ってる?」「なんにも」
じゃこの獣のような匂いは、何だ?もしかして牝の匂い?ま、慣れてきたからいいんだが。
「ところで、その本棚さ、雑誌がいっぱい返ってるけど、なんでよ?」
「え、親なんかが来たときに困るからさあ」
彼女が、ひっくり返して背表紙を見せてくれる・大半が、あんなかが連載していたSM雑誌だ。ちなみに、その連載、彼女がSとして女性を責めるというもの・男はNG、相手は女性のみ。それが彼女のこだわりらしい。「10分でイケるSEX絶頂体験貢データハウス社)があった。「未遊」という著者名で女性の絶頂体験を取材したものだ。おもおもしろいことに、女性エロライターというのは、ある程度キャリアを積むと、データハウス社からこの手の本を出す。他にも何人か知っているが、悲しいかなそうした仕事は続かない。工口で食ってくのは、本当に厳しいのだ。そう言えば、最初に仕事を紹介した数年後、別の雑誌の編集者からAV男優の加藤蔭と絡んでくれる女性ライターはいないかと聞かれ、彼女を紹介したことがあった。覚えてるかな?
「もちろん・あれはね、いい経験だったわよ・おいしい思いをさせてもらったわ」
あんなかは、ニヤリと笑う。その顔、オヤジ臭くて、なかなかい。