出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

年齢ちょい高めでマジメな人妻は欲求不満のかたまりです

ミクシイは一時の勢いを失ったように見えるが、既婚者専用コミュニティは今も活発に動いている。特に『既婚者限定ご近所で友達作り』はメンバー1万人越えのマンモスグループで、コメント欄はいつも大量の書き込みで盛り上がっている。

既婚者オフ会も頻繁に開催されているので気になるものの、業者まがいが企画した鋭利目的の会合が多く、個人的にはオススメしない。俺の戦術は、地域ごとに分かれた「自己紹介」や「一言」のトピックに書き込んでいて、なおかつ、後頭部や横顔、口元や目元などの自分の顔の一部分でも出している女性たちを選んで『良かったらお友達になってくれませんか?』と、地道にメッセージを送りまくるというものだ。  ただし完全に顔出ししてる女性はダメ。

プライドが高くて会えないどころか、そもそもメールを送っても無視されるだけだ。逆に一部分を出してるような女性は、出会いを強く意識してるパターンが多く、会いやすい。ちなみに動物の写真やぬいぐるみなどの写真をプロフに使ってる女は、会えたとしてもヒドイ容姿の確率が高いので避けるようにしている。

もちろん大前提として、自分のプロフィールにはなるべく清潔感のある顔写真と、ウソでもいいので充実した日々の生活、家庭を大事にする姿勢がわかる内容にしておかねばならない。

ミクシィには『マイミク募集系』のコミュが無数にある。字面どおり、見ず知らずの人間をじゃんじゃんマイミクにしようというのがその趣旨だ。
経験上、こういったコミュに登録している女はケツの軽い人間が多い。リアルな生活に満足していない。いつも寂しい。だから顔も知らない人間でもマイミクにしたがる、という図式だ。ここが、単なるマイミクコレクターである場合の多い男とは大きく違う点だ。 
もちろん、マイミク募集コミュには人妻もたくさん紛れ込んでいる。となればお望みどおり、マイミクになり、片っ端からメール爆撃をかますまで。だが、さらに効率を上げるには事前に彼女たちの所属する全コミュをチェックしておく必要がある。その中に以下のものがあれば、これまた経験上、出会い志向はバリバリだ。
『綺麗なママと呼ばれたい』
『下着で寝ちゃう』
『本当はエロい』
『35才から人生を楽しんでみませんか』
既婚者のくせに外見をことさら気にしたり、わざわざスケベさを主張するのは、1人の女としてまだチヤホヤされたい証拠だ。簡単な理屈である。
さて、ここからアポ取りまでは小難しいテクニックをほとんど必要としない。取るべき戦略はただ1点、相手とのメールをマメに続けるだけ。前述したように、マイミク募集
女は他人とのコミュニケーションに飢えている。言い方を変えれば、積極的にコンタクトを取ってくる相手にこそ、彼女たちは心を開く。そうなりさえすれば、アポ取り↓ラブホ行きの展開など造作もない。
メールの頻度は1日10回以上が理想だが(ちなみに俺は平均15回)、内容はありふれた日常の報告で十分。1回の文章量も数行でこと足りる。後に魅惑の女体を堪能できると
思えば、苦にはならないはずだ。

飲み会当日はメアドの入手に専念しよう

既婚系コミュとは文字どおり、男女の既婚者が集い、互いの不倫相手を探すことを目的とした場所です。既婚系コミュはミクシィ内に数多く存在しますが、中でも手っ取り早いのが不定期にオフ会を開催しているところです。飲み会に参加しさえすれば、不倫願望バリバリの奥様たちとじかに会って話ができるってわけです。まったく、夢のような話じゃありませんか。オススメのコミュはざっとこんなところでしょうか。
〝ゆるい既婚者〞
〝※既婚者限定※ご近所で友だち作り〞
〝既婚者だって…@関東〞(他エリア版もあり)
〝大人の合コン?既婚者可〞〝既婚者のための出会い〞
〝既婚者でもドキドキしたい〞 
ちなみにいま紹介したコミュの大半は、参加の際、管理人の承認を得る必要があります。未婚の人は弾かれる可能性があるので、必ず自分のプロフに既婚であることを明
記しておきましょう。また、エロ系のコミュにたくさん入っている人も不承認になるおそれがあるので、あらかじめ退会しておくのが無難です。 
さて、まんまとオフ会に参加すれば、あとはお目当ての相手に近づき、時間いっぱい良好な関係性を築くことに専念するまでです。ダンナのグチを聞いてやるなり、主婦の苦労に理解を示してやるなり。優しく接していれば、おのずと心を開いてきます。彼女たちはまさしくそういう男を求めて、オフ会に足を運んでくるのですから。
ただし焦りは禁物。家庭を持っている都合上、大半の人妻は早々に帰宅します。なの
でオフ会当日はメアドをゲットするだけに留め、勝負は後日へ持ち越すのが王道。
デートの約束さえ取り付ければ、即日ハメハメも夢じゃない。
「一度オフ会で顔を合わせている」という事実は、それほど展開をスムーズにさせるのです。

年齢ちょい高めでマジメな人妻は欲求不満のかたまりです

モバゲーユーザーの僕は、コピペメールの爆撃でちょいちょい成果を出しています。
といってもただ闇雲にメールしていてはラチがあきません。ある程度、事前にターゲットを選定する必要があります。
まずは検索機能を使って30代〜40代前半の、やや高めの年齢層に絞り込みます。理由は簡単。女は熟せば熟すほど欲求不満の度合いが高まり、引っかけやすいからです。あまりにもベタな発想ですが、実際にそうなのだから利用しない手はありません。また、日記を読んでなるべくマジメそうな女を狙うのも同じくベタな理屈からです。そう、普段抑制された生活を送っている女ほど、実はエロい事柄に興味を持っているものなんです。 
ターゲット選びが終わったら、いよいよ爆撃スタートです。
【26才の既婚者です。●●さんの日記が気になってメールしました。穏やかで楽しそうな人ですね。よければモバ友になってほしいな。僕もサザン大好きですよ】
爆撃メールは無視されることが大前提。その壁を少しでも突破するためにも、共通のキーワードはなるべく盛り込みたい。この例文でいえば、最後のサザンのくだりがソレに該当します。
返信率はいいとこ7〜8%といったところでしょうか。しかしこのわずか数%の連中、考えようによってはそれだけ欲求不満がたまっているともとれます。でなければ、実のないメールにわざわざ返事を出すはずがないんですから。あるいは、ちょっとオツムが弱いとか。いずれにせよ、打ってつけの獲物であることに変わりありません。
さて、ここから先のやり取りは、相手の出方によって変わっていきますので、僕なりの押さえるべきポイントを挙げておきます。
●浮気願望を明確に 
よこしまな気持ちでモバゲーをやっていることをきっちり伝えます。変にマジメぶっておいて急にエロトークを始めてもシラけられるのがオチです。
●エロネタを会話の随所に

露骨な下ネタは逆効果との説もありますが、僕の場合はガンガンいく派です。【どういうセックスが好きなの?】【イッたことある?】【オナニー好きでしょ】などなど。みな意外と食いつきがいいのは、やはり欲求不満なのかも。
●こちらからは絶対にアポを切り出さない
仕上げの段階です。さんざんエロい会話で引っ張っておきながら、決して自分から「会いたい」とは言いません。そうすることで相手に「きっとこの人は安全」という意識が芽生えると同時に、焦らしの効果が生まれるのです。 で、ずるずると深みにハマッていった相手は、最終的に自ら抱かれたがるのです。マジメなタイプの人妻ほど。

モバゲー大人サークル

テレビCMのゲームの印象が強く「子供の遊び」のイメージがあるモバゲー。でも少し奥に進めば、我々オトナたちだけの世界が広がっている。
コミュニティ検索画面で「セクシー」「既婚」「下着」などと入れてみよう。
『下着フェチ集合』
『既婚者オンリーサークル』
『大人の友達募集』
これらは「大人サークル」と言われていて、すべて管理人の承認がなければ参加できない。暗黙の了解で20才未満の申請は承認されないので、大人だけの社交の場となってい
る。 ターゲット探しは、だいたいのコミュに存在する「参加したら挨拶」のスレッドで。いつもオレが狙うのは、そのサークルに入りたて、もしくは前からいても他の人間とそんなに絡んでいない女だ。
こういうサークルではどうしても常連たちの馴れ合いが出てきて、新規の人間がその輪に参入するのは難しい。輪に入れず、でも「大人の友達がほしい」と考えている女はなびきやすい。これぞという女が見つかれば、片っぱしからメールを送る。文言はなんでもいい。重要なのはやりとりの早い段階で下ネタを挟んでいくことだ。
「昨日はダンナとエッチしたの?」
「したくても襲ってこないの(泣)」
これくらいはあたりまえ。アポをとるまでにメールエッチを済ませておくのもいいだろう。 大人サークルには人妻が多く、またそれを狙う男も大勢いるが、根気よくトライしつづけてほしい。

既婚者探しは「子供と頑張ってます」コメント

CMでバンバン宣伝しているので知ってる人も多いだろう。お宝をユーザー同士で奪ったり、仲間を増やしながら様々なミッションをクリアしていくゲームだ。ユーザーも非常に多く、登録者数は100万人を超えている。
いい大人なオレがわざわざこのゲームをやってるのは、大好物の人妻をナンパしやすいからに他ならない。
まずは登録して、適当にミッションを進めていく。細かい説明は省くが、最初のころはレベルがすいすいあがっていくので、とにかく30くらいまでは進めておきたい。おそらく3、4日でそこまでは到達できる。後にそれが効いてくるので、ガマンしてピコピコやってほしい。
次に向かうのは、公式サークルだ。モバゲーのゲームにはそれぞれサークルがあり、そこで攻略法などを話しあっている。その中の「仲間募集」トピックをのぞいてみよう。
〝子供と一緒にプレイしているのですが、ボスが倒せません。誰か仲間になって!〞
〝息子と代わりばんこでやってます。仲良くしてね〞  こんな書きこみがときどきある。
モバゲーは既婚・未婚で検索できないので、非常にありがたいコメントだ。わざわざ人妻だと教えてくれるなんて!申請ボタンを押し、「これからヨロシクです」と書き込めばすぐに仲間になれるはずだ。
さらにボスを倒したり、アイテム、お宝をプレゼントすることでお近づきになる。このゲームにおける高レベル者への信頼は非常に大きい。 
ここから直メールをする関係に持ち込むには、ちょっとした情報を与えてやることが大事だ。まずは女の伝言板に書きこむ。
『お宝いっぱい持ってる怪盗情報があるんだけど』
『え〜、教えて』
『ここに書いちゃうとまずいから、直メでもいい?』
『は〜い』
数日は怪盗ロワイヤル中心のメールでいいが、どこかでプライベートな話題にシフトしていかなければならない。オレの場合、彼女らのアバターを褒めるところからはじめている。そこから家族の話、夫の不満など、ありがちな流れでアポに至る。
いま、オレの怪盗レベルは600を超えている。高レベルであればあるほど、この手法の成功率もあがるので、ヒマな男子はシコシコとレベルを上げておくように。