出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

浮気がバレる位置情報アプリ「あんしん連絡先」を入れてくれともし妻に言われたらどうする?

f:id:torivian:20190801080233p:plain

グーグルが、とんでもなく迷惑なスマホアプリを発表してくれた。その名も「あんしん連絡先」だ。
 本来は、地震や津波などの災害時や緊急時に、家族や友人などの位置情報がGPSでわかる安否確認用アプリなのだが、その充実した機能のせいで、浮気防止アプリとして広がりそうな気配をみせているのだ。
 これまでも同じような位置情報アプリは存在したが、本人が位置情報の送信に承諾しなければ、居場所が判明することはなかった。しかし、この「あんしん連絡先」は、位置情報のリクエストに一定時間応答しない(できなかった)場合、自動的にこちらの所在地が相手に送信されてしまうのである。(スマホの電源がオフのときは、最後の位置情報が相手に送られる仕組み)。
 例えば、出張だとウソをついてセフレとラブホにいるとき、もしくは、友達の家で飲み会だとウソをついて女の部屋に泊まりに行ったとき、妻から「あなたの現在地をリクエストしています」という通知が来たとする。
 その通知を拒否すれば怪しまれるし、無視してスマホを放って置けば、結局バッチリと居場所がバレてしまうのだ。
 結論から言うと、一度インストールしてしまったら逃げられないってことだ。このアプリがどれだけ恐ろしいか、わかっていただけただろうか。
 だからどうにかして、インストールせずに水際で防ぐ方法を考えるしかないのである。もしも自分の彼女や奥さんに「このアプリ、入れて」と言われたときの対処法を真剣に考えてみたので、皆さんと共有したいと思う。
①いったん入れてすぐ消す作戦
 まず一番いい方法は、素直に一度インストールして相手を安心させておき、すぐにアプリを消してしまう作戦だ。
「なんで入れたくないの? やましいことがないなら入れたらよくない?」
 などと相手に迫られスマートに断れる男性は少ないはずだ。入れる入れないの言い争いをして疑念を増すより、素直に入れてしまった方が相手も安心して警戒心が下がるはずだ。いざ浮気するタイミングになったらアンインストールすればいい。
 ただし、相手から位置情報のリクエストが送れないのでアンインストールしたことは一発でバレてしまう。その言い訳は「なんだか監視されてるみたいで気持ち悪いから」程度でごまかすしかないかもしれない。
②オレが探す作戦
 続いて、相手が気弱な女なら通用しそうな言い訳を。
「そんなアプリは必要ないよ。もし災害が起きても、オレのことは探さなくていい。オレがお前を見つけるから」
 どうだろう。グッと来ると思うのだが。
③メルヘン作戦
 続いてこれ。
「そんなアプリは入れたくないな。だって一人のとき、お前がどこで何をしてるのか想像できなくなるだろ? そんなのつまらないよ」
 どうだろう。メルヘンチックな女なら引っかかってくれそうな気がするのだが。
④人間の尊厳作戦
 さて、問題はそんな子供ダマシが通用しない相手の場合だ。
「そんなアプリ入れたくない」とでも言った日には「どうして? やましいコトしてないなら入れたらいいじゃん。浮気してるから入れたくないんでしょ!」みたいなことをネチネチ言ってくる面倒なキャラの場合だ。実際、そういう女だからこそ、こんなアプリを入れさせようとしてくるんだけど。対策はズバリ「人権」や「人間の尊厳」を盾に戦うしかないと考える。
「もちろんオレは浮気なんてしてないよ。でもさ、いつでも居場所がわかるってことは、24時間監視されてるのと一緒でしょ? 人は24時間監視されると気が狂うっていう実験データもあるんだよ。本当だよ、囚人を使った実験があるんだよ。だから、いくら夫婦でもプライバシーは必要だと思うんだ」
 かなり苦しい闘いになることは予想されるが、まずまずの応戦は可能だと思う。
 もうひと押しするなら、
「ミーガン法って知ってる? 海外では性犯罪者が体内にチップを埋め込まれて常にGPSで監視されてるの。でも日本は人権を尊重して合法化されてない。性犯罪者でさえも人権が守られてるのに、オレをGPSで監視するってのはおかしいでしょ?」
 結局、我々は、このアプリの存在を女性たちに知られないように祈るしかないのかも。