出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

付き合う女が全員性病持ちのクラミジアの理由は

f:id:torivian:20190730211345p:plain

股間のむずかゆさに我慢できずベッドの上で目を覚ますと、チンコの先っちょから白っぽい液体が渉んでいた。精液じゃない。膿だ。まさか性病っ
ここ最近、彼女のミユキ以外の女とはセックスしていないし、フーゾクにも行ってない。昨夜もたっぶり2時間、濃厚なプレイだった。まさかアイツ浮気してるのか?さっそく近くの泌尿器科に向かうと、先生は事もなげに言った。
「検査してみないとわからないけど、恐らくクラミジアでしょう。抗生物質出しとくから飲んでみてください」
ミユキのことは信じたいが、俺が浮気してない以上、彼女が原因に決まってる。すぐに呼びつけ、話し合いが始まった。
「ねえ、正直に答えて欲しいんだけどさ。最近、誰かと浮気した?」
「え、私がっしてないよ。なんでそんなこと聞くのっ」
「性病になったんだよ。今日病院行ったらクラミジアって言われた」
「ちょっと待ってよ。私浮気なんてしてないよ」
「そうか。でもさ、俺、オマエ以外の女となんてー年以上してないんだぜ。風俗だって行ってない。お前にうつされたとしか思えないだろ」
「ひどい。私だってアツシ以外とエッチしてないよ」
「わかった。とりあえずお前も病院行って検査してきなよ。話はそれからだ」
検査すればやはり彼女もクラミジア。
ラミジアだった。この一件が元で俺たちの関係はギクシャクしてしまい、結局別れることになった。
半年後、友人たちとの飲み会で出会った友美と新たに付き合うことになった。趣味も似てるし体の相性も悪くない。順調な滑り出しに見えたが、付き合いを始めてわずか3週間後、事件は起きた。友美が泊まりにきた週末、再び我がチンコが懸きだしたのだ。前回と同じ症状だ。またクラミジアになったのかっ友美も浮気するような女だったなんて。まだ付き合ってからー力月も経ってないのに。さっそく話し合いが始まった。
「なあ、オレ性病になったみたいなんだよ。お前以外の女とはセックスしてないんだけど、何か心当たりある?」
「そんなのないよー私だってアナタとしかしてないもん。アツシこそ浮気してるんじゃないのっ」
またかよ。お前が浮気してないのに、何でオレが性病になるんだよ。彼女は浮気を認めないどころかオレが原因だと逆ギレし、結局、ケン力別れのような形になってしまった。まったく女運がない。それからしばらくして、飲み屋で知り合った大学生のユウコといい関係になった。根が真面目で引込み思案なタイプ。今度こそまっとうな恋愛関係が築けるはずだと思ったが、わずか1カ月でその希望も打ち砕かれた。再びクラミジアになったのだ。
「私、浮気なんてしてないよ。アツシ君は?」
「オレだってしてないよー」
もう女なんて信じない。彼女もいらない。いまの世の中、男とヤルことしか考えられないビッチばかりなのか。
そしてつい先月、またもオレはクラミジアにかかってしまう。付き合い始めた女のせいだ。
「またですか。お薬ちゃんと飲んでます?不特定の女性と関係を持つ場合はコンドームを使わないと。HIVになる可能性もあるんだから」
病院に行くと医者に怒られてしまった。これで4度目の来院だけに、先生もオレに問題があると思っているようだ。オレは先生にこれまでの経緯を説明した。3人連続で付き合いだした途端にクラミジアになったこと。他に女遊びはしてないこと。
「うーん、何かおかしいね。ひょっとしたら喉頭クラミジアかもしれませんよ」
「喉頭って、ノドですかっ」
「ええ、女性に多いんですが、こく稀に男性がかかることもあるんでね」
クラミジアが喉にうつるなんて知らなかった。でもちょっと待て。過去3回、薬を飲んで治してるじゃないか。
「喉の方はかなり治りにくいんですよ。長い期間しっかり抗生物質を飲まないと根治しませんから」先生の読みでは、何らかの原因でオレの喉がクラミジアになっており、毎回付き合うたびにクンニによって相手の性器にうつし、そこからオレのチンコに感染しているのでは、ということらしい。
「何か心当たりありますかっ」
あった。2年前、会社の忘年会の2次会で、罰ゲームとして先輩のチンコを口に突っ込まれたことがある。しかもその先輩、ナンパが趣味の遊び人なのだ。
「あの、一応、喉も診てもらっていいですか?」
検査の結果、先生の読み通り、オレの喉にクラミジアの菌が発見された。付き合ってきた彼女たち、本当にごめんなさい。すべて僕が悪うこざいました。