出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

グループホームはエッチに開放的な女性が多くヤリたい放題

3年ほど前、私は軽度のウツ病を患っていて、リハビリで週に3度、グループホームへ通っていた。
グループホームとは精神疾患をもつ人々が、一つの家で共同生活をしながら社会復帰を目指す場所だ。
私が通っていたのは都内にある民間のホームで、大きさは豪華な一軒家といったところで、部屋数は7つ。
入居者はひんぱんに入れ代わり、その時点では、1階に男が2人、2階に女が4人住んでいた。
初めてホームに行った日、20代の女性の住人に自己紹介をした。
「はじめまして。今日からこのホームに通うことになりました山崎です。よろしくお願いします」
「そんなに堅くならなくていいよー。アタシはソウウツなんだけどキミは?」
「はあ、僕はウツです」
 お互いに精神病を患っていることが前提なので、初対面でもフランクに会話はスタートした。
「敬語やめなよー。一緒にマリオカートしよ!」
交流室で2時間ほど一緒にゲームをしていると、彼女が言った。
「なんか、肩こってきちゃった。ちょっと揉んでくれない?」
「はい。いいですよ」「腰も揉んで欲しいから、アタシの部屋に来てよ」
 言われたとおり部屋についていくと、彼女がベットの上に寝ころがる。
「腰のところ揉んでー」
「は、はい」
「次はコッチもお願いね」
 と、僕の腕を掴んで胸に押しつけてくる。
「いいんですか?」
「うん。しよ!」
いきなり初日から軽い流れでセックスしてしまった。行為を終えて交流室へ戻ると、入居者の男性から声をかけられた。
「チカコとヤッたの? あいつの胸めちゃめちゃデカいよな。俺も昨日セックスしたばっかりなんだよ」驚きのあまり、は? という顔をしていると、男が続けた。
「え? 知らないの? ここにいる女は全員ヤリマンだぜ。でもチカコはソウの時は毎日ヤラせてくれるんだけど、ウツのときに迫ったら号泣されちまうから気を付けろよ」
「はあ」
「また来いよ。お前、顔がいいから、別の女ともヤレるぜ」
 1週間後、ホームでゲームをしているとき、今度は30代前半のエリが声をかけてきた。

「こんにちは。ハジメさんて、昔、塾講師やってたんですよね?」
「うん。もう10年くらい前だけどね」
「資格の勉強してるんだけど、わからないところがあるから教えてくれない?」
「いいよー」
 交流室で20分ほど勉強を教えていると、エリが小声で言った。
「続きは私の部屋でやろ」
 またこのパターンか! 誘われるまま、2階の部屋に入る。テーブルの上にはいくつもの薬のシートが。医師から処方されたモノだろう。
 気が付くと、女は冷蔵庫からビールを取り出している。
「あれ? 勉強しないの?」
「アタシ、生活保護を受給してるから仕事なくても生活できるんだよね」
 勉強を教えて欲しいってのは、部屋に連れ込む名目だったってわけか。
「使う? 酒と一緒に飲んだらすごいキクよ」と言いながら、
ビールとハルシオン渡してきた。
「眠くなるけど、寝ないように気を付けてね」
 ま、飲んでみるか。
 ベッドに座ってキスをする。舌を絡ませるうちに徐々に眠くなってきた。ハルシオンの効果で全身がフワフワしたような感覚になってくる。それに反してチンコはギンギンに勃起している。簡単に前戯を済ませて、挿入すると、気持ちよすぎて10分もしないうちにイッてしまった。ハルシオンの副作用のせいでよく覚えていないが、最高に気持ち良かった。これも簡単に薬を手に入れられる環境だからこその遊びだ。ベッドの中で詳しく聞いてみた。
「ホームに入居してからどれくらいの男とセックスしてるの?」
「うーん。20人くらいかな」
次々とやってくる入居者たちを誘っては、ここでヤリまくているらしい。
「援交も合わせたらもっといくよ」
「援交?」
「いつナマポを打ち切られるかわからないから、稼げるうちにね」
ホームには職員も駐在しているが、21時には帰宅するので、性の乱れは黙認している状態だった。 
私自身、結局1年くらい通い10人以上とセックスした。ウツ病がおさまったのはそのおかげかもしれない。