出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

隠れた出会いのナンパスポットお見合いパブでOK女を狙え

f:id:torivian:20190721084704p:plain

さて問題です。今、もっとも素人のオネーチャンを引っかけやすい場所といえば何でしょう?テレクラ?終わってるって。出会い系サイトってのはイイ線だけど、それもイマイチ。答は…お見合いパブ、通称、お見パブ・です。

何じゃそりゃ。まだやってんのかそんなもん。ってククク、皆さんのあきれる顔が見えるようだ。確かにお見パブが流行ったのは昔、近頃はすっかり廃れ気味ではある。実際、オレが顔を出していたのも、全盛期のころで、その中身といえば、サクラ女性かキャッチガールばかり。

たまに素人女がいてもドブスってのが現実だった。しかし、これが実は今とんでもないことになっている。町中でもお目にかかれないようなイイ女がわんさか集まり、しかも、そのオネーチャンたちがまたいとも簡単に股を開くのだ。

すでにビール腹が突き出た30男のオレでも、この2年で30人と出会えたのだから本当に笑いが止まらない。
信じられない人は、じつくりオレの体験談を聞いてくれ。

f:id:torivian:20190721084709p:plain

酔った勢いで夜の新宿に繰り出したオレは、お寒い気分を味わっていた。

(ったく。キモイはねーだろが、キモイはよ)

あの女で声をかけたのは何人目だろう。30人、いや、40人か。まさかこんなヒサンなことになるとは思いも寄らなかった。これでも、学生時代は海に山にとナンパに明け暮れたクチである。

30の大台に乗ったとはいえ、まだまだイケると思っていた。なのにこの仕打ち。

(クッソー、こうなったら朝まで女を探してやっか)

半ばヤケクソ気味に街を歩いていたそのとき、フイに派手な赤い看板が目に飛ひ込んできた。

《お見合いパブA》

まだ残っていやがったのか。どーせ口クでもない女を揃えて、客から金をフンだくってるんだろ。
と、いったん前を通り過ぎたところで、ふと思い直した。このまま路上で声をかけたところで、成功する確率は皆無。だかりといって、テレクラもカッタルイ。ダメ元でお見パブ女を冷やかしてみるか。この際、ブスでも何でもお持ち帰りしなきゃ気が済まん。半ばヤケクソ気味で、雑居ビルの3階にある店へ。

受け付けでホスト風の男に料金の2500円(30分飲み放題)を支払い、店内に足を踏み入れた。一瞬、我が目を疑った。縦に細長いフロアに、真ん中の通路を隔て、対面する男女。確かにそれはオレのよく知るお見パブだ。

しかし、ギャル系2人組、コンサバ系3人組、OL風ー人の全部で6名という女の多さもさることながら、このルックスの良さは何なんだ。もちろん全員サクラって可能性はあるが、あのキャピキャピした様子は素人としか思えない。

少なくとも、以前、この手の女がいなかったことだけは確かだ。こいつはオイシイかも。まったく、いつの間にこんな状況になってたんだよ。
はやる気持ちを抑え、男性側の席に腰を降ろす。4人のサエないサラリーマンがアクビを噛み殺していた。
メシを薯っただけでOLが股を開いた

さてどいつにするか。って考えるまでもない。話すなら断然、あのストレートヘアのOLがいい。オレはボールペンを手に取った。

職業・商社勤務、出身地・神奈川、血液型・0型、星座・いて座、趣味・スノーボード、性格・力タそうに見えて、わりと面白い方です。メッセージ・少し若く見えるかもしれないけど、本当は30才です。良かったらボクとお話ししてください

店員を介し、メッセージカードを彼女に渡すと、すぐに

よろこんで一緒に飲みましょ

と戻ってきた。この簡単さ。なんだサクラかよ。とりあえず、ツーショットコーナーに移動し、ビールとカクテルで乾杯。聞けば彼女、リース会社に勤める20才で、名はミツコというらしい。
「よろこんで御一緒に飲みましょ」

〇が付いていたら第一段階クリア

「おにーさんいくつ?」
「12才」「んなわけないじゃーん。もう超バ力。きゃはは」

「ところでさ、オレ腹へっちゃって。メシでも食いに行かない?」

「ホント?行く行くー」「え!?」

この女、今、確かに行くって言ったよな。おまえサクラじゃなかったの?いや、このハシャギからして、キャッチ女って感じでもない。いタったい何を企んでんだ。メシだけ食ってバイバイか?ワケがわからぬまま居酒屋で飲み、ー時間が過ぎたころ、賭けに出た。

「ホテル行かね?」「…」

「ハハハハ。行かねーよな」「・・いいよ」

んなアホな、と言ってはいけない。オレだって信じられなかったのだが、この女、メシを著っただけで、この後、ほいほいホテルに付いてきて、しっかり股まで開いてくれちゃったのである。

こりゃ万に一度の奇跡かもしれん。どうにもウマ過ぎる話に、オレはミツコに聞いてみた。

「なあ、オマエってサクラじゃなかったの?」「サクラ?」

「だってさ、フツーはあんなとこ行かないじゃん」「はは、ばかだねー」

ミツコの言うことには、2カ月前、アルタ前でキャッチの男性から「お店に遊びに来ない」と声をかけられて以来、ちょくちょく顔を出してるらしい。

「え、ちょっと待てよ。お見パブにキャッチなんかいるの?」

「知らないの?××通りで毎日声かけてるじゃん。新宿の女のコの間じゃジョーシキだよ」

「そうだったのか」

「飲み食い自由で、力ラオケも歌い放題だって言うし、いっかなーなんて」

「そんなんで付いてっちゃうんだ」

「つーか、人との待ち合わせとか、ファミレス代わりにちょうといいじゃん」

なるほど。考えてみれは確かに、料金不要のお見パブは絶好のたまり場。彼女によれば、女性客の大半は似たような使い方をしているそうだ。いや、それより何より、驚くべきは、女のレベルの高さである。キャッチがきっちり選んでるのだろうが、テレクラあたりじゃまずお目にかかれないカワイイ子ばかりだ。尻軽のイイ女が大勢集まる場所。もしかしたらオレは、とんでもない。金脈。を発見したのかもしれな
NG女とOK女を見分けるコツ

f:id:torivian:20190721084702p:plain

こうしてオレは再びお見パ。フに通うようになるのだが、コトはそう簡単には運ばない。店はいつ行っても、ヘルス嬢、キャバ嬢、学生、フリーター、0Lなどなど、イイ女でこったがえしていた(営業時間はタ方から朝まで)。

とりあえずツーショットにもなれる。が、その後か続かない。どう口説いても、まったく店外に連れ出せないのだ。それでもめげずに日夜通ってー力月、おぼろげながら突破ロが見えてきた。狙うはもちろん、ー人キリの女である。

せっかくノリ気になっても、友達に邪魔されればそれで終わりだ。とはいえ、単独客なら誰でもいいワケじゃない。お見パブの中には、「NG女」と「OK女」がおり、後者でなければお持ち帰りはできないのだ。

NG女の特徴は、●頻繁に携帯が鳴る。●メールばかりやっている。●カラオケを歌いまくる。●隣り合わせた女性客とすぐに親しくなる。●店員と仲良さげにしゃべっている。このテの手慣れたタイプは、ハナから男性客をバ力にしてる傾向にある。

逆に言えは、これらの要素のないのがOK女だ。ところが、OK女には決まって男性からのメッセージが殺到する。美人なら最低でも4、5通はかたく、この過当競争を勝ち抜くのが、並大抵じゃない。

打開策を考えあぐねていたある日のこと、ー人の女が店にやって来た。ルックスはギャル風ながら、行動は典型的なOK女。周囲のライバルたちはすでにメッセージカードを書き始めている。唐突に、絵が浮かんだ。店のルールを破って、彼女に直接、話しかけたらどうだろう。とにかく、ここは印象を強くしとかなきゃ。思うか早いか、正面の彼女に手を振ってみる。

「ねーねー」「え?」

驚いたように顔をあける女。
「こんちわ」「ふふふ」「なー、カード送っからさ、オレのこと選んでよ」「ハハハ」勝ったも同然だった。
煮ても焼いても喰えなけりゃバッティングセンターに

その女、力ズミを外に連れ出し、居酒屋に入った。バ力話でさんざん笑いを取り、盛り上がりも絶好調。こりゃホテル間違いなしだわと思った矢先、彼女が言った。

「私これからホストクラブいくの。あとー時間ぐらいしか付き合えないよ」

終電間際に発せられたこのセリフに、オレは軽いめまいを覚えた。こんだけ派手に飲み食いしといて、そりゃねえだろ。

…よろしい。しょせん女なんて股を開くさだめの悲しき生き物。ましてや相手はお見パブに来るようなおバ力さんである。都合の良いいい訳さえ作ってやりゃ、どうとでもなるはずだ。

「オッケー。んじゃさ、バッティングセンター行こうぜ。最近オレ、お運動不足でさ、みょーに体を動かしたいんだよね」「えー」

「大丈夫、大丈夫。ー時間で帰すかりさ」

ラブホ街のど真ん中のバッティングセンターに連れていき、ヒット性の当たりを力ッ飛ばすオレ。カズミはすごいすこいと大はしゃぎだ。

「おつしゃ、次は力ズミね」「えー、ムリムリ」「いや、超低速なら絶対打てるって。やってみ」「うーん、じゃ、ー回だけ」

彼女はオレの勧めるままバットを振った。ー回が2回、5回、10回、20回…そしてちょうど30回目にスウィングしたとき、オレによりかかってきて、

「あーん。なんか酔っちゃったみたいー」「そかそか。んじゃ、どっかで休んでく?あ、心配いらないって。オレ、ぜんぜん性欲ねーかり」

バ力にしてはいけない。実はこれ、オレが何十人もの女をモノにしてきた方法なのだ。
彼女がホストクラブ行きを断心したことは言うまでもない。

オレはますますお見パブにのめりこんだ。コツを掴んだことで、面白いように女が落ちるのだ。中でも忘れられないのは、22才のヘルス嬢だ。店の中でチンコを触らせ、彼女の自宅まで押し掛け、朝まで3発キメさせてもらった。後にも先にも、あんなに簡単だった女はいない。

他にも、バンドの追っかけの18才、モデル志望の20才などなど。ま、勝率にならせは3割程度だが、相手はみな美人。十分納得のいく数字である。しかし、店に通い出して半年が過ぎたころ、オレの意識に変化が起きる。これまで敬遠していた、ムリ目の女をオトしたくなってきたのだ。

ゴマキもどきと出来損ないの安西ひろこというギャル2人組と遭遇したのは、そんなある日のこと。自慢のノドを披露し、メールもピコピコ、化粧直しにも余念がない。実に手強そうだ。

様子を窺っていると、ゴマキもどきがー人の男性客とツーショットに。ひろこは、怒ったような淋しいような、複雑な表情を浮かべている。オレは即座にひろこにカードを送った。あの心のスキマを衝けばオトせるんじゃなかろうか。案の定、すんなりツーショットにはなれた。雰囲気も悪くない。か、肝心のところで

「外に行くのはムリ。友達がいいって言うならいいけどね」

とカワされてしまう。

「ん。よし、だったら」

友達からOKをもらえはいいんじゃん。要は、あの女を「邪魔者」にしちまえばいいのだ。オレはゴマキ風のもとへ足早に駆け寄った。

「お楽しみのとこすいません。ちょっといいですか。ねえ、悪いんだけど、一瞬、彼女、外に連れ出していいかな」「は?」

「いや、オレらすげーイイ感じでさ。アイツもいいって言ってんだよね。邪魔しねーでもらえねーかなー」

「…ホントに?」

ゴマキ風は信じられない様子だが、ひろこに確認まではしない。

「まじまじ。ー時間だけでいいからさ。頼むって」

「っかバックレるんじゃないの」「心配なら後で鳴らせばいいだろ」

「…」「いいってさー。すけーイイ友達じゃん」

ゴマキ風が口ごもった瞬間、ひろこに大声で叫んだ。彼女がホテルの部屋で自ら携帯の電源を切ったのは、それからー時間後のことだった。