出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ハプニングバーで3Pする近親相姦の母子がいるという事実

他人の性癖に文句を言うつもりはない。ただ何故そうなるのだろう?

先月、新宿のハプバーへ遊びに行ったとき、隣席に妙なカップルが腰を下ろした。大学生になりたてのような初々しいイケメンが、40オーバーのケバい熟女を連れているのだ。
 まもなく、そのカップルのもとに単独のオッサン客が近つき、しばし雑談をかわしたあと、熟女を連れてヤリ部屋へ消えていった。残された若い男はひとり平然とビールを飲んでいる。
 驚いたのは、その後、例の熟女が別の単独男を取っ換え引っ換えして、ヤリ部屋への出入りを繰り返したことだ。何ちゅう性欲ババアだ。思わず、隣に座わるババアの相方オトコに声をかける。

「お連れさん、ずいぶんアグレッシブですねえ」
 彼はニコニコと答えた。
「あはは、ホントですよね。でも、昔からずっとああなんすよ」
「けっこう、お付き合い長いんですか?」
「長いっていえば長いですねえ。なんせ僕が生まれてからずっとなんで」
「え?」
「あの人、母親なんです」
「ウソでしょ?」
「マジっす。一応、こういう店に来るときは歳の差夫婦ってことにしてるんですけど」
「じゃあ肉体関係は…」
「あはは、なけりゃハプバーなんて来ませんから」
 彼はやけに気軽に、近親相姦に至った経緯を話し出した。
物心ついたころからすでに母子家庭だったこと、彼が小学生になったころから、母親が次々と男を自宅に連れ込むようになったこと、そんな母親の喘ぎ声を隣室で聞いているうちに、いつしか自分も母親とヤリたくなったこと。
 そしてついに彼が15才のとき、風呂上りの母親を抱きしめて
「セックスしたい」と申し出たのだという。
「そしたら『実はアタシもしたかった』とか言って。あの人、マジ、ヤバいっすよね」
 いやいや、キミも相当ヤバいから。すぐによこしまな気持ちが芽生えてきた。この親子と3Pしてみたい! こんな経験、滅多にできるもんじゃないぞ。
彼はあっけらかんと承諾した。
「いいっすねえ。でも母にはいま聞いた話は内緒にしてください。人に言うと、すっごい嫌がるんすよ」
 当たり前だ!息子くんの呼びかけで3人でヤリ部屋へ。プレイは本物親子の濃厚なディープキスから始まったのだが、成り行き上、息子くんが挿入役、俺がフェラを受ける役に回ろうとした際、母親から「待った」が入った。
「何してるの? 普通はゲストの人から先に挿入でしょ? せっかく遊んでもらってるんだから、もっと気を利かせないさい。わかった?」
「はいはい、わかりました」
 うわ、こいつらやっぱり親子なんだな…。
 プレイ中、この手の会話は他にも何度かあった。
 たとえば騎乗位で俺が挿入している最中、息子くんがフェラをさせようとしたときの母親の反応。
「いまフェラすると私が集中できないでしょ。もっと空気読みなさい」
 たとえば息子が正常位で挿入していたときの彼のひと言。
「もう〜挿入中にマンコ締め付けるの止めてって言ったじゃん!」
 プレイを通じて最も印象的だったのは、俺が先に射精を終えた途端、親子が交わしたこの会話だ。
「あーん、ヨシ君(息子の名前)、はやく入れて!」
「何を入れてほしいの?」「ぶっといチンポ。はやくそれブチ込んでイカせて〜〜」
 2人が日常的にこういうやり取りをしているのかと思うと、おぞましくもあり、逆に感服するところもあり…。まったくどえらい親子がいたもんだ。