出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

エ口動画全盛の時代に官能小説も悪くない

ブロードバンドの普及により、エ口画像、動画の収集環境は飛躍的に向上した。が、みなさん。何か大事なモノを忘れちゃいまいか。工口の行き着く最終駅、官能小説の世界を。といっても、フランス書院やマドンナメイトを想像してもらっちゃ困る。今、読むべきはネツトならではの妄想ワールド、それがアイドル官能小説だ。
アイドルを元ネタにした官能小説は、肖像権に触れることを恐れ、地下に潜って運営されているケースが多い。形態は主に3つ。有料会員制、無料会員制、投稿掲示板だ。有料会員制とは文字どおり、500円前後の入会金を払って小説を閲覧するサイト。へタな商業作家より文章はうまいが、総じてイマイチな印象を拭えない。アイドルが仕事を得るためにプロダクションの幹部と寝たり、マネージャーと恋に落ちたりと、とにかく設定が古典的なのだ。

我々が読みたいのは、そのタレントならではのセックス描写だ。アイドルがデート前に犯され、歌を奪われセックス依存症のヤリマンに堕ちていく様なのである。投稿掲示板にも満足のいく作品が載るケースは少ない。

誰が書いてるか知らないが、彼女たちをズタボ口に犯すだけの芸のなさ。私は決してアイドルオタクではないが、一般人にも理解できるくらいの背景は書いてもらいたい。あとはコチラの想像力をフル活動させればヌケる。そこで、私がもっぱらお世話になっているのは、無料の某会員サイトだ。

モーニング娘。など、総勢なんと80人以上ー誰もが知る売れっ子たちが股を開き、男根を受け入れている。ここもまた投稿作品によるモノが主流だが、先の掲示板とはひと味異なる。ただ単に性描写に走るのではなく、出身や芸能界でのポジションなど、ディテールにこだわった上で妄想を爆発させているのだ。
私のお気に入りの作品をいくつか紹介しよう。まずは個人的な趣味で申し訳ないが、アイドルがアイドルに技致監禁で犯される話だ。
「お前達のせいで私が辞めることになったからやないの」

「若いーその若さがムカツくんやー」
台詞とともにネットリ追い詰められていく。徐々にムックリする愚息。エロ小説は過程の描写とヌキ所が重要なのは言うまでもない。
おま〇こは、まさにフレッシュと表現するにふさわしいピンク色の輝きを見せていたのだー(中略)

「やあーっーああんー一際高い声がひとみの口をついた。ひとみのなかに埋まりこんだ中の指が、ギュギュッと力強く締め付けられる…」
これにアイコラの挿し絵を添えれば最強。オナニーなんてしょせん妄想した者勝ちだ。アイドルのおま〇こなんて他では絶対味わえない。正統派アイドルの話もなかなかだ。マネージャとヤッてしまう設定はもうひと工夫欲しいが、主人公と自分を重ね合わせられれば問題ない。
「すこい、たくさん出てきてる…それにびくびくしてる…ホントにイきそうな感じ…」
パンティーをつかみ、
そう言うと亜弥はそれを口に含み、速めのスロートを始めた。口だけでなく、手も併せて動かす。じゆぷっじゆぶっじゆぷっ…

「ぐつつー」かなり激しいその動きに、俺は30秒ももたずにイッてしまった
亜弥のお得意ボーズ、唇をちょいと突きだしたおちょぼ口で、いきり立った肉棒をチュウチュウ。さらに口に溜まったザーメンを飲み込むという流れは、歌と彼女自身のイメージ通りの健気さでタマラナイ。このように本人のイメージを膨らませるのは常套手段だが、それをエスカレートさせたのが、アイドルがSMの女王様に変身する物語だ。
「うるさいわねー、私のパンティでもくわえてなさいー・」

涼子様はさっきまで自分のはいていたパンティーをつかみ、無造作に私の口へねじ込んだ。女性の性器から発せられる独特の味が口に広がり、甘美な刺激が脊髄から下半身にかけて電流の様に走る。彼女の打郷は続いていく。ピシッビシッ
一時話題になったアイドルの奇行騒動を考えれば変貌ぶりも自然と想像できる。SMに興味のない私も、彼女のコーマンを紙めさせられる描写で思わず勃ってしまった。たまにはアイドル官能小説も一興ではなかろうか。