出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

出会い系で即ヤリに持って行く方法・失敗した時のリカバリーの仕方

メールナンパにおける最大の敵は、ネカマ(女のブリをした男)やサクラ(一部サイトに存在)ではなく、
「メル友でいよう女」である。

f:id:torivian:20190616123929p:plain

男には到底理解できないのだが、女には、誰かとつながっている感覚さえあれば満足できるという性質がある。顔も知らない男に悩みを相談し、愚痴をこぼし、日々の出来事を伝える。た
だそれだけで満たされる女が思いの他多いのだ。
こういう女に捕まると、やりとりだけは頻繁に続くが、いつまで経ってもセックスどころか対面にすら持ち込めない。向こうにはハナから会う気などないのだから当然だ。
速攻派にとって大事なのは、会える女なのかメル友女なのかを早い段階で見きわめること。したがって、3〜4通目のメールで、次の質問をぶつけるべきだ。
《メル友に会ったことある?》
ただこの質問は、仮にあったとしても「ある」と公言することをはばかられる可能性もあるので、この一文も忘れないようにする。
《オレは今まで三人と会ったことあるんだ》
こんなことでは浮気症などというマイナスイメージはまったくつかないし、正直に「ある」と白状させるメリットのほうが大きい。さらに、「会っても大丈夫な人なんだ」という安心感を与える効果もあるだろう。
もしここで「ない」と答えてきたらどうするか。
むろんあなたが1人目になる可能性だって少なからずある。しかし単純に考えれば、パイオニアになるためにはいくつかの障壁を越えねばならず、どうしても慎重派に移行せざるをえないだろう。速攻にこだわるなら、この時点で「切り捨て」だ。
「ある」と答えてきたら、そこからは、お互いに気が合うんだということを植え付けつつ、目的のアイテム、電話番号の入手に努めなければならない。メールのやりとりだけで対面にこぎつける猛者もいるらしいが、難し過ぎるので考えなくていい。
努めるとはいえ、かつて1度でもメル友に会ったことのある女とは、電話番号を教えた経験もあるわけで、このハードルはそう高くはない。しかもパソコンでのメール相手ではなく、携帯メールの相手に携帯番号を教えることは意外と抵抗がないものなのだ。
聞き出し方は、
《文字入力すんのめんどくさくない?》
《声を聞きたくなったよ》
というオーソドックスな形でもいいし、あるいは
《電話してもいい?》
《だって番号知らないよ》
《そうだよね。じゃあ教えるね。090》
《ありがと。私のも教えるね。090》
という流れを作るのもよい。
以上、ファーストメールからここまで、およそ1週間、メール数にしておよそ50通を目安に頑張っていただきたい。
慎重派の利点とは、メールのやりとりを数多く重ねることにより、女の気持ちをガッシリ握りしめられることにある。
《今なにしてんの?》と、いつも女側からメールが届き、《会いたいな》の言葉も女に言わせてしまう。そこまでつかんでから対面すれば即ヤリなどへでもないことはわかるだろう。
手順としては、まず「良き理解者を演じる」基本姿勢は同じ。さらにやりとりの中で、キャラを「お兄さんキャラ」にシフトする。何も難しいことはない。要は、オレが守ってやるよ的スタンスを取るだけのことだ。
《悲しむことないよ。力になってあげたいな》
といったノリでよい。
お兄さんキャラを浸透させた後、男と女の関係を意識させる。導入としては《チュ》というキス音、あるいはキスマークが有効だ。これに対し同じようにキスの返信が来れば、わざとガキじみたポーズで
《わーい、キスしちゃったよ。1ん、もうチュッチュッチュッ》
と、アホな姿勢のままさらに露骨に。ここでまた同じような返信か、あるいは
《キヤーやエッチー》
といったノリで返事が来たところで、いったんクールダウン。
押せば引く。これが慎重派の重要な攻撃パターンだ。このクールダウンは会話の内容のみでなく、メールのやりとりそのものにも応用が効く。
たとえば毎日のようにメール交換していたのを、突然ストップする。女から
《元気?何してる?》
とメールが来ても
《今忙しいんだ。ゴメンね》
と、軽くいなす。それでも何度かメールが届くだろうが、グッとこらえて返信を極力避ける。
再開メールは3日後。
《メールでき聴くてゴメンね。メチャメチャ気になってたよ》
いったんクールダウンしてから再び燃え上がらせる。心変わりを恐れるとなかなかできない技術だが、成功すれば女はもうあなたから離れられないだろう。
以降のやりとりは、悩みを聞くこととラブトークが渾然一体となって進行する。
悩みに関しては例のごとくあいづち、ラブトークは次のような文面を散りぱめておけばよい。
《なんか顔も知らないのに惚れてしまいそうだよ》
《実際にキスしたら卒倒しちゃうかも》
また、ファーストメールで、年齢をゴマかしてスタートした場合は、以上の過程を経た後に白状すればいい。
《内緒にしてたんだけどホントは〇才なんだ。あんまり上だと変な意識を持たれそうだったから…ゴメンね。嫌いになっちゃったかな?》
と、まだサバを読みつつ実年齢に近づけておく。もうここまで来れば
《嘘付きだなあ。正直に言ってくれても良かったのに.ぜんぜん気にしなくていいよ》
といった返事が来るだろう。
ちなみに電話番号の聞き出しは、速攻派よりさらに容易なので、策も何もない。
《ねえ電話で話そうか》
で十分だ。

メールナンパ師の中には、会いさえすれば必ずヤレると豪語する者もいるようだが、それは普段の生活においても女性を扱い慣れているからであって、テレクラ女じゃないのだから、誰も彼もが、会って飲んで即ホテルなんてコースは取らせてくれない。

事実、いい友達として交際がスタートした例もよく聞かれる。したがって、慎重派でじつくり攻めるならともかく、速攻派で即ヤリを狙っなら、軽いシモネタを交わすぐらいのことは、対面の前に最低限やっておかねばならないだろう。

まずメールの段階では、これらの設問を、シモネタへの入り口にしておく。
《イチャイチャするのは好きなほう?》

《手をつなぐの好き?》

ここで返ってくる答にはさほど意味はない。

《うーん、あんまり好きじゃないかも》でも《好きだよ》でも、とにかく話題として成立したという事実があればいい。

《ええ、なんで嫌いなの?いいじゃん、イチャイチャ楽しいよ。オレとやってみる?》《いいよね手つなぐの。なんか愛情を感じてドキドキしてしまったりするよ》

などとつなげて、徐々に深いレベルへ誘導していけばいい。ただし、明らかなシモネタへ移行するのは、電話での会話からだ。シモネタの許容範囲というのは、時と場合によって異なるだめ、たとえば

《どこが感じる?》という質問をして相手に引かれた場合、電話ならばすぐにフォローできるが、メールでは返事がなくなつて終わりである(慎重派の場合ばある程度心をつかんでいるので問題なし)。

電話でのシモネタは、様子を見ながら行けるところまで行つていい。

「なめるの好き?」でも「ナマでやったことある?」でも、相手がついてくるなら突っ走る。場合によってはテレフォンセヅクスに突入してもいい

★実際にやってみるとわかるのだが、流れであれよあれよ間に対面にまでてしまうことがもちろんそれでヤレてしまえば何も言うことはない。しかし悲しきかな、

往々にして、居酒屋→カラオケ→さようならという結果に終わってしまうものだ。単なる暇つぶしに付き合わされたパターンだ。そして、初日にヤレなかった女は、以後も決してヤレることはない(付き合うというなら話は別だが)。

そこで提案したい。性的な会話をいっさい交わすことなく対面する展開になった場合は、2対2で会ってみるのはどうだろう。これなら初日にヤレなくても、後日1対1になったときに可能性は残る。メールナンパを始めた直後はどうしても1対1でバシッと決めてしまいたいだろうが、ときにはこんなギャンブルに出るのも手だ。