出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

AVに風俗から男女交際業まで女をネタに稼ぐ何でも屋

f:id:torivian:20190623220103p:plain

「お宅、あんまりしようもないことやるなよ・モデル募集の広告を出して女を喰うだって?」
編集部に1本の電話が入った。その男性によれば、掲載した『モデル募集の求人広告でタダマンを狙う』なる体験ルポのせいで大きな迷惑を被っているという。
「怒ってるわけじゃないけどさ、ヘタに荒らされると商売がやりにくくなるからな」
商売?と聞いたらこちらも黙っていられない。具体的に何でシノいでいるのかと突っ込めば、アダルトビデオにCDROMさらには風俗から男女交際業、恐喝まで、とにかく女をネタに稼ぐ何でも屋らしい。
取材交渉すること30分、場所や人相、具体的な固有名詞を明らかにしないことを条件にインタビューに応じてくれたのは中村氏(仮名、30才)グループを率いるボスに《女》を金に替える手口を聞いた。

お宅の本にも女をネタにシノいでるルポがいろいろ載ってるよな。
非合法風俗をはじめとして、援助交際や恐喝もさ。簡単に言えば、オレたちはそれを組織的にやってるんだ。
その窓口になるのが求人広告。スポーツ新聞やレディースマガジンとかいう女向けの工口本なんかに「AV女優募集」

って出すんだよ。単なる人寄せじゃないよ。実際、グループにビデオ担当がいて撮影から販売までやってるからね。
ただ、ビデオの上がりは月にして7,8百万ぐらいだから、そんなにオイシイわけじゃない。それでもやってる理由は、金で寝る女を集めるためなんだ。
まあ、それはおいおい説明するとして話を元に戻すと、とにかくまず「AV女優募集」の広告を出すわけだ。で、応募してきた子たちの面接をする。時期によって増減はあるけど1週間に平均15人ぐらいはしてんじゃないの。キッチリ女の身元を確認して、簡単に応募動機なんかも聞いた上で、本人が承知すりや写真とビデオを回しながらその場で本番に持ち込む。
「全身見たいから立ってみて。そうそう、じゃあちょっと脱いでみようか。タマにいるんだよ、いざ男優さんとエッチするときになって、やっぱりできないって泣き出しちゃう人が。あなたは大丈夫かな。じゃあ、いまここで僕とやれる?」
オレが言うと不気味だけどさ、実際には見栄えのいい若いのが、おだてながら脱がしてく。謝礼を2万出すって言えば15人中そうだな、12人はOKするよ。だってAV女優に応募してくる女は元々金が目当てなんだ。じゃなきや、ヒマで刺激がほしい主婦だな。
ただ、女にはセックスする口実を作ってやんなきやいけない。で、言ってやるんだ。
「あなたを主演に作品をリリースするかどうかは私の一存では決められない。組織で動いてるし、大きな金も動くから社内で検討する必要があるんです。その素材としてビデオの撮影をさせてください。謝礼はさせていただきますから」
基本的にオレらは女の嫌がることはしないのよ・こういう商売で失敗するヤツらは、そこがわからない。オレたちの言うことききやいいんだって女の心を無視するから逃げられたりチクられたりする。ちょっとの手間で納得させる方法はいくらでもあるのにな。

中村氏の口調には、裏社会の人間に特有の、どこかハスッバな感じが見え隠れする。組織だって仕事を行うその形態といい、もしかして、そのスジの方なのか。
「詮索されたくないな。でもオレカタギだよ」

何でも、この仕事を始る前は、カジノバーで雇われ店長をやっていた舌つだ。ガサが入ったのを機に転身、それ以前はAV男優をやってた時期もあるという
「この世界は狭いから、それ以上は言えないな」
どうやら、中村氏のバックには、さらに大きなネットワークが存在してそうだ。

当たり前だけど、応募してきた女が全員ビデオで使えるとは限らない。顔がよくてもデブだったり、優香の体に山田花子の顔が乗ってたりさ◎

けど、女は捨てるとこがないの、どんなにブタでもババアでも、それなりの稼ぎ方があるんだ。
例えば、一見してビデオは無理だって不細工が来たとする。でも、そいつが本番OKなら、その場で写真やビデオを撮る。結合部に重点をおいたアングルで、相手が拒否しなきゃパイプを使ったりアナルファックを決めたりな。
で、それを専用のルートに乗せる。世の中にはいろいろな需要があるのよ・デブ専男やババアじゃないと欲情しないってタイプもいるしな。つまり、どんな女が来ようとターゲットを考えりやそれなりの稼ぎはできるんだ。
場合によっちゃCD‐ROMに焼いてインターネットのアダルトオークションに出したり、マニアショップに卸してもいい。出来がよけりや裏ビデオ業者にも流せるしな。
何たっていまはIT時代だからさ、うちらみたいな仕事をやってる人間ほどパソコンを使えなきゃシノげないの。うちの連中も1人に1台どころか2台も3台も抱えてアレコレやってるよ。
2年ぐらい前かな、広告に30までって書いてるのに、50近いババアが来たことあったんだ。電話で
「五月みどりに似てます」って言ってたらしいけど、まさか歳が五月みどり並みとは思わなくてさ。ゼヒ面接に来てくれって答えたら、ホントにすぐ来た。
そりゃ若いころは見られたんだろうけど、やっぱ50でさ。本番OKってんで、とりあえず撮影はしたもののネットじゃ売れそうもない。で、熟女系のビデオを扱ってるショップに持ち込んだら、これが大人気でさ。
「お客さんからリクエストが多いんで、あの人の写真をもっとお願いできませんか」って店長直々に注文が来たからね。まったくマニアの世界は奥が深過ぎるよ。なんか随分セコイ話になっちゃったけど、これがオレの仕事だと思わないでくれよ。不細工はあくまでついでだからさ◎
やっぱりAVで主役やれるようなレベル。1週間に15人面接すると必す1人や2人は混じってるからね。コレだと思ったら、その場ですぐ専属契約しちまうんだ。
で、ビデオ班が撮影してセルショップのルートに流す。たぶん、レーベル名を言えばあんたも知ってると思うよ。××××って問いたことあるだろ?企画モノが中心だけど、この世界じゃ売れてる方だしな。ちょっとこのコ見てよ。

f:id:torivian:20190623220049p:plain

去年の夏に応募してきた20才のフリーターなんだけど、Mっぽい顔してるからSMビデオを撮ったら大ヒットでさ。1本目が軽く4,5千本売れて、2作目も2,3千本はいった。彼女1人で1千万は稼いでくれたんじゃないかな。
この子の場合は面接のときのビデオルートで人気になって、そっちでも稼ぎになったしね。でもまあ、それだけじゃ裏仕事師でもなんでもないよな。ただのビデオ屋だもん。実はデカイ金になんのはその後なんだ.
バレるとヤバイから具体名は出せないけど、「VIP限定男女交際クラブ」みたいなのもやってんの。工グゼクティブな男性会員にレベルの高い恋人を紹介するって調い文句でさ◎
いくら人気があってもインディーズビデオで女優がはれるのなんて、せいぜい2,3本なんだ。でも、せっかく集めた女たちを、それで手放すのはもったいない。だから、再利用する。
「金持ちのおじさんとデートするだけで2,3万の小遣いがもらえる仕事があるんだけど紹介しようか」
そう言って女と話してるときにサクラを来させて「昨日、食事しただけでジバンシィのバッグを買ってもらっちゃったんですけどお返ししなくていいんでしょうか」
なんて言わせちゃう。一度、金でセックスした女は、儲かるって言葉に弱いからね。他
の子がうまいことやってるのを目の当たりにすりや、私も!ってすぐその気になるよ。

AV女優として集めた女を交際クラブに登録させる、確かに有効な再利用法である。しかも実際にビデオに出た女優たちだ。
「入会金が50万で月会費10万円。おまけに女の子と念つたび5万ずつ取るんだ」
入会金50万.いくら看板に偽りナシとはいえ、そんなバカ高い金を払う客が果たしているのだろうか。

わかってないねえ。そりゃ、一介のサラリーマンには無理な話よ・横領でもしなきゃ出せないわな。けど、払える連中はいるの。社長さんや一流企業のお偉いさんとか、大きな声じゃ言えないけど、代議士のセンセとかね。ヤツらは、いい女さえ揃えりやいくらでも金出すんだって。
集客はもっぱらDMで勧誘する。名簿屋から例えばゴールドカードやゴルフ会員権を持ってる企業家のデータなんかを手に入れて案内書を送りつける。
ああいう連中は1人客を捕まえればクチコミで自然と広がっていくからね。あいつが入会したんだったらオレもって、変なライバル意識があるみたいでさ。いまもDMは出してるけど、会員の紹介で入会する数の方が断然多いな。
問い合わせをしてくりや、まず逃がさないからね。電話の時点で客の好みを聞いて事務所にタイプの子を2,3人揃えときや大丈夫。
プライドの高い連中だから、すんなり金払うよ。女のスケジュールをモバイルで転送ただ、そうやって会員になって1回5万払ったところで、すぐにエッチできるわけじゃない。オレらは単にお互いを紹介するだけで、会った後は2人の自由恋愛に任せてるからね。

f:id:torivian:20190623222213p:plain
でも、女はしたたかなんだ。こっちで何も言わなくてもすぐ理解する。で、寝た方が金になると思やそうするし、焦らすのが効果的と思うと清純なフリもする。
その点、男はロマンティストなんだよな。若くてキレイな子にねだられると、どんどん財布のヒモを緩めちゃうんだから。
サチコ(仮名)って女がいるんだけど、こいつは凄いよ。24才の人妻でさ、ビデオはまるっきり売れなかったのに交際クラブに登録した途端、引っ張りだこ。何人もの会員を掛け持ちしてみつがせてる。
別にスタイルがいいわけでも美人でもないけどさ、フェロモンがあるってのか、とにかくソソるらしいんだ。で、また、ねだるのがウマイ。聞いたらさ、デートの最中に「田中さんって人がブルガリのリング買ってくれたの。サチコ困っちゃう」って他の人の話を持ち出すのがコツで、そうすると、言われた方も意地になってプレゼントしてくれるんだと。
まったくこんな女に引っかかったら不幸だよな。でもうちはね、どんなに女が金を引っ張ろうがキックバックなんか要求しない。徹底してるのは会うときに必ず事務所を通せってことだけ。個人間でやられたらメリットがなくなるからな。
けど、そんなの口で言ってもムリだからさ、うちは女のコ1人1人にモバイル端末を渡してんの。
これに入力して管理しなさいってね。これのメリットはいろいろあってさ、例えば誰かとデートしてるときに他の会員から申し込みがあったとする・携帯に電話したんじゃしゃべらなきゃいけない。
「×月○日に6時ですね。わかりました」なんて言われたら、デート相手はしらけちまう。
その点モバイルならさ、

「ちょっとスケジュール確認するね」なんて言いながら

〈×日○時、予約OK?〉〈OK〉ってメール打っても相手にわからない。
女の子たちにしても、誰にいつ何をもらったとか話した内容をメモっとけば次に会ったとき他の人と間違えなくて済む。プライベートキーを設定してやるから、旦那や彼氏にもバレないしな。
だけど、このモバイルの最大のメリットは事務所側が女の子たちのスケジュールを管理できることなんだ。予定を書き込めば、それが全部、事務所のパソコンに転送されるようシステムが組んであるからさ。
もちろんそこまでしても、密会してるって例はあるよ。でも問いつめたりしない。よっぽど目に余れば別だけど、軽く釘刺す程度で十分。うちはね、クレジットカードの販促バイトを装って女の子のアリバイ工作も引き受けてるのよ。
だから事務所にタテついたらヤバイってのはわかってるんじゃない。いまんとこ、大きなトラブルはないな。

交際クラブの会員は、現在100人余り。うち、熱心に女性と会ってるのが半分ほどで、後は金だけ払う
「この仕事始めて3年の間には、女にねだられるまま貢いでカード破産したり、家庭を捨てちゃった会員もいるよ。まあ、気の毒っちゃあ気の毒だけど、そうなったら用はないなあ」
ある中小企業のオーナーは、会社を担保に借金までして25才のOLに入れあげた。が、金が途切れたらその女性はオーナーをポイ。現在、会社は人手に渡り、オーナー一家がどこへ消えたのか、誰も知らない。

うちの商売のやり方はまだあってね。面接でビデオはキツイって落とした女がいるだろ。その中で使えそうなヤツを選んで大人のパーティをやらせてるんだ。
知ってるだろ、女をマンションの一室に待機させて客の相手をする本番風俗。あれはね、不特定を相手にやれば非合法だけど会員の極秘パーティってことにすりやグレーゾーンなわけ。
ただ、いくら不細工でも、AV女優をやりたがってる女がすんなり本番風俗をやるとは言わんわな。やっぱり背中を押してやる必要がある。
コツは、交際クラブのときと一緒。女を呼び出して

「審査の結果、AVでは採用できないという結論になりました。この世界も不況ですから、飯島愛ぐらい華がないと難しいんですよ」

なんて説明した後、実は、こういう仕事もあるんですけどって薦めるわけ。場合によっちゃ、サクラを呼んで景気のいいこと言わせてもいいし。
うちのパーティはヤっておしまいじゃないから、客とメシ食いに行ったりプレゼント買ってもらったりするヤシはいっぱいいるわけ。それを大げさに聞かせりや、まず転ぶな。
パーティもノウハウ的には交際クラブと一緒でさ、普通にやりや相場1万5千からせいぜい2万のところ、『VIP会員限定』にして1回5万取る。
不細工な女をあてがってVIPもねぇと思うだろうけど、客を選びやいいの。狙いは50代の金を持ってるジジイ。あの世代ってのは遊び慣れてる連中もいるけど、若いころから地道に働いて楽しい思いもず成功したじいさんも多いんだ。

これもある種の名簿を買ってさ、
「VIPな方だけの限定パーティ」
なんてDM出しやホイホイ連絡してくるよ。じいさんたちにゃ顔の造作は関係ない。若い女とヤれるってことが嬉しいんだからさ。
ただね、うちのパーティはよそとちょっと違う。じいさん連中はどんなに頑張ってもヤれるのは1発だろ、それで5万はさすがに高いからな。

「あのコ、今日、入ったばかりで狙い目ですよ」なんてカップリングして、外でデートさせんのよ◎
まあジジイ版交際クラブってとこだけどさ、若いときに遊んでないじいさんたちは、簡単に女にハマつちやうね。
70過ぎのじいさんと駆け落ちした人妻が…

実入りとしちゃ悪くない。でも、このパーティの本当の目的は別のとこにあるんだ。
じいさんはさ、いくら金持ちでも限界あるだろ。浪費してるのを子供や家族に見つかったり、健康が続かなかったりで、3カ月も通えば姿を見せなくなるんだな。
だから、そろそろ危ないなってヤシから最後にまとまった金を引っ張るんだ。
例えばさ、じいさんが女とデートしてるとこに若いのを行かせる。
で、女の友人に成り済まして問いつめさせるわけ。
「あれ、トモちゃんこの人誰だよ。旦那が愚痴ってたぞ。お前が最近、外に出てばかりいるのは浮気してんじゃないかって。ホントだったのか」
もちろん女にも「ごめんなさい」
なんて言いながら泣き真似させるんだけど、ウロたえるのがじいさんだよ。大きな声を出したり「お前の家に行って話を付けよう」なんて言えばすぐに金の話を持ち出してくるからね。
いや、そんなバカ高い額じゃないよ。いきなり500万出してきた私立学校の理事長もいたけど、相場は100〜300ってとこ。
あんまりふっかけて警察に駆け込まれてもコトだしな。
で、100もらったら10万は女にやる。これで女は、俄然やる気になるんだ。中にはせっせとじいさんにこび売って、自分でお膳立てするのもいるぐらいだからな。
ただ男と女のことだから、思いがけないこともあってさ。実は去年の暮れ、60過ぎのじいさんと32才の人妻が駆け落ちしたんだ。奥さんを亡くしたばかりのじいさんに同情したんだと思うけど、女が旦那と別れて、じいさんと暮らし始めちゃったんだかりビックリだよ。それっきり音沙汰もなくなってさ。

そしたらその女から電話が来たんだ。「またお仕事できますか」って。じいさん、ポックリ逝っちまったらしい。籍を入れてなかったから財産ももらえず、行くところもないって雷話口で泣いてんの。それがいまじゃ、うちの稼ぎ頭だよ。

「やっぱり最後に頼りになるのはお金ですね」

なんて言いながら、バンバンじいさんたちを手玉に取ってる。まったく女は強いよな。
女にも稼がせ、自分たちも儲けるこのシステムで、中村氏のグループには年に数億の金が転がり込むという。

「金がほしい女のコは、うちに来てごらん。それなりの稼ぎ方を教えてやるからさ」