出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ホストへの売り掛けツケが払えない・回収取り立ても値切り交渉は私にお任せ

f:id:torivian:20190530081409p:plain

新宿歌舞伎町、昼下がりの喫茶店。とあるキャバクラ経営者から紹介され話を聞くことになった高杉氏(仮名)は、アイスコーヒーをー口だけ飲むと速射砲のようにまくしたてた。端正な顔だちに暑い最中ビシッと着こなしたスーツ。少しあか抜けないスポーツタイプのリュックサックを除けば、まんまホスト。この男が生業とする「値切り取り屋」とは、果たしてどんな仕事なのだろうか。
スカウトしたキャバ嬢が泣きついてきた俺が小岩でスナックのボーイになったのが26才のときだから今から3年前。

前から一度水商売をやりたいなって思ってたんだ。勤めて3カ月ぐらいたったころ、ママにツケの取り立てを頼まれてね。まあこれもいい経験かなって引き受けることにしたのよ。けど、へタにキツイ追い込みかたら、脅迫になっちゃうかもしれないじゃん。で、まずは六法全書の項目を頭の中に叩き込んだのね。
そしたら、才能があったんだろな、自分でも驚くほどうまくいってさ。ホントはこっちが泣くところだからって、ママもたんまりチップをくれる。40万の借金を回収して半額もらったときはさすがにうれしかった。けどその半年ほと後に、ママと些細なことでケンカして店を辞めてね、今度は歌舞伎町のスカウトマンになったんだ。路上で女を引っかけてキャバクラとかヘルスに送り込むっていう、ご存知の仕事だよ。うん。ここでも結構稼いでたな。どうだろ、月に50はもらってたんじゃないの。なんせ口は上手い方だからさ。

で、ある日、いつもみたいにスカウト通りでキャッチしてると、自分かキャバクラに放り込んだ女が電話をかけてきて、こう言うんだよ。

「ねえ、ホストクラブに40万のツケがあるんだけど、どうしても10万都合がつかないの。貸してくれない?」

ナニ寝ぽけてんだって思ったけど、とりあえず話だけは付き合ってやると、このコ、男への熱がすっかり冷めちゃっててさ。もう縁を切りたいってシクシク泣き出すんだよね。

実際、そのホストもえらくマヌケでさ。優しくしてりゃスンナリ払うものを、バックをちらつかせたり、強引にレディースローンに行かせようとしたりで、もう脅迫同然なわけ。で、言ってやったんだ。

「そりゃひでえなあ。なんだったら俺が30万に値切ってきてやろうか」って。女は喜んで30万持ってきたよ。ま、こんなモメことタダで解決してやろうってんだから当然だわな。親切心?そんなワケねえだろ。ああ、こりゃ金になるなってピンときたのさ。
テレコと六法全書を相手の目の前にドンと

ここでホストの世界について少し説明をしておこう。まずホストの給料は完全な歩合制である。例えば、女が100万使えば50万、200万なら100万と、客の使う額に比例して収入があがっていく仕組みだ。ただし、ツケは、店に対してのものではなく、あくまで本人の持ち出し。つまり、女が金を払わなければ、収人が一転して借金に変わってしまう。加えて、このツケの回収も、個人。ホストが、取り立てに必死になるのは当然だろう。
次の日の昼、約束の喫茶店に行くと、口ンゲでスーツ姿のいかにもな野郎が待っててさ。血の気多そうなんだ。けど、こういっホストはやりやすい。まず席についたら一発こうかましてやんのね。

「オニーサン、タバコー本もらえる?」相手はアッケに取られるけど、それが狙い。交渉ごとを有利に進めるのにハッタリは重要だからさ。そうしておいて、

「実は××ちゃんが別れたがってるんだよね」って切り出す。

もちろん、相手は「フザけんじゃねえ」って突っぱねてくるよ。大金が絡んでるんだし、「はいそうですか」なんて具合にいくわけない。俺の狙いはずばり、男に「脅迫」してもらうことなんだ。

「タダじゃ済まねえぞ」でも「殺すぞ」でも何でもいい、とにかく法律上アウトのことばをもらさせたいわけ。どう言わせるのかって。簡単簡単。こんな調子でからかってやりゃいいんだ。

「オニーさん力ッコイイね」「…テメエ、ナメてんのか」「ワッ、怖いなあ」「・・やっぱナメてんだろ」「そんなつもりじゃないッすよ。やだなあニラんじゃって」「…」実際、そいつも「テメ工、事務所来いー」って一言がすぐ飛び出したもん。こうなりゃ、もう勝ったも同然だよ。

「あ、オニーサン、今、確かに言ったね。それどういっことかわかる?立派な脅迫なんだよね」

会話を隠し録りしたテレコと六法全書のコピーを目の前にドンと置いて、「じゃあ、警察行こうか」って(笑)。早い話、揚げ足取りだけど、これが一番効果的なんだ。ま、それでもこの段階だとまだ向こうも突っ張ってくるよ。すぐにイモ引いちゃメンツ丸潰れだし、単なるオドシだろって気持ちもあるだろうしね。で、こう言ってやるの。

「この件はオタクの代表(経営者)も知ってんの?とりあえず代表さんも交えて話しようか」

ホストの世界じゃ、取り立て上のトラブルは御法度。ましてや俺みたいなのがねじ込めば即クビだかりさ。まず間違いなく「わかりました。別れます」って展開になる。それから「アンタ、本当は臭いメシを食うところだったんだぜ。10万やるから手を引きなよ」って切り出せば相手も従うしかないだろう。

で、最後に「もう2度と彼女には近づかない」って念書を取って終わり。たった30分で20万だよ。な、オイシイだろ。
最後は女が逆ギレして「金ぐらいあるわよ」
しかし、彼が変わっていたのはここからだった。何とこの男、今しがたハメたホストとキャバクラをハシゴしたというのである。いったいどういうことなのか。

「ホストってのは客の女が飛んだら痛いわけじゃない。そんなとき多少手間賃はかかっても、俺みたいな男に取り立てを頼みたいはずだろ。伸良くなっといてソンはないじゃん」

つまり、女性側とホスト側の依頼を両方とも受けようというわけか。まるでカメレオンのようだが、果たしてそんなにうまくいくものだろうか。自分がしてやられた人間に仕事を依頼するとはどうにも考えにくい。理屈はそうだよね。でも、ヤツらだって子供じゃないからね。

「コイツは使えるって思えば感情は二の次だから」

実際、その読みは間違っていなかった。2週間もしないうち、例のホストから、仕事の依頼が入ったのだ。
取り立ての相手は池袋の22才の性感マッサージ嬢。ツケの金額は55万だったかな。何でもその女、朝までドンチャン騒ぎしまくった揚げ句、

「寝ている間に勝手にボトル下ろされた」「払いたくない」とかゴネたらしくて。きっと急に金がもったいなくなったんだろな。ラッキーだったのは、コイツが

「ケツ持ちがいる」とかって吹いてたこと。前と同じようにテレコで録音して「脅迫」だって言えばいいだけでしょ。仮にホントにバックがいても、正当な要求なら手は出せないしね。このときの俺の手数料は30万だったかな。ほとんどボッタクリだけど、自分じゃ一銭も取れない金なんだからホストも納得するしかないよね。

女は、池袋の喫茶店に呼び出した。ホストも同席させて、俺が店の金庫番だってストーリーにしたんだ。で、まず

「こんな仕事してるんだからお金ないわけないでしょ。払ってくれないと困っちゃうんだよなあ」って切り出したら、すぐに「バック」だの「ヤクザ」だのってわめき始めてさ。もうシメシメって感じだったんだけど、いくら脅迫罪になるって説明しても、

「それがどうしたの」って涼しい顔なの。そこで仕方なくこういつ作戦に切り替えたんだ。

「じゃあ、店の払いはコイツに立て替えさせるから、ヤツの名義で借用書を書いてやってよ。それなら後はあんたとコイツ個人の問題でしょ」もちろんそんな借用書、書くはずないよ。でもそれで全然構わないの。大切なのはその場に引き留めておく口実を作ることなんだ。なんせ場所は人目の多い喫茶店でしょ。

そんなとこで男2人から「借用書書け」だの「じゃあレディースローン行こうか」だのって大声で迫られたら、恥ずかしいに決まってるじゃん。要するに、相手のプライトを壊してやろうって寸法だよ。実際、この女、顔を真っ赤にして何度も帰るーって叫んでたよ。けど「話終わるまで帰らせないよ」って引き留めてさ。こっちは2人なんだし、逃げられるわけないだろ。3時間ぐらい粘ったかなあ、結局、女の方が逆切れして「お金ぐらいあるわよー」って銀行に直行。55万耳揃えて払ってくれたよ。

人脈を作るためホストクラブに入店本格的にこの商売を始めようと思ったのはそれから。なんせ歌舞伎町中のホストクラブで毎日似たようなトラブルが起こってるわけでしょ。仕事はいくらでもありそうじゃん。問題は、どうやって仕事を引っ張るか。まず女側からいけば、本人が飲み代を踏み倒す気になってくれなきゃどうしようもない。とても定期的に仕事が入ってくるとは思えないよね。

一方、ホスト側は、毎月必ずー人や2人は金を出し渋る女を抱えてるみたいなんだよ。どっちをメインに据えればいいかは明らかでしょ。で、俺は人脈作りのために、あるホストクラブに入店することにしたんだ。肩書きは"チーフ"ってずいぶん偉そうだけど、要はコックだよ。

あ、これでも俺、フランス料理を学んでるからさ。ただ、このチーフってのは、単に料理を作るだけじゃなくて、女の子の接客やキャッチもやれば、ホスト連中の相談役みたいなこともするのね。連中と仲良くなるにはベストなポジションでしょ。仕事を一生懸命やるうち、ホストにも信頼がついて、そのうち、踏み倒しの相談なんかもされるようになったの。

で、「じゃあ、俺かかわりに取り立ててやろうか」ってフッておいたら、入店2カ月目かな、月200万ぐらい稼ぐ店のナンバー5かり依頼がきたんだ。相手の女はやっばりヘルス嬢で、67万もツケがあるのに連絡がつかなくなった、何とかしてくれって。ホストの方も、この月が誕生日でさ。

キャバクラと同じで、"誕生日"のある月は指名客がばんばんきて忙しいんだよね。つまり、自分で取り立ててるヒマがないわけ。その女、店の寮に住んでる上に、名前も源氏名しかわからないらしいのよ。あ、こりゃ逃げてるかなとも思ったんだけど、とりあえず引き受けることにしたんだ。
残高照会の明細書で名前がバレるとは思うまい

f:id:torivian:20190530080952p:plain

とりあえず、その女の住む寮に行ってみると、部屋の灯りが落ちててね。

「こんにちわー」って大声で叫んでも返事かない。仕方ないから、ホストに借りたスペアキーを使って中に上がり込んだんだ。女はしっかり部屋にいたよ。頭かり布団かぶって「具合が悪くて寝てた」って。スペアキー渡しといて居留守使うなんざ馬鹿もいいとこでしょ。で、まずは、あなたがお金を払わないと彼の借金になっちゃうんだよ、可哀想でしょってストレートに攻めてみたの。ホストへの気持ちが残ってりゃそこにつけ込むのか一番だからね。

そしたら女は、「今は銀行にお金がないから明日まで待ってくれ」って言うわけ。サラ金に行かせようとしても、「身分証明書は持ってない」の一点張り。それかり2時間ぐらい話したかなあ、どうせ金がないなんてウソだろって銀行まで引っ張っていくと、ホントに104円。さすがにこりゃ出直すしかないかなって思うじゃない。けどその女、残高照会の紙を俺に渡す瞬間、ホッとしたような顔したんだよね。そのとき、ああ、コイツ、名前知られたくないんだなってピンと来たの。

自分で見てもらえばわかるけど、残高照会の紙には名前までは書いてないのよ。きっとこの女、それを見てたんだよね。風俗の女が本名を隠したがる理由なんてーつしかなんだ。そう。親バレ。

ならそこにつけ込みゃいいだけのことじゃん。もちろん、キャッシュカードを取り上げれば銀行口座の名前はすぐわかるよ。でもそれは得策じゃない。やっばりもう少し効果的にやらないと。こういうときはまず女にホストの名前で借用書を切らせるの。向こうにすりゃ、偽名を書けばいいだけだから、いやがるわけがない。で、書かせたものを眺めながらこう言うんだ。

「あれ、あなた××さんって名前でしょ。困るなあ、本名書いてくれなくちゃ」

その女、体が固まってたよ。え?なんでバレてんの?って。実はさ、残高照会の紙には力ードの名前が裏打ちされるんだよね。普通の人間は気つきもしないけど、よーく目を凝らせば見えるんだ。まさか女も、本名での借用書は書けませんとは言えないだろ。こうして正規の借用書を手に入れた後、

「もしも明日までに払ってもらえなかったら、ご両親のところに行くしかないからね」って迫ればまず間違いなく落ちる。実際その女も、サイフから別のキャッシュカードを取り出したよ。
ヤクザに拉致されるも説教だけで無事解放

半年後、彼のもとにはホストからの依頼が殺到する。これもたゆまぬ営業努力のたまものだろう。

「ただ、俺に頼んでくるホストは全員ナンバー5以下なのよ。ナンバーワン、ナンバーツーなんて連中は太い女をガッチリ捕まえてるからね。取りたてる金額も50万、60万ぐらいがほとんどで、報酬もその2割程度のもんだよ」

それでも、月収は200万を下らないというから驚きだ。果たして、成功の秘訣はどこにあるのだろうか。
この商売のコツはね、依頼を引き受ける前に事情をしっかり聞くことなんだ。例えば、ホスト側が値段の説明もせずに高いボトル下ろしちゃったとするでしょ。で、女の子がゴネてると。こんな仕事は絶対に断る。だってさ、これとう考えてもホストの方が悪いよ。女の子も自分に非がなきゃ金なんか簡単には払わないしね。

あとは、相手を風俗嬢とかキャバ嬢に絞ること。もともと金を持ってる女なら回収もラクだからね。実際、取り立てに失敗したことは一度もないもん。失敗っていったら、ヤクザに粒致されたことぐらいかな。

去年の春、路上でキャッチしてたら、ヤクザ風の男2人に「ちょっとツラかせよ」ってバンに乗せられたんだ。車の中には若い女がいてさ、「私のこと覚えてる?」って笑うのよ。よく見りゃ、3カ月ぐらい前に150万取り立てたヤツなんだ。いやあ、さすがの俺も冷や汗が出たね。
けど、ー時間ぐらい説教された後、「てめえもうこんなマネするんじゃねえぞ」の一言で解放してもらえて。警察の目が厳しいこのご時世じゃヤクザも素人には手を出しにくいのかもしれないね。
18のコに酒飲ませちゃマズイでしよ
ホスト側の取り立ての話ばっかしてるけと、どうだろ、依頼は半々ぐらい、いや、むしろ女側の方が多いかな。ていうのも女の子の場合、ほとんど純粋な被害者だから、断るケースが少ないんだよね。

例えば、一番最近だと、10日ほど前に、某キャバクラの支配人からこんな依頼があったのね。「ーカ月前に入った18のコかホストに引っかけられちゃったんだよ。どうにかならないかな」そのコ、「ー万円で飲めるから」って言われてフラフラ付いて行ったら、ドンペリだの船の形したブランデーだのを空けられちゃったんだって。で、払いか90万。もう、バカでしょ。でさ、その子ってのかムチャクチャ可愛いわけよ。支配人にしてみりゃ、そんな金の卵をホストなんかにツブされた日にゃタマッたもんじゃないじゃない。

で、まずはホストクラブに

「私、××ちゃんが勤めてる〇〇って店の者なんですが、ちょっとお金の件でご相談がありまして」って電話を入れて、向こうの店まで行ったんだ。

相手のホストは、「ナンだこの野郎テメ工んとこはどこがケツ持ちだー」なんて強気だったけど、そんなの関係ないの。こう言や一発なんだから。

「いや、ウチにはケツ持ちなんかいませんよ。でもね、いなくったってかまわないんだ。何でかわかります?あの子18才なんだよね。未成年に酒飲ませちゃマズイんじゃないの」

案の定、サッとホストの顔が青さめたよ。実は彼女、彼氏には見栄張ってハタチって言ってたんだよね。ホストが女子高生を連れ込んで摘発されてるこのご時世、未成年に飲ませたってことになれば100パーセント営業停止だからね。ハナから勝ちが決まってたようなもんなのよ。あとはその店の代表を呼んで、「今後この人とは一切かかわりを
もちません」って念書と運転免許証のコピーを取って90万がチャラ。楽な仕事でしょ。もちろん、そのあとは例によってこの代表と飲みに行ったよ。ま、今回はこんなことになりましたけどオイシイ話があったら回してくださいよって。やっば営業も忘れないようにしないと。キャバクラの支配人には6万円の謝礼もらったのかな。少ないと、思うかもしれないけど、義理を売っておいた方がいい場合もあるからね。