出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

高嶺の花の職業スチュワーデスを口説きたい

今までいろんな職業の女をナンパしてきた。バスガイド、受付嬢を狙い撃ちしたこともあれば、ひっかけたコがたまたま看護婦や教師、時には風俗嬢や元プロレスラーだったというケースもある。たいていの職業は制したつもりではある。が、一つだけまだ達成できていない相手がいる。スチュワーデスだ。美人が多く、手が届きにくい。それゆえ、今も高嶺の花というイメージが消えないスッチー。世のなかの男たちが一度はヤッてみたい女の最上位にランクされる職業だろう。今回は、そんな世の男性の憧れの女を落としてみたい。
それにしても、ここまでスチュワーデスがもてはやされるのは日本くらいのものだろう。個人的には、そんなにたいした仕事とも思えない。バカのくせにプライドだけ高い虚栄心の強い女。それが俺個入のスッチー観だ。
ひがみ、やっかみはあるだろう。が、AVのスッチー物にレイプやSMというシチュエーションが多いことからもわかるように、世の男性は、スッチーに憧れると同時に、そんな屈折した感情も持ち合わせているに違いない。さて、いったいどうすればスチュワーデスと知りあうことができるのか。仕事柄めったに飛行機は使わないので、機内でアプローチすることはまず不可能だ。とはいえ、フライト以外でスッチーがどんな行動をとるのかはわからない。彼女らの行動パターンがわかればアプローチの方法も考えられるのだが・・

あれこれ考える前にとりあえず空港に行くことにした。勝算はないが、ここならスッチーと接触できる機会があるかもしれない。伊丹空港。以前、訪れたのはいつだろうか。国内線専用の空港に変わり、外国人や海外旅行客らしい人の姿はほとんどいない。当然、ここで出会えるのも国内線のスッチーだけだ。まず、俺は空港内のカフェラウンジに目を付けた。

空港での待機時間などの際、スッチーによっては一般客が利用するカフェを使っこともあるだろう。6、7軒あるカフェをーつーつ覗いてみたところ、その内の1軒にスッチーらしき制服姿を発見(もしかしたらグランドホステスかもしれないが)。さっそく中に入り、近くの席に腰かけた。薄紫のジャケットに黒のタイトスカート、首にはスカーフ。どこの航空会社だろう。

2人ともそこそこのレベルである。声をかけたいが、さすがに店内では難しい。俺は適当なところで切り上げ、外へ出た。この後もカフェやレストランから出てくるスッチーに何組か遭遇した。特にカフェを利用していたのが、黄色い制服が異様に目立つスカイマークのスッチー。ペチャクチャしゃべりながら歩いている姿は普通のOLみたいでちょとがっかりだ。
結局、空港内では声をかけることができず、駐車場に戻る。と、その途中、加藤あいに似た美人が柱にもたれ立っていた。スカートに白いブラウス姿。キャリーバッグを持ってることからしてスッチーか。近付いてみると、バッグにANAのマークを発見。全日空のスチュワーデスだー俺は思わず声をかけた。

「タクシーを待ってるんですか。よかったら送りましょか」

「車が参りますので結構です」

丁寧に、でも冷たくあしらわれる。ま、予想どおりの反応だ。しかし、このとき俺は初めて感じた。美人スッチーとマジでヤッてみたい
大阪の定宿はTホテル。近くの屋台が行きつけ
どうしたらスッチーとお近づきになれるだろう。空港でのアプローチが難しいとなると、誰かに紹介してもらうしかないか。もっとも、俺の知り合いで航空会社に勤めている人間はいない。
ならば、少しでもこの業界に関して知識が豊富なヤツはいないか。そう思いながら住所録をめくると、いたいた、大学の同級生小林だ。あいつの勤め先は某旅行代理店。おそらくスチュワーデス事情についても、俺より遥かに詳しいに違いない。半年ぶりに小林を飲みに誘い、近況報告を終えた後、それとなく話をふってみた。

「おまえやったら、スッチーの知り合いも多いんやろ」

「そらそうや。いや、実はオレ、ちょっとだけスッチーと付き合ったことあんねん」「えーー初耳やで。どうやって知り合ったん?」
「合コンや合コン。うちの社員とスッチーで合コンしたんや」

何でも小林がまだ独身のころ、同僚にスッチーと付き合っている男がいて、そのツテで合コンしたことがあるらしい。小林はそのうちのー人と2、3カ月つき合ったのだが、プライドの高さが鼻につき別れたのだという。
「ええなあ、スッチーとやったヤツってそんなおれへんで」
「…キスまでしかしてへんねん」
えっ、やってない。それで付き合ってたっていうなよ。別れたというのも、どうせ相手にフラれたんやろ。
「今はスッチーとコネないんか」「ないなあ」
「何か、スッチーがよく行く店レか知らんか」「おまえ、なんでそんなこと聞くねん?」
「いや、俺もスッチーと知り合いになりたいねん」

不審がりつつも、小林は次のような情報をくれた。
★某大手航空会社の札幌→大阪最終便のスッチーは北区のTホテル加を常宿にしており、すぐ近くの屋台で食事をとることが多い。

★同じくTホテルの地下のバーには寝る前に一杯やる為にスッチーがやってくる。早い話が昔、小林が付き合っていたスッチーが、たまたまそういう行動を取っていただけで、いま使えるネタかどうかはわからない。が、俺は、とりあえず確認を取ることにした。
ホテルのバーで2人連れを発見したが
5月中頃、午後9時過ぎ、Tホテル近くの「S」という屋台に足を運ぶ。9時過ぎに行ったのは、小林の情報から、スッチーがホテルにチェックインし、食事に行く時刻がちょうどそれくらいだと聞いていたからだ。この時間帯、Sは結構整露しており、人りきれない客が通りに並べられた椅子に腰かけている。が、そのほとんどがサラリーマン風。スッチーらしき女性客の姿はどこにもない。ビールとつまみを何口叩か注文し、様子を伺ってみた。1時間。それっぽい女は現れない。
今日はムリか。俺は10時半を回ったあたりで、勘定をすませ店を出た。小林の情報どおり、スッチーがこの屋台をよく使っていたとしても、あくまで7、8年前の話。今は行動パターンが様変わりしているのかもしれない。一度来ただけで結論づけるのは早いが、いずれにせよ期待はできなさそうだ。

この後、俺はTホテルの地下のバーに向かった。こちらも期待薄だが、確認しておく必要はあるだろ、つ。待ち合わせのふりをしながらバーの中を見回る。と、いたいた・一番奥の席に2人づれの女性客が座っているではないか。制服を着ているわけではないので断言できないが、ルックスからしてスッチーの可能性は大きい。

生憎、彼女たちのすぐ近くの席は空いておらず、少し離れた位置からチラチラ様子をうかがう。結構飲んでいるのか、2人はかなりご機嫌な様子だ。さて、どうする。スッチーであるとの確認はないが、声をかけてみるか。しかし、ホテルのバーで相手は2人、俺は1人。状況はかなり不利だ。ここを出て、もう1件別の店にでも行ってくれたら、声もかけやすいのだが・・

しかし、2人はいつまでたっても席をたたなかった。時間はすでに深夜12時。これ以上粘っても厳しそうだ。俺はあきらめ店を出た。ちなみに、その後、何度か屋台の前を通ってみたが、スッチーらしき女性とは遭遇できなかった。
「結婚してるのにどうして誘ったの」
6月の始め、あきらめモードの俺にラッキーな申し出があった。社会人の交流会というか、ねるとんパーティーのような飲み会に誘われたのだが、そこに現役スッチーが来るというのだ。またとない、チャンス到来である。待ちに待ったその日、会場となったミナミのパブには、男女合わせて40名ほどが集まっていた。お目当てのスッチーらしき女性は3人組。男が群がるように、彼女らのテーブルを囲んでいる。そこに強引に割り込んで行くのは得策じゃない。しばらく様子を伺うことにしよう。30分ほどたって、1人がトイレに向かった。あまり酒に強くないのか、顔が真っ赤。ここがチャンス。俺はトイレから戻ってきた彼女に近づいた。

「どうも、こんにちは」「はじめまして」「お酒、大丈夫?」

「すぐに真っ赤っ赤になっちゃっうんで、恥ずかしいんですよ」

「お水、もらってこようか?―」「あ、すいません」

カウンターで水をもらい、2人して俺のテーブルに付く。いい展開だ。改めて聞いてみると、やはり彼女ーヒロエは某航空会社のスッチーだった。京野ことみにちょっと似て、26才という年齢より幼く見える。

「河内さんは、結婚されてるんですか」「うん、子供もいるよ」俺は正直に答えた。「じゃあ、今日はなんで来たんですか」酔いのせいか、ちょっと絡んでくる。それでも適当に話しつつ、何とか携帯が交換できたから、成果はあったと言っていい。

翌日、彼女の携帯の留守電にメッセージを入れておくと、3日ほどしてリターンがあった。脈あり。すかさず、飲みに誘う。と、これがあっさりOK。もっ落ちたも同然だろう。当日、ヒロエはハイペースで酒を飲み、ご機嫌な様子でペラペラとしゃべった。スッチーらしく、もう少しすましていてほしいが、落とすためには賛沢いうまい。なんせルックスは十分なのだから。

ところで、彼女によれば、スッチーはもてると思われがちだが、勤務が不規則なため出会いの機会は少なく、オフの際は合コンに精を出すコも多いらしい。

「仕事もハードやし、人が思うほど華やかなとこもないんですよ」

それでも辞めずに続けているのは、自分たちは選ばれた女性だという意識があるからだろうか。明日はスタンバイなのであまり遅くなれない、とヒロエが言う。

「そしたら、ここはもう切り上げて、もう1軒だけ行こうか」
2軒目の店でカクテルを2杯ずつ飲む。もっ大丈夫だろ、2店を出て、そのままホテルに誘ったら、案の定すんなり付いてきた。楽勝やんけーと、思ったのは少しの時間だけだった。部屋に入り、抱きしめてキスをしようとするとヒロエ突然泣き出したのだ。「河内さん、どうして私を誘ったの?」

「どうしてって言われても・・」

「結婚してるのになんでなん?」

今さらそんなことを言われても困る。俺はもうヤル気満々なんや。そこで、必死になだめつつエッチにもちこもうとするのだが、身体に触れるとまた怒りだす。タチの悪い酒だ。結局、30分ほど同じことを繰り返していたら、すっかりヤル気が失せてしまった。「エッチしたいだけなんでしょ」「そや」

「私のこと、好きとかそんなんじゃないんでしょ」

「したいという意味では好きなんかなあ」

「そんなん、最低」

最低と言われれば、そうですと帰るしかない。そんならおまえもホテルに付いて来んなよと言いたい気持ちをおさえ、結局なにもせずホテルを出た。次の日、ヒロエから携帯の留守電に「昨日はごめんなさい」とメッセージが入っていた。一瞬、返事しようと思ったが、やっぱり止めにした。もしうまくいっても、彼女はその後が大変そうだ。

さしたる成果も得られないまま、6月も後半になった。結局俺の願望は達成できないのか。そんなある夜、仕事帰りに例の屋台5の前を通りかかったところ、2人組の女性が座っているのに気づいた。両方とも背は高めで、標準語。スッチーか?俺は、迷わず隣の席に腰かけた。会話に聞き耳をたててみる。が、その中身からは判断が付かない。見た目はOL風だし、やはりスッチーとは、寧っのか。しばらくたって、2人の会話が途切れた。今だ

「東京から来られたんですか?」「ええ」
「仕事で?」「そうなんです」「わかった、スチュワーデスと違います?」「え?そう見えますか」

否定も肯定もしない2人。あまりしつこく聞いてもいやらしい。話題を変えよう。

「よかったら一緒にもう1件行きません?いい店知ってますから」

「でも、この後、友だちと会うことになってますから」

詳しく聞くと、相手は片方のボーイフレンドらしい。

「じゃあ、君はおじゃま虫やで。彼と2人にしてあげて、君は俺と飲みにいこ」

「邪魔じゃないんです。3人で行くことになってるから」

そう来るか。しかし、俺はなおもしつこく食い下がった。だって、彼氏がいる方は2人になりたいに決まってるし、いないほうもデートに付き合わされて楽しいワケがない。粘ること15分。ついに、彼氏がいない方ー千春をショットバーへ誘い出すことに成功した。背は165センチぐらいか。ぺイズリー柄のピンクのワンピースに生足という出で立ちだが、制服を着て、髪の毛をまとめればかなり雰囲気は変わるだろう。店で大いに盛り上がった後、すんなりラブホテルにチェックイン。全度こそ間違いない。裸になった千春は、胸こそ小振りだがなかなかのプロポーションだった。が、なにより驚きだったのが、この女、かなりスキモノだったのである。ホテルの部屋で売っているバイブを一度使ってみたいとおねだりし、ヤッてる最中に自分でクリトリスに当てているのだ。

これが驚かずにいられるか。しかし、そこで改めて疑問が浮上してきた。この女、ホンマにスッチーなんか。考えてみれば、2軒目のショットバーでも、自分がスチュワーデスだとは、ひとことも言わなかったのだ。どうなんやろ。おまえは本当にスッチーなんか。今さら違うと言われても困る。頼む。頼むから、スッチーであってくれ。結局、俺は制服姿の千春が機上でサービスしている姿を想像しながらイッた。