出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

取引先の担当者がスタイルは抜群でグラビアアイドル並み

夏目三久似のプチ整形美人の知子と、思ったよりもすんなりヤルことに成功した。向こうにされなかった男が、嬉しそうに尻尾を振って自分を口説いてきたのだから。
近所の目もあるので彼女を1本早い電車に乗せ、先に帰した。電車の中から、スッキリと楽しそうな表情で俺に手を振っている。
エロくて気持ちいいいセックスだったが、さすがに近所すぎるし、知子とは1回こっきりで終わりにしよう。彼女はどこか異性に対するアプローチが俺と似たもの同士だし、後腐れもないだろう。
さあ、次はどんな女をターゲットにしようか。よし、ここは原点に帰ろう
ここ最近のターゲットは、同じマンションに住む美人アスリート妻の渡瀬さん、スポーツクラブのヨガインストラクターKEIKO先生、そして近所に住む知子と、リスクや難易度が高い女ばかりだった。もちろんヤッて達成感を感じ、興奮する女を追い求めていくと、刺激を求めてよりハイレベルでリスキーなターゲットになってしまうのだが、それがときどききついと感じるときがある。それに、嫁さんや近所にバレるってことだけは絶対に避けないといけないしなぁ。
当初は、45才の俺が肩ひじ張らずに日常の中で出会う、ついムラムラとやりたくなった女をゆるーく口説いていこうという想いで始めたはずだ。
そんなことを考えながら昼休みに会社近くの銀行に行ったとき、30代半ばの地味で真面目そうな女性行員がしゃがんでパンフレットの入れ替えをしていた。むっちりとした脚が割れ、太腿の奥が見える。パンスト越しのレースのピンクの下着がエロい。地味な銀行員だけにかえってエロく感じる。この真面目な女が、エッチのときにはどんな風に乱れるんだろうと想像すると興奮してきた。そうそう、こんな感じ。日常の中にもエロい女、エロい瞬間はいっぱいあるはずだ。よし、ここは原点に返り、日常生活で俺がエロく感じ、ヤリたいって思う女をターゲットにしていこう。とりあえず、日常で俺がヤリたいと思う女、どれくらいいるんだろうか。朝出勤するときから意識してチェックしてみる。
①通勤電車でよく見かける30代OLらしき女性。知的でクールな印象だが、実はドMなんじゃないかって妄想してしまう。こんな女性の火が付く瞬間を見てみたい。
②会社の後輩。
20代後半の巨乳の人妻で、むっちりとした身体がエロい。オフィスの机の上でヤることを想像し、何度も視姦してしまった。
③昼休みに行ったコンビニのバイト。
30才前後でおそらく主婦。いつも両手で優しく挟むようにお釣りを渡されるのだが、握り返したい衝動に駆られる。この柔らかい手で、俺のムスコも優しく包んでほしい。
④取引先の担当者。
30才で独身。顔はたいしたことないが、スタイルは抜群でグラビアアイドル並み。本人もそれはよくわかっていて、身体の線を強調した服やミニスカートが多い。バックからぶち込みたい。
⑤取引先に連れて行ってもらった新地のクラブのママ。おそらく40代で、和装が似合い、岩下志麻みたいな雰囲気。着物姿のママとしっぽり乱れてみたい。結構な数いるもんや。っていうか、まるでさかった犬みたいだ。
実は彼女たち以外にも気になる女性が一人いる。実は、まだ会ったこともないのが…。以前に、少し遠くにあるショッピングセンターに行ったときのことだ。母の日の企画で、子供が描いたお母さんの絵が数多く貼りだしてあった。 特に興味がないので素通りしようとした時、1枚の絵が俺の目に留まった。
「めっちゃタイプやん」
凛とした目力がある綺麗な瞳。きれいな形の唇。優しくウェーブした髪。小学生の絵ではあるが、色鉛筆で描かれた母親の顔はまさに俺の好みのタイプ、ドンピシャだった。思わず写メを撮り、家に帰ってからも何度も見返してしまう。
もちろん、小学生が描いた絵だし、本当の母親の顔が俺のタイプだとは限らない。でも、気になって仕方がない。彼女に会ってみたい。
手掛かりは、絵の下に書いてあった息子の名前と年齢だけだ。ネットで検索してみると、同姓同名の名前がヒットした。住所、年齢からも同一人物の可能性が高い。ネットでヒットしたその記事は、絵画展の入選者の名前一覧だった。やっぱり絵がうまいんや。俄然俺の期待は高まり、会いたい気持ちが募る。
会ってもいないので、まだヤリたいとまではいかないが、追いかけていきたい女であることは間違いない。