出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

親の病気で会社を辞めるので遠距離恋愛になる

会社を辞めることにした。大阪の父親の病気がかんばしくなく、月に三度も四度も新幹線で様子を見に行くのが不可能になってきたためだ。
退職届を出したところ、少しだけ慰留はあったが、すんなり認められ、引継ぎなどを考慮して退社の運びとなった。
なので赤澤慎吾は、この秋、東京を去り、再就職先を探しながら大阪の実家で暮らすことになる。その旨を報告するため、土曜にオグを呼び出して喫茶店に入った。
「…というわけで、これからは遠距離恋愛になるんやけど」「え……」
 絶句したまま、しばらく沈黙がつづいた。
「父親のことやからしょうがないねん」
「そうですけど、急ですね…」
 事前に相談しろとでも言いたいのか。相談したところでどうこうなるもんじゃないのだが。今でもオグと会うのは月に二回ぐらいなので、それが仮に一回に減ったところで、あまり変わりないだろう。しかしオグは言う。
「自信がないんですけど」
「自信?」「はい、遠距離でやっていく自信がないです」
 たとえば1年後でも2年後でも、結婚するとか、あるいは大阪に呼び寄せて同棲するとか、そういう約束でもあるならばなんとかなるかもしれないが、無期限で遠距離恋愛と言われてもやっていく自信はないらしい。
わからなくはない。オグも30前半る続けてる場合じゃないだろう。下手に歳を食えば取り返しのつかないことになる。
結婚か…。ずっとモテなかった男が言うのもなんだが、はたしてオグと結婚するのが正解なのかどうか。オレにとっての長澤まさみは、この子なのだろうか?
これまでは二人の間で、結婚についての話題にはあえて触れずに過ごしてきたが、もう避けては通れないようだ。それにしてもオグは、このオレと結婚してもいいと思っているんだろうか。
「結婚したいと思ってくれてんの?」
「赤澤さんはどうですか?」「そりゃ、思ってなくはないけど」
歯切れの悪い返事に、オグの表情が曇る。2人は無言になった。ややあって、オグが泣きそうな顔で口を開いた。
「結婚の話が出たので、ちょっと言っておきたいんですが…」
「ああ、うん、どうぞ」
「ずっと黙ってたんですけど」
「ん?」
「親のことなんですが…」
親のこと? 東北に住んでるとかいう親か。いったい何を隠していたというのだ。オグが口ごもっている。怖いことを言うのはやめてくれよ。ヤクザとかじゃないだろうな。
「親がどうしたん?」
「実はすごい借金があるんですよ」
「え、いくらぐらい?」
「聞けないんですけど、たぶん何千万とか…」
「なんでそんなに!?」
「それも聞けないんですけど…」
 聞けない聞けないって、その親子関係っていったい何なんだ。聞けよ。
「聞けないですよ。ウチってちょっと普通の関係じゃないんで」
なんだか暗くなる話だ。なんでもその親、ときどきオグにも10 万単位の無心をしてくるほどだという。
うーーーん。これはどうなんだ。
借金まみれの家族と姻戚関係になっていいのか。いや、ちょっと待てよ。これってその借金をオレに負担せよ、という話じゃないだろうな。だとすれば、これまでの時間は、長期戦の結婚サギだったことになるが…。
 寒気がしてきた。その目的のために、婚活パーティでオレを選んだのだとすれば…。なんだか辻褄が合ってしまうところが、これまた怖い。
「えっと、その借金って、子供には返済義務はないよね?」
「ないと思います」
「じゃあ関係ないといえばないよね?」
「はい」
 ふう、結婚サギの線は消えた。
「でも結婚したらお金のことでいろいろ言ってくるかもしれませんし、それがイヤなら赤澤さんは私なんかやめたほうがいいと思います」 ま、法的に債務はないとはいえ、
ことあるごとに金を貸せと言ってくる可能性はあるだろう。
「どうですか、そんな親がいると引きますか?」
「え、ちょっと考えさせて」
 だいたい、その借金額はいくらなのか、原因は何なのか、毎日パチンコばっかりやってるのか、そのへんのことがわからなければ、何も考えようがない。
「早く決めてください。私もこの先の人生があるので」
 早く決めろって、そんなの決められるわけないだろ! 
 実はそうたいしたことではないのかもと思ってみたり、わざわざ火中の栗を拾いに行く必要もないだろと思ってみたり、コーヒーを飲みながらあれこれ悩んだがもちろん答えは出ず、とりあえず保留という形で納得してもらった。
 正直、オレの心は急速に離れていっている。
 そんな大問題を抱えたまま、父親の面倒を見るために、大阪へ。
用事を済ませたあとで、梅田の婚活パーティに参加してみた。この先、オグとどうなるにせよ、大阪に美人な彼女がいて不都合なことはなにもない。参加女性は5名のみ。可もなく不可もないその5人と順番に会話するうちに、気力がみるみる萎んでいくのが実感できた。また0から関係を築くことのハードルの高さたるや!
まず好みの女性に出会うのが第一ハードル。カップリングに成功することが第二ハードル。もしそこをクリアできても、デートを重ね、旅行に連れていき、プレゼントを渡し、あれこれを重ねに重ねて、それでも後だしジャンケンのように親の借金話を出されたら、すべてが霧散してしまう怖さよ。そんな徒労はもう勘弁だ。
ああ、いったいオレはどうすればいいんだろう。