出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いやナンパに特化したブログです。

新宿・歌舞伎町の都市伝説を調査する

歌舞伎町の散策をライフワークにしている。飲んだり抜いたり、ぼったくられたりすることまで含め、欲望が渦巻いている土地だけに、とにかく愉しくて仕方ない。
 今回は、そんなオレが気になって仕方ない、歌舞伎町の2つの噂を検証してみたい。
 一つ目は、歌舞伎町の代名詞的スポット、巨大ショーパブ『ロボットレストラン』(通称・ロボレス)にまつわる噂である。
 1年半ほど前、ロボレスの正面、『さくら通り』を挟んだ向かいのビルの地下1階に『タンクガール』というガールズバーがあったのだが、そこに飲みに行った友達がこんなことを聞いたという。
「ロボレスとタンクガールって経営母体が一緒で、掛け持ちで両方に出ている女の子もけっこういるんだって」
「へえ」
「で、そういう子たちが行き来しやすいように、ロボレスとタンクガールは地下トンネルでつながってるっぽいよ」
 そう、オレが気になっているのはこのトンネル話だ。公道であるさくら通りの地下にそんなものが!?
 にわかには信じがたいのだが…。
 その後、しばらくしてタンクガールは閉店し、現在、向かいのそのビルはロボレスのチケット売り場として使われている。もし話が本当ならば、今も地下トンネルがそのまま残っている可能性は高い。どうにかして調べられないものか?
 そこで思いついたのが、両手にL字型の針金を持って行う地中調査術、『ダウジング』である。どういう理屈かはよくわからないが、地下に構造物があると、針金(自作可能)が勝手に動くとのこと。トンネルも構造物と言えるだろうから、存在を確かめることができるはずだ。というわけで夕方5時。自作した針金を持ち、歌舞伎町にやって来た。ロボレスはすでに営業中で、入り口付近は外国人観光客で混雑している。みなさん、ちょっと脇に寄ってちょうだいな。
 通りの真ん中で針金を構える。呼び込みのスタッフが、営業の邪魔だよと言わんばかりにジロジロ見てくる。ここは公道なんだから文句を言われる筋合いはない。なんならオタクらのほうが地下道なんて掘っちゃってるわけだし。
針金に神経を集中させる。さぁ動くかな?んんん?…反応なし。つまりトンネルなし。はい、ガセでしたとさ。
 2つ目の検証に入ろう。歌舞伎町に一人の名物立ちんぼがいる。年齢は40代前半くらい。アントニオ猪木のようなシャクレ顔。毎日のように町に立っているうえ、路上で客を引くだけでなく、テレクラや出会い系も使って売春している人物だ。彼女にはこんな噂がある。「しこたま金を貯めて込んでいる。売春で稼いだ金でマンションも買っており、実は大金持ち」
いかにも繁華街の与太話っぽいが、どうなんだろう。
平日の夜10時半、出没スポットである歌舞伎町『一番街』で彼女を見かけたので、尾行してみることにした。どこに住んでいるのかわかるかもしれない。彼女は、テレクラの前をウロついたり、コンビニのフードコートでスマホをピコピコ(おそらく出会い系を)やったり。1時間ほどは、目立った動きはなし。
 動きがあったのは、23時45分ごろだ。新宿駅へ向かって歩き出した。出会い系のアポが取れたのか? あるいは帰宅かも?新宿駅までやってくると、私鉄の特急電車へ乗り込んだ。いったいどこへ向かうのだろう。つり革に掴まり、スマホをピコピコやっている。やはり行先は出会い系のアポだろうか。
それとなく後ろに回り込み、スマホの画面をのぞいてみる。
・宛先/○○自宅
・文面/これから帰ります
 メールである。そしてこの文面ってことは、帰宅の線が濃厚だが…
 誰に向けての連絡だろう。家族と一緒に住んでいるのだろうか? いや、待てよ、宛先の『○○』は苗字だし、家族のメアドをスマホに登録するときに「○○自宅」なんて名前にするだろうか?約30分後。電車を降りた場所は、付近に大学が複数ある郊外の大型駅だった。
 改札を抜けてまっすぐバス停へ。一切迷うことなく深夜バスへ乗り込んだ。何度もこの場所へ来ていることは間違いない。バスに揺られること20分。彼女が降車ボタンを押した。フェンスに囲まれたタダっ広い施設の通り沿いの、閑静な住宅街だ。バスを降りた彼女に続き、さらに尾行を継続。たどり着いたのは、2階建ての6LDKはありそうな超立派な一軒家だった。彼女は特にインターホンを押したりすることもなく、自分で玄関のドアを開けて入っていく。ここが自宅なのか? まさか売春で一戸建てを買っちゃったのか?表札に『◯◯』とあった。ここが住処であることは間違いないだろうが、やはりスマホの登録名の疑問が残る。ここは誰の家なんだろう?
 なるほど、〝パトロン〟的な人物の家なのかもしれない。売春で捕まえた金持ち男の家に住まわせてもらっているのでは?
結論。彼女が大金持ちかはわからないが、いい家には住んでいるようです。