出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

プライベートのSNSと出会い系で同じ写真を使ってる女の子

出会い系、特にエンコーの場合は、サイトに貼ってある写メがいくら可愛くても、それが本物であるという保証はどこにもない。
そこで俺はいつもグーグル画像検索を使い、写メがネットからの拾いモノでないかどうか確認している。美形写メの場合は、そのほとんどが地下アイドルや台湾人のブログ、あるいはデリヘルサイトから拾ってきたものばかりで、まったくアホらしくなるものだ。 さて、いつものようにワリキリ女の写メチェックをしていたところ、自称コスプレイヤーのプロフィールが目についた。目にモザイクがあってそこまで可愛くなさそうだが、何かソソるものがある。たまにはオタク女もいいかと、彼女のコスプレ写メを画像検索にかけたところ…。 
なんと、コスプレイヤー御用達のSNSである〝Cure〞や〝コスプレイヤーズアーカイブ〞などへの掲載写真がモザイクなしでヒットしたではないか。
これ、どういうことか?
それらSNSから拾ってきたとも考えられるが、だったらなぜこんなルックス60点くらいの写真を?
もしかするとこのワリキリちゃん、プライベートのSNSと出会い系で、無警戒にも同じ写真を使い回しているのでは。試しにアポってみると、待ち合わせ場所に現れたのはほぼ写真のままの女だった。話してみれば、警戒心ゼロなだけにさすがにバカっぽい。
さくっと2万で抱かせてもらった帰り道、当然のようにふと悪いアイデアが頭の中に浮かんだ。これ、使えるかも!もしコスプレイヤーという人種が危機感のないバカばかりだとしたら、他にも素性バレする連中がいるはずだ。エンコーしてることをSNSの友人にバラすぞと脅せば、タダマンできるのでは?それから毎日、ワリキリ募集メッセージの中にコスプレ女の写メがあるたび、画像検索にかけてSNSが出ないか調べまくったところ、ついにターゲットが見つかった。自称ロリ系の22才。顔はまぁ65点と言ったところだが確かに身体はロリっぽい。この女がCureやアーカイブ、ツイッターまで同じ写メを使っているのだ。よっぽどお気に入りの1枚なのか。さっそく個人情報をあさったところ、ツイッターの会話から、通っている学校までわかってしまった。脇が甘すぎ!すぐメールを送信する。
〈こんにちは。面倒くさいこと抜きに、3でどうですか?〉 
もちろん払うつもりはないが、ここは大金で釣るべし。 いざ待ち合わせ場所に現れたのはやはり、写真どおりの65点女だった。さっそくホテルへ入ったところで、「お金いいですか?」と切り出してくる65点ちゃん。さあ、行くぞ。
「その前にちょっといい?ちょっと気になったんだけどさぁ…これって君だよね?」
SNSのページを開いて問いかけてみたら、それだけで女の顔はみるみる青ざめていった。
「えっ…あっあのっ!お願いします!友達に言わないでください!」
勘のいいヤツだ。そんなにビビるなら、最初から同じ写真使うなよ。
「うん、まあ学校の名前もわかってるけど、誰にも言わないでおくよ。その代わりタダでヤラせてくんない?」「え…」戸惑う女だが、ノーとも言わないのでOKってことなのだろう。結果その後3時間、たっぷり楽しませてもらったのだった。こうなればもうこっちのものだ。
「今日けっこう楽しかったし、定期的に遊べればなって思ってるんだけど」
「……」
かくして、彼女は便利なセフレになった。
それからというもの、ワリキリ掲示板で、「コスプレ」や「アキバ系」などのワードで検索をかけては、出てきた写メを画像検索して獲物を探している。ちなみに同じ写真を使いまわしている女には、「漢字2文字+ひらがな3文字」という、いかにもソレっぽい名前の傾向がある。参考までに。