出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

取引先の新入社員が超可愛い

取引先の新入社員、多田さん。彼女の会社を出て帰社するまでの電車の中で、俺はずっと先ほどの笑顔を思い出しながら「たまらん可愛いなぁ、ほんまヤリたいなぁ」と思い続けていた。小柄で、アイドルタレントのような女のコだ。かなりのレベルの可愛さであることは間違いないのだが、ひと目見た瞬間に「ヤリたい!」と俺が思ったのはなぜだろう?
ストライクゾーンが非常に広い俺ではあるが、可愛いタイプよりはどちらかというと〃色っぽい女性の方が好みだ。テレビに出ているアイドルを見ても「可愛いやん」とは感じても「こんな女とやってみたい」と強く思ったことはない。多田さんには、単に見た目が超可愛いだけではない魅力があるということなのだろう。
それが何かはわからないが、とにかく早く、もう一度彼女に会いたいぞ!いてもたってもいられず、翌日、彼女の会社に電話した。多田さんは俺の会社の担当になったので、堂々とアポをとれる。これはうれしいことだ。
「はい、株式会社○○でございます」
その、可愛くて、やや緊張気味の声は、もしかして
「あ、河内さんですか。お世話になっています。昨日お会いした多田です!」「ああ、多田さん、こんにちは。もう電話に出てるんや」
「はい、電話に出るのが新人の仕事やって言われてるんで。うまく話せなくって失敗も多いんですけど、頑張って出るようにしています」
そうか、感心、感心。そういう一生懸命なところも可愛いよ。「これから多田さんがうちの会社を担当してくれるってことなんで、一度時間を取ってもらって色々説明したいと思うんやけど、いかがですか?」
「あ、それはありがとうございます。しばらくお待ちいただけますか」
しばらく保留されたあと、前の担当のS氏が電話に出た。
「どうも、河内さん。じゃ、僕も一緒にお会いさせていただいて、きっちり引き継ぎさせていただきますんでよろしくお願いいたします」
なんや、Sか。なんでお前が電話に出てくんねん。俺は多田さんと話がしたいんや。二人っきりで会えないとはほんまにガッカリだ。でもまあ、ええか。それから先はずっと二人で会えるのだし。翌週、約束の日に多田さんの会社に出向いた。スーツにシャシとネクタイ。普段はまったく無頓着な俺だが、この日はどの組み合わせにするか散々迷ったうえでのベストコーディネートで臨んだ。なんせ、ふた回り以上も歳が離れているの
だ。「河内さん、担当が若い女の子になってうれしいんじゃないですか?」とS氏。
うるさい、そんなんあたりまえじゃ。彼女にいいとこ見せようと、やさしく、丁寧に説明する。あまり堅いオッサンだと思われてもいけないので、ときどき冗談を交えながら、でも、デキル男と思わせてみせよう。
「どう、多田さん。わかる?」
「はい。河内さんの説明、すごくわかりやすいです!」
よし!いい感じやん。
「なんか、いつもの河内さんの軽〜い感じと違うなあ。僕のときはこんなに親切に教えてくれへんかつたし」
余計なこと言うなや、このボケ!しばいたるか、このおじゃま虫め!Sにムカつきながらも、説明を続けていたら、ふと彼女の足に目がいった。応接ソファーに深めに腰掛けているためか、制服のスカートと太股の問にしっかりとデルタゾーンができている。これは見える!そう思った瞬間、心拍数が急上昇した。しかし、残念ながら真正面ではな
いため、今の位置のままではその奥まで覗くことはできない。右にずれないと。多田さん、どんなパンティはいてるんや?なんとしても見たい!でも、さすがに二人を前にして座っているこの状況を変えると、ばれるかもしれない。「この人、いやらしいわ。最低!」と思われることだけは絶対に避けなければ!
最後までデルタゾーンに未練を残しつつ、打ち合せは終了。「河内さん、これからよろしくお願いします!」と明るくほほ笑む多田さんを目に焼き付けて、会社を後にした。次は二人で会える。真正面に座ってパンティも拝める!そう思うと元気が湧いてくる。ようし、来週にでもまたアポを入れようつと。
3日後、多田さんに次回打ち合せの日取りを決めようと連絡を入れたのだが、残念な返答があった。新人の研修が忙しく、4月中はまったく時間が取れないという。必要な連絡は前任のS氏にしてほしいとのことだ。じゃ、次に会えるのはゴールデンウイークが明けてからということになる。はぁ〜、3週間もあるやん。ゴールデンウイークなんてなければいいのに!多田さんと会えないのはつらいが、実際にゴールデンウイークが始まると、休みはいいもんだと感じる。今年は旅行の予定はないので、近場で日帰りのお出かけを2,3日しただけで、あとは比較的ゆったりと過ごした。時間はたっぷりあったので、例のM子さんが風俗嬢ではないかという仮説を検証すべく、ネットで風俗店のサイトを調べまくった。先月と同じく、もしかしたらM子さん?というレベルは数名みつかるが、明らかに本人だと確証を持てる女性は一人もいない。調べているうちに、風俗の情報価サイトで、登録してある全店の風俗嬢を年齢やスタイルなどで検索できる仕組みがあることに気がついた。なんや、これなら手っ取り早い。もっと早く気付けばよかったなぁ。身長を「165〜169cm」と「170cm以上」、バストは「C」にチェックし、検索すると239人がヒットした。次に、その中で、M子さんのプロフィールに当てはまる人を探していく。いや〜、しかし最近の風俗嬢はスタイルいいなぁ。モデル顔負けのハイレベルな女がわんさかいるじゃないか。239名の中には、M子さんかもしれないとチェック済みの女性も3名ほど含まれていた。そして、ついにドンピシャのプロフィールと雰囲気の女性「H子さん」を発見!これは今までで断トツに可能性が高いんじゃないか?ドキドキしながらリンクが張られているデリヘルのホームベージヘ飛び、詳細情報をチエックした。5枚ほどのセミヌード写真を見ると、
しかにいつもオカズとしてお世話になっている見覚えのある身体とそっくりだ。写真では口元から下しか映っていないが、顔の感じもかなり似ている。念のため、H子さんの画像を開きながら、M子さんの動画を再生。これはかなりの確率でM子さん本人なんじゃないか!確信というよりは少しの期待も間違いなく含まれてはいるが、これは直接行って確かめるしかないでしょう。