出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

温泉旅行をドタキャンされたショック

昨年12月の頭に、ついにこのオレに彼女ができた。オグ30才。11も歳の離れたオレを選んでくれたお釈迦さまのような女性だ。が、彼女ができたとはいえ、今の段階では口約束にすぎない。身体が結ばれてこそ、ホンモノの恋人と言えるだろう。
それについてオレには、長年の夢があった。温泉で初めて肉体関係を持つという、全世界中の男が望むであろう究極のシチュエーションだ。
ラブホテルのような、窓もなく、空調の音ばかりが響く環境ではなく、かといって自室のような殺風景な場所でもなく、温泉旅館のあの雰囲気で結ばれたいのだ。彼女ができれば必ずかなえたい夢として、もう20年もあたためていた計画だ。幸い、もうすぐクリスマスがやってくる。イブに温泉旅行ってのはどうだろう。オグは乗ってくれるだろうか。 ラインで探りを入れる。
〈クリスマスはどうしますか?〉
まさか友達と食事だなんて返ってこないだろうな。
すぐにリターンは来た。
〈どうしましょうか?〉
よかった。恋人のつもりでいてくれてるようだ。間髪入れずに攻める。
〈24日に温泉とか行きませんか?〉
対する返事は、
〈はい、空けておきます〉
マジか!空けておくってか! 男と温泉に行くって意味をわかってるんだろうな。湯船につかって帰るわけじゃないんだぞ。こうなればすぐに宿の手配だ。箱根、熱海、伊豆と、よさげな場所を調べて回る。さすがに混浴は刺激的すぎるだろうから、オーソドックスな温泉でいいだろう。
……ない。イブはどこも満室だ。どいつもこいつも聖なる夜にスケベなことばかり考えてやがるようだ。ならば長野方面はどうだろう。…あった。軽井沢、一泊1人4万円の宿だ。2人で8万円か。プラスしてレンタカー代や高速代、ガソリン代、途中のSAでアメリカンドッグなんかも買ってあげるだろうから、12万ぐらいは飛んでいくな。まあここは初期投資するしかない。11コも年下の彼女なのだ、太っ腹なところを見せてやろうじゃないか。よし、予約だ! 
その日から綿密な計画を練った。出発は24日の昼ごろとして、夕方には宿に到着。もちろんまだ襲い掛かったりはしない。まずはそれぞれバラバラに温泉だ。オグは入念に体を洗うことだろう。もちろんオレもすみずみまでキレイにしておかねばならぬ。おっと、ゴムのことを忘れていた。出発の前の日に0・01ミリを購入しておこう。
風呂上りもまだ襲わない。のんびり食事だ。オグの濡れ髪はどんなだろう。さぞかしいい匂いがするにちがいない。 
食事を終えてからもう一度温泉へ。このあたりで興奮はマックスに達するだろうが、勃起しないよう注意せねば。男湯とはいえ勃起してれば変態だ。そして部屋に戻ったところで、しめやかにコトを行おう。0・01は枕元に隠しておけばいいな。ただ、オグは大切な彼女なので、セックス描写は書きません。どんなアクロバティックな内容になろうとも、いっさい触れるつもりはないので、そのあたり期待しないでいただきたい。
クリスマスまでの週末は仕事が忙しいこともあり、オグには会えず、ラインだけのやりとりが続いた。
そしていよいよ、イブを翌日にひかえた23日の夕方。レンタカーの手配も終え、最終確認をオグに送った。
〈明日はどこ集合にしましょうか?〉
リターンがあったのは夜のことだ。
〈風邪をひいてしまいました。旅行キャンセルできますか?〉
はぁ〜〜? 風邪だと?風邪ぐらい温泉に入って治せよ!ふつふつと沸き上がる怒りを、冷静に鎮める。いかんいかん、ここでキレたら台無しだ。
〈インフルエンザですか?〉
インフルならあきらめてやるけど…。
〈違うんですけど頭痛がひどくて。本当にすみません〉
違うのか。ただの風邪でキャンセルかよ。仮病だろうか。男女の温泉旅行がどんな意味を持つのか、それまでは軽く考えていたオグも、直前になって怖気づいたのかもしれない。夢が音を立てて崩れてゆく。いきなり温泉なんて、オレにはとても無理な試みだったのか。仕方ない。あわてて宿にキャンセル連絡だ。前日なら何%取られるんだろうか…。
「キャンセル料は50%となります」
ガーン。何もしてないのに4万円も払うのか。ショックがでかい。4万円あれば都内でいいディナーでも食べて、部屋で初セックスという流れもあったのに。最初からその予定ならオグも風邪をひかなかったかも(仮病だとすれば)。
ショックのため、イブ当日はオレも体調がすぐれず、そのまま年末年始もオグには会わず、実家でいつものような年越しを迎えたのだった。