出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

セミプロ売春婦だらけの援交女の中から本当の素人を見つけ出す方法

援交の良さは素人女性とエロいことができる、という一点に尽きるが、今や、出会い系サイトの援交女はどいつもこいつもセミプロ売春婦だらけだ。
しかし、本当の素人がいる聖域はまだ残っている。それがツイッター援交だ。ツイッター援交歴2年の俺が、詳しいやり方を一から解説していこう。すでにツイッターのアカウントを持っているものとして話を始める。
まず、10ミニッツメール(http://10minutemail.com)などのサイトで捨てアドを取得し
て、サブアカウント(サブ垢)を作る。メインのアカウントでエンコーすると、タイムラインに関連のツイートが書き込まれて知り合いにバレるからだ。次にプロフィールの作成だが、基本的に援交希望の女の子たちは、ちゃんとお金を払ってくれて、安全で清潔そうな男なら誰でもいいので、凝った写真や文面にする必要はない。プロフ写真は、俺の場合、ネットで見つけた自分より少し若めの男の顔から下の写真を使っている。スーツ男性の顔から下の写真なども無難でおすすめだ。プロフィールの文言はこんな感じ。
『エロ大好きです!プチエロもアリ!お金はそこそこ持ってるサラリーマンです。援助します』エロ目的で利用していて、変態や危険な男じゃないとわかればOKだ。あとは2〜3日の間、誰でもいいので適当な人に「お疲れー」とか「それおもしろいね」など、どうでもいいリプライをして、タイムラインに残しておく。これで「ツイッターをやってる人感」を演出でき危険な匂いが消えるわけだ。準備は整った。では相手探しへ進もう。キーワード検索の欄に「裏垢」「サポ」「援」+「地名」などのキーワードを入れれば、関連ツイートが表示される。 
そのすぐ下に「ユーザーをさらに見る」という項目が出るのでクリックすると、プロフィール欄に先ほどのキーワードが書かれたアカウントがずらりと並ぶはずだ。その中から女の子のアカウントだけ見ていけば、プロフに「援助希望」「サポ希望」「ゴムナシは無理」などのキーワードがストレートに書かれているので、適当な女の子を選んでタイムラインをチェックする。ここで援交目的の男たちとやりとりをしてない子はスルー。単なる冷やかしだ。マークすべきは、頻繁に男たちとリプライを繰り返してる子
である。が、彼女らにも冷やかしの可能性はあるので、まだロックオンしなくていい。
ここでやるべきは、さらにその子のフォロワーの中から、援交目的の男のアカウントを見つけ出すことだ。そう、真のお宝は、これら「エンコー男がフォローしている女の子」の中に眠っているのだ。常連買春オトコがフォローしている女の子とは、すなわち実際に会ってヤレる「生きたアカウント」だと考えられるからだ。さらにその中から会える子を絞っていく。選別の基準は以下の5つを参考にしてほしい。
①1時間以内にツイートしている子

②他のフォロワーたちに、まめにリプライしている子

③ツイートにプライベート感のあるつぶやきがある子(業者は援交に関するつぶやきのみ)
④援交の条件を写真で載せている子は除外(業者の可能性が高い)

⑤会う前にギフトカードで先払いを求めてくる子も除外(寸借詐欺の可能性が高い)
これらの条件に合う子が見つかったら、片っ端からフォローしていき、相手からフォローされるのを待つ。相互フォローが完了したら、DMで援交を申し出ればいい。ただし「条件教えて」とか「ホ別2でどう?」など殺伐としたメールではなく、「今日は会え
そうですか?よかったらサポするんでどうですか?」程度の柔らかさが欲しい。また、女の子の中には相互フォローせずともDMを送れる設定にしている子もいるので先の5つの基準に当てはまる子がいたら、「よかったら今日援で会いませんか?」と直接メールしてもいいだろう。ツイッター援交の相場は、一般の出会い系サイトとほぼ同じ、イチゴーから2万。18才から20才の可愛い子は2万で、それ以上の年齢ならイチゴーで打診すれば、すんなり会えるはずだ。 
ツイッター援交嬢は、プロフ写真に自分の写メを載せてる子がほとんどなので、事前にだいたいの判断はつくが、ときにはブスにあたることもある。でも素人っぽい子が好きな方なら、損した気分にはならないはずだ。