出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

絶好の風呂ノゾキスポットが心霊の名所になってしまった理由とは?

メタボ腹とおさらばするべく、ウォーキングを始めることにした。毎日、夕飯をすませた夜9時ごろから1時間ほど、自宅界隈をえっちら歩こうというわけだ。ウォーキングを開始して5日目のその晩、私は気分転換にいつものコースをはずれ、あまり通ったことのない方面へと歩いていた。人通りのぱったり絶えた夜の住宅街をよたよたと進むうち、ふいに女性の鼻歌が耳に飛び込んできた。声の出所はすぐ目の前の民家だ。生け垣
がジャマで目視できないが、どうやらフロ場の窓が道路に面しているようだ。しかもこのクリアな音声、窓は開いているっぽい。
覗いちゃおっかな〜。幸い、周囲に人の気配はない。というか、この住宅街に入ってから歩行者はおろか車1台さえ見かけていない。覗くには絶好の状況だ。ただ問題は、窓を覆い隠している生け垣だ。背伸びしたくらいじゃとても…。ふと振り向けば、道路を挟んだ真向かいに、小さな寺のコンクリ塀があった。ここによじ登れば・・・。
ばっちりとフロ場の窓が見下ろせた。すりガラスの引き戸が3分の1ほど開いており、その奥で若い女の裸体がチラチラと見え隠れしている。歳のころは20代前半。顔は10人
並といったところだが、見るからに張りのありそうな、ピンク乳首のバストは相当な代
物だ。イエス、イエスエス!20分ほど、たっぷりと女体を拝みまくった私は、何事も
なかったように帰宅した。
人間の生活パターンはよほどのコトでもない限り、変わるものではない。毎日、ほぼ同じ時間にメシを食い、フロに入るのが普通だ。それは例の美乳ちゃんも例外ではなかった。以降、時刻を見計らって女の自宅前にやってくると、2、3回に一度という高確率で入浴タイムと遭遇したのだ。そのたびにフロの窓が必ず開けはなたれているのは、おそらく彼女の習慣だろう。不用心だが、私にとっては好都合この上ない。はぁ、しかしこのコ、何度見てもイヤらしい体つきをしてますなぁ。こうして覗きが常習化していくなか、もっとも警戒したのは目撃者だ。いかに人通りが極端に少ないエリアとはいえ、突如、車が現われることもときにはあるのだから(歩行者は滅多にない)。私のとった作戦は2パターンだ。視界にヘッドライトが見えれば、塀の上に立ったままそばの電柱に隠れるか、あるいは寺の敷地内に飛び降りるか。まるでガキの遊びだけど、単純なだけにバレにくく、見とがめられることは一度もなかった。そんな実に楽しい生活に、ちょっとした暗雲が立ちこめたのはノゾキ開始から2カ月が過ぎようとしていたころだ。やけに車や自転車の往来が多くなったのである。まるで寺の周囲をぐるぐる回るかのように。ち。なんだってんだ、いったい。ある夜、チャリンコ高校生に尋ねてみると、なんたることか、この寺が最近、心霊スポットとして騒がれだしているのだという。空を飛ぶ生首を目撃した者が何人もいるとかなんとか。こりゃマズイ。覗きなんぞやってる場合じゃないかも。心霊を探しに来た少年たちによってデバガメ逮捕、そんなことが記事にでもなったら家庭崩壊だ。
「おわ、出た!ナ、ナマ首!」しばらくはウォーキングで様子をうかがいながら、美乳ちゃんのフロ場音声だけでガマンしていた私だが、そのうち心霊マニアたちがいなくなったこともあり、またぞろ、コンクリ塀によじ登ることとなった。ある夜、美乳ちゃんの入浴姿を堪能していたところ、ふいに前方から話し声が聞こえてきた。あわてて電柱の裏に隠れてみれば、3人の中学生らしき少年が自転車に乗って近づいてくる。ガヤガヤと騒がしかった連中は塀の前で止まり、しばし無言になった。やがて1人がぼそっと口を開いた。「おまえ、ちょっと行ってこいよ」
「え、やだよ。おまえが行けばいいじゃん」はぁ、また来やがった。心霊なんていないっての。早く帰れ!いつまでもごちゃごちゃやってる少年どもにいらつき、電柱の影からそっと顔を出し・・・やべっ、一人と目があっちまった。
「おわ、出た! ナ、ナマ首!」
驚愕する私を残し、彼らは猛スピードで逃げ去っていった。え、そういうことだった
の?