出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

女ってやつは何度も顔を合わせると情にほだされる生き物なのだ

一重まぶたの地味な顔立ちだが、色白で男好きしそうな肉付きの女。それが3年前に結婚した妻だ。愛だなんだではなく、外見と、そのMっ気のある性格にひかれて結婚しただけに、新婚当初からまるで性奴隷のように扱いまくった。
初めのうちは、海沿いの駐車場や、峠の東屋などの人気のない場所での野外セックス。
慣れてきたころにはハプバーに行って大勢の前でセックスしてみたり、ワニが集まる混浴温泉で全裸にならせてみたり。まるでセフレのような関係とも言えるが、俺たちはれっきとした夫婦であり、妻も積極的ではないにしろ、文句も言わずついてきていた。もちろん子供は作らない。そんな面倒なもんがデキたら遊べなくなってしまう。そんな新婚生活を続けて2年が経ったころ、俺の勤めていた会社の業績が急激に悪化し、収入が大きく目減りすることになった。妻は派遣OLとして稼いでくれていたが、正直、給料はかなりショボショボ。このままではマズイ。そこで思いついたのが、妻をセクキャバで働かせることだった。年齢的にもまだ30になったばかりだし、ルックスも悪くない。何より、妻が見知らぬ男たちにオモチャにされるなんて、興奮するじゃないか。彼女は根っからのM気質なので、俺の命令には逆らわない。案の定、その提案にも能面のよ
うな表情でうなずいた。
「そっか…。やってみます」
こうして妻がセクキャバで働きだしてからは、夜の楽しみが増えた。どんな客とどんなことをしたのか、本人の口から話させるのだ。
「ずっと乳首を噛む人がいて…」
「お前、そんなの好きだろ。濡れたんだろ。え?」
「はい」「指入れされたのか?」
「いえ、それはされてません」
そしてそのあと、嫉妬に狂いながらバックでガンガン突いてやる。まるで主人と奴隷だが、世の中にはこんな夫婦関係もありえるのだ。ときには彼女には内緒で店に偵察に行くこともあった。おっさんの膝に座ってディープキスする姿や、パンツに手を突っ込まれ指マンでアエぐ姿など、妻の乱れっぷりは他の嬢よりよっぽど堂に入っていた。こいつ才能あるんじゃないのか?「今日はどんな客がいた?」
「指を入れられました…」
「他は?」「指2本でクチュクチュされました…」
こんなことを白状させては、嫉妬に狂ってセックスする日々を送っていたわけだが、勤務から半年ほどで、妻の報告にある特徴があらわれはじめたことに、俺は気づいていなかった。 強引に手マンしてくるオヤジ、というフレーズが毎日のように登場していたことを、うっかり聞き流していたのだ。ある夜、妻が言った。
「離婚したいんです。お客さんのことを好きになりました」
その客というのが、毎日店にやってくる手マンオヤジで、自分も離婚するから一緒になろうと口説かれたそうだ。結果、俺たちは離婚した。この投稿で何が言いたいのかといえば、露出や寝取られ系のプレイは、毎回、相手の男を変えないと大変なことになりますよってことだ。女ってやつは何度も顔を合わせると情にほだされる生き物なのだ。