出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

歌舞伎町のとある通路に家出女のモノ置き場がありまして

新宿で軽く酒を飲んだ後、歌舞伎町の『さくら通り』付近を歩いているときに、しょんべんをしたくなった。トイレを探すのも面倒だし、そのへんでジョロジョロするか。
周囲を見渡す。中華料理屋の隣、建物と建物の間の幅50センチくらいの通路が目にとまった。いい感じで薄暗く、立ちションをするにはちょうど良さそうだけど…。んっ?
奥に若い女の姿が見えた。通路に置かれた物置から、服屋のショッピングバックっぽ
いビニール袋を引っ張り出して何かやっている。 
歳はハタチ前後くらいか。出会いカフェにいるような、どこかだらしない雰囲気のコだ。カバンを地べたに直に置いたりしてるし。 と、彼女はビニール袋を元に戻し、まるで荷物を回収したような感じで通路を出てきた。何をやってたんだ?彼女の後ろ姿が見えなくなるのを待ってから通路へ。とりあえず立ちションをして、改めて物置を見た。 彼女が触っていた袋の他にも、同じようなビニール袋が4つほど無造作に突っ込んである。全部あのコが置いたのか?
人目が無いことを確認し、一つずつ引っ張り出してみた。どの袋にも、女の服やポイントカードや化粧品といったごちゃごちゃしたモノが入っており、それぞれ持ち主が違うような感じだ。ここって、もしかして…!? いったん通りに戻り、しばしその場で張り込んでみることにした。
薄暗い通路は、やはり小便を催す男を引きつけるのか、たまに立ちション野郎がやってくるが、物置に気を泊める人間はおらず、持ち物を置いといても〝安全〞そうな雰囲気だ。たぶんオレの予想は間違ってないと思うんだけど…。自分でも物好きだなぁと思い
つつ待つこと1時間ほど。一人の若い女が通りかかった。おっ、通路へ入っていくぞ。物置からビニール袋を取り出し、ゴソゴソやってるじゃないか。まるでコインロッカーから荷物でも取り出すような感じで。 もう間違いない。この物置は、ロッカー代わりに使われているのだ。でもってこんな場所に荷物を置く連中ってのは決まっている。家出オンナである。こりゃあオモロイ場所を見つけちゃたぞ!
そこで脳みそがフル回転し始めた。彼女らは間違いなくビンボーだ。金には目がない。つまりこの物置に、ある張り紙をしておけば食い付いてくれるんじゃないかしら?さっそく作戦に取りかかった。
「困っている女の子、1で援助しますよ。39♂ 090‐××××‐××××」
「1」は相場よりも少し安いが、相手はコインロッカーも使えないほど金欠の女たち。きっと反応してくれるはずだ。そして4日後。
スマホに見知らぬ番号から着信があった。
「…あのぉ、援助の張り紙を見たんですけど」マジか!
「歌舞伎町の通路のだよね?」
「…はい」
「一応確認だけど、未成年とかではないよね?」
「いや、ハタチなんで。というか、今カブキにいるんで、できればこれからお願いしたいんですけど」無駄話をせず、さっさと本題を切り出してくるあたり、さすがは家出オンナだ。やっぱ狙いは間違いなかったようだ。1時間後、歌舞伎町の待ち合わせ場所に現れたのは、まだあどけなさが残る風貌の子だった。援交スポット『ハイジア』あたりなら2万円でもソッコー売れてしまうレベルだろう。しかもいざラブホに移動すると、家出だけにたっぷり時間もあるのか、宿泊で朝までたっぷりヤリまくらせてもらった。
別れ際、一応、気になることを聞いてみると、こんな答えがかえってきた。
「…なんであそこを使ってるかって?それはまあ、このへんにいる女の子の間でけっこう有名なんで」
「何人くらい使ってるの?」
「5人くらいいるんじゃないですか?」 
労せずして援交嬢を釣れるこのスポット。ぜひ使ってみてください。でも未成年とは遊ばないように!