出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

一人旅ガイジン君とエッチするフリーガイドおばちゃん

私は都内在住の47才の専業主婦です。 最近、知り合いの男性(と言っても出会い系で会った人ですが…)に、自分の逆ナンエピソードをしゃべったところ、こちらの雑誌への投稿を薦められ、思い切って筆をとりました。アラフィフ女の年甲斐もない体験談なんですが、よかったら読んでください。 
かれこれ5年前、子供が中学生になって手がかからなくなった時期に、何か新しいことにチャレンジしようと英会話教室に通い始めました。 久しぶりに味わう授業の感覚は新鮮で、楽しくて仕方がない。少ししゃべれるようになると、もっとしゃべりたくなり、頑張って勉強する。そのうちに日常会話レベルは大丈夫なくらいになりました。
そこで目を付けたのが、『TOKYO FREE GUIDE』というボランティア団体です。ここは、海外からの旅行者に対して無料で観光ガイドをするという活動をしており、英語をしゃべりたい自分にはもってこい。お金をもらわずに案内するというのも、逆に気負わなくて良くてラクです。さっそく会員登録(面接試験あり)し、ガイドスタッフになりました。 活動は、スタッフが個々に自由に行います。専用サイトに旅行者の情報が並んでいるので、自分が案内したい相手を選び、連絡して会うという流れです。ざっと旅行者情報を見た感じ、老夫婦やオバさん3人組といったグループが多いでしょうか。
そんな中、ある情報に目が留まりました。
名前:Ethan 
性別:men 
年齢:30
人数:alone 
alone? 一人旅か…。
30才のアメリカ人の男の子ねぇ。写真はないけど、何だかステキじゃない?ひとまず絡を取り、すんなり浅草ガイドの予定が決まりました。ガイド当日、朝10時。浅草。待ち合わせ場所に現れたのは、リュックを背負ったイケメンの男の子です。
「…Ethan?」
「イエス!ナイストゥミーチュー!」
背が高いし金髪だしモデルさんみたいです。かっこいいわぁ。 
まずは浅草寺へ。「ジャパニーズ、フェイマス、テンプル」
「オー、ビューティフル!」 お参りの仕方を教え、おみくじを説明し、仲見世通りでの買い物を手伝ってあげます。昼過ぎ、お昼を一緒に食べた後、隅田川沿いを散歩しているとき、通りの先にラブホが見えました。と同時に良からぬ感情が。このイケメン君といちゃいちゃできたらいいのに。
「ドゥユーノー、ラブホテル?」
「ラブホテル?」
ラブホなんて英語はなく、日本独自の文化だと聞いたことがあります。ならばその中を案内してあげるという口実で…。
「ジャパニーズカルチャー、レッツゴー」
返事を待たず、ずんずん歩いてく。入り口で部屋を選び、自分でお金を払って室内へ彼も薄々はどんなところかわかっているようで、ニヤけながらついてきます。部屋でさっと腕をからめると、少し間があり、彼がニヤっと笑いました。さあ、ここからは日本の熟女を教えてあげるわよ。というわけで、すっかりボランティアガイドの味をしめた私は、以降、一人旅の外人男子をガイドしては、同じ流れでラブホへ誘っています。もちろん、断られることもありますが、これまで4人とセックスできました。おかげで、ベッドでの英会話はかなり上達しましたよ。