出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ターミナル駅のワゴン販売中国人処女をナンパ

ターミナル駅には、構内でワゴン販売をしているお姉さんたちを見かける。基本的に一人で仕事をしている彼女たち、非常にヒマそうだ。仕事中の出会いだって当然ないだろう。いつも同じ場所で販売しているとは限らないので、今回の手紙は「先日」ではなく「先ほど」のフレーズを用いるとしよう。

f:id:torivian:20190119090136p:plain

キョロキョロしながら待ち合わせの新宿アルタ前で待っていると、女性が近づいて来た。3番の女のコだ。
「こんにちは」「あ、どうも、こんにちはー。返事くれてありがとうございます」
世間話をしながら近くの小ジャレた居酒屋へ移動する。
「日本にはいつごろから来たんですか?」
「5年前からです」
「あ、じゃあもうかなり慣れましたね」
「そうですね」
「あの仕事は長いんですか?」
「あの仕事は前からやってます。色んな駅でやってます」
話してみると、なんとなく日本語が不自由な感じがするが、コミュニケーションは普通に取れる。頑張って日本語を勉強したんだろう。
「どこで日本語覚えたんですか?」
「わたし、中国で大学の専攻が日本語でした。それがもったいないから来ました。日本語はぺらぺらじゃないけど簡単な言葉ならわかるから」
「彼氏とか恋人みたいな人はいないんですか?」
「いないですよ。付き合ったこともないです」
ほほう。てことは処女ってことか? 中国人&処女。かなりハードルが上がった気がする。どう攻めればいいんだろう。
「男のお客さんから話しかけられたりしません?」
「え、どういうことですか?」
「いや、綺麗だからモテるかなと」
「そんなことないですよ(笑)」
「いやー、お手紙もらったりしたことあるでしょ?」
「ないですよー。ビックリした」
「すいません、いきなり渡しちゃって…」
「いえ、嬉しかったです…」
褒め殺しのおかげで、いい感じの雰囲気になってきた。が、相手は処女だ。それに俺の中でちょっとした罪悪感のようなものも芽生えてきた。異国で頑張ってる子をこんな形でダマしちゃうのはどうなんだろう?
一応、この場は友達になっておいて、ゆっくり関係を築いていくぐらいにしておいたほうが日中友好のためにもいいかもしんない。
「じゃあ、今日は帰ろっか」
「はい。ありがとうございました」
「いえいえ、こちらこそ来てく
れてありがとう」
帰りがけ、彼女はどこかで買ってきたのか、お菓子をプレゼントしてくれた。いい子だな。日本人にこんな子いないよ。先月のショッピングモールのシングルマザーと進展があったので報告したい。子供同伴なら食事に行ってもいいとの返事をくれていた女性だ。子連れでいったい何ができるのか、かなり不安だが、まず会ってみないことには。ちなみに、まだ何番の彼女かわかっていない。約束当日、昼。待ち合わせ駅にやって来たのは、4番、上原多香子似の彼女だった。嬉しい。そして視線を下に向けると、ベビーカーの中に可愛らしい女のコの赤ちゃんが。
「どうも、こんにちは」
「ああどうも! 来てくれてありがとうございます」
赤ちゃんはキョトンとこちらを見ている。まだ分別のつく歳ではないだろうが、なんだかやりにくいなぁ。子供も一緒に食べられる場所がいいということなので、ファミリーレストランに入った。
「お子さん可愛いですね。おいくつなんですか?」
「いま1歳3カ月です。ユズカ
(仮名)と言います」
「そうなんですねー。ユズカちゃんこんにちはー」
ハートフルな空気が流れた。が、こんなことをしている場合ではない。いつものペースに戻さなくては。
「やっぱり、職場で同僚に口説かれたりするんでしょ?」
「いやー、ないです」
「お客さんに声かけられたりないんですか?」
「いやー、ないですね」
「へえ、こんなにキレイなのに、意外と…」
と、そこで、
「フギャ〜! ウェーン!!」
ユズカちゃんが奇声を上げながら砂糖のビンを倒してしまった。
「ユズカ! ダメでしょ!」
口説きに入ろうと思ったタイミングにどうしてまた。母親の危機を察したのかな。これを機にユズカちゃんがしつこく暴れ出し、普通の会話もままならなくなった。
「あのー、じゃあカラオケにでも行きましょうか?」
「そうですね。ゴメンなさい」
美女とカラオケ。本来ならばテンションの上がる行事のはずだが、子連れでは勝手が違う。
「ほらほらユズカ、アンパンマンだよー。一緒に歌おうか」
「……」
シングルマザーを口説く難しさがわかってきた。良心が痛むというよりも、物理的に困難なのだ。そりゃ母親は男よりも子供を優先するよな。
彼女からリクエストがきた。
「郷田さん、なんか歌ってください」
よし、ここは一発ミスチルのラブソングに自分の気持ちを乗せてやろう。
「♪出会った〜日と〜」
歌い出したとたん、ユズカちゃんが騒ぎ出した。嫌われてるのかも。こうなりゃ一か八か勝負だ。子供は無視して、彼女の目を見つめる。
「よかったら、俺とつきあってくれませんか?」
「そうですね…。まだ早いですし……」
「……」
「それに、私と同じくらいユズカのことを好きになってくれる人じゃなきゃヤなんですよね」
ヘビーなセリフが飛び出した。やっぱり子供がいると責任の重みが違うな。
「好きになれると思います。ユズカちゃんすごい可愛いし」
「そうですか…。ああ! ダメ、ジュースこぼれちゃうでしょ!」