出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

メールやり取りだけで稼ぎ出す主婦が始めたエンコー仲介業

ミクシィを始めたのは3年ほど前。理由は周りの友達がやっていたからという単純なものだが、これが想像以上にハマった。

主婦向けのコミュに登録しながら、同時に自分の日記でオリジナルの献立レシピを定期的に公開する。これが主婦たちに受け、気がつけばマイミクは300人を突破していた。一介の主婦に過ぎない私だけれど、マイミクたちからは姉さん扱いというのか、とにかく頼られる存在に祭り上げられ、あれこれ相談を受けるようにもなっていた。

ある日、東京在住の主婦Aさん(30代半ば)とのメールの中で、悩み事を打ち明けら
れた。来年、子供が小学校に上がるのだが、ご主人の収入が低いため、学費がタイヘン。彼女自身も働かなければならなくなったという。
〈何かワリの良いアルバイトってないですかね〉
ここだけの話、私は独身時代にエンコーに手を染めたことがある。ワリのいいバイトなんてそれ以外ないよね。もしも彼女にソノ気があるのならと話をふってみたところ、やはり向こうは弱気になった。
〈私なんかで大丈夫なんでしょうか〉
最近はダンナにも相手にされていないとかで、エンコー云々の前に、自分が女として通用するのか不安なのだそうだ。気持ちはわかる。

ともあれ写メを送らせてみたところ、地味だけど、顔やスタイルはさほど悪くはない。イケるイケる、ぜんぜんイケるって!
〈夫にバレたり、危険な目に遭うことはありませんか〉
〈大丈夫よ。単にエッチしてお金もらうだけなんだから〉
〈やっぱり変なサイトとかに入るんですか?〉
〈お客は私が探してあげるから心配しないでいいよ〉
〈それならお願いします…〉
話し合いの末、エンコー料金は2万円で、内、私が半分をマージンとして受け取ることになった。私だってリスクを犯すのだから、慈善事業というわけにはいかない。
1回1万円でも主婦はノってくる
さて、どうやってお客を探すかだけど、私はミクシィ内の『お金が欲しくてたまらない』というコミュを使うことにした。

貧乏な人がバイト情報を交換したりする場だ。方法はトピックにそれっぽいメッセージを掲載して、リターンを待つというもの。文面はこんな感じだ。
〈都内の30 代の主婦です。お金に困ってます。良いアルバイトを探してます〉
わかる人にはわかるはず、と思ったら、案の定だ。ほどなく、3人の男性からミクシィ内でメールがきた。

〈サポしますよ〉〈いくらですか?〉
〈金額を教えていただけますか?〉
この時点で彼らは、料理好きの私自身がエンコー相手を探していると思い込んでいる。
このままやりとりをしてアポまでこぎ着けてから、最終的に彼女にバトンタッチするの
が正解だろう。
〈主婦なんで写メとかは送れないんですが、容姿は悪くないと思います。2万円でどう
でしょう〉
3人にこのメッセージを送ると、1人の男性から〈今日会いたいのですが〉と返信が。顔もわからないのにモノ好きな人だけど、日記の内容が明らかに本物の主婦にしか書けないものだから興味を持ってくれたのかもしれない。あとは、お互いのメアドと
携帯番号を(こちらはAさんのもの)を交換するだけ。その後の流れは2人におまかせだ。

その夜、Aさんから無事コトを終えて、約束の金を受け取ったとの報告があった。このまま2万円持ち逃げされれば元も子もないけれど、翌日、銀行口座にはちゃっかり1万円が振り込まれた。

純真な主婦のAさんには持ち逃げなんて発想はなかったのか、あるいは携帯番号もミクシーIDも知られているので迂闊なコトはできなかったのか。いや、なにより一番の理由は、今後もお客さんを紹介してほしかったからだろう。現に彼女は週1ペースでこの売春に手を染めていったのだから。

1回1万円しかもらえないエンコーなんてワリに合わないと思うだろうけど、一般の主婦はそのへんの相場を意外と知らない。信じられないだろうけど、いま現在、私の月収は15万円を突破している。
Aさんの一件以降、お金に困ってそうなマイミク主婦たちに、さりげなくエンコー話を持ちかけてみたら、20代後半から30代前半まで、都合5人の主婦がすぐにノッてきたのだ。多少の罪悪感がなくはないものの、家に居ながらにして稼げるこの仕事は手放せない。

※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。