出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

ネイリストの見習いの悪いお小遣い稼ぎ

ミクシーで地元福岡のコミュニティを眺めていると、こんなスレッドが立っていた。
〈ネイルの練習台募集〉
ネイリスト見習いと思しき女性たちが、タイトルどおり練習台を探しているらしい。カットモデルみたいなもんか。なぜオレがこんなスレッドに注目したかと言えば、ちょこちょことこんな文言が入っていたからだ。
『男性の方も大歓迎です!』
よくわからないけど男でも女でも、爪ならなんでもいいってことなのかもな。ふと一人の女性に目が留まった。ミクシーのプロフによれば25才で、写真も載っている。ギャル風のカワイコちゃんだ。いいじゃん。ネイルなんてまったく興味ないけど、この子と会ってお話できるなら、やってみようか?さっそくメールを送ったらすぐに返事がかえってきて、サクサク日程が決まった。週末、待ち合わせの駅前にあの写真どおりのギャル風がやってきた。ネイルはカラオケボックスでやるそうで、歩いて向かう。
手に持つデッカイ箱にはネイル道具が入ってるのだろう。にしても重ね着したタンクトップから谷間ガッツリ見えてるんですけど、なかなかいいじゃない。カラオケ個室に入って彼女が道具を広げ、筆とかヤスリとかラメとかが机に並ぶ。彼女が、オレの腕をとりながら前のめりになる。やはり谷間が丸見えだ。
「そういえば男性もオッケーって書いてたじゃない? そういう人って多いの?」
「そうですねー。最近はけっこう男性でもネイルされる方多いので、やっぱりワタシも練習しておきたいなぁと思って」
「へえ。ネイリストになって長いの?」
「ぜんぜんですよー。まだまだヒヨッコです」
なんと、ネイリストを志してまだ半年しか経ってないそうだ。へえ。さらに話を聞けば、ネイルだけじゃ食っていけてないらしく、別の仕事もしているらしい。
「友達のお店でホステスみたいなのもしてるんですよね。ぜんぜんお金ないから、仕方なくですけど」そう言ってプリプリの胸を両腕で寄せる彼女。お金ないんだー。オレにはアレを誘ってるようにしか見えないぞ。右手の爪が白っぽい色に塗られたところで、意をけっして提案してみた。
「あの、もしイヤじゃなかったらでいいんだけど…」
「なんですか?」
「お小遣いあげるし、ちょっとエッチなことできないかな」「あ、いいですよー」
 即答かよ! ずいぶん軽いなぁ。とにかくOKみたいなので、フェラ6千円でお願いすることに。彼女がオレの隣に腰かけてズボンを脱がせてきた。ネイル道具の中にあったウェットティッシュでチンコを拭き、パクリ。ねっとりした唾液多めのフェラはなかなか良い。調子に乗って胸も触っちゃえ。おらおら。すぐに発射を迎え、後処理をしてから左手のネイルを再開。「じゃあこれで終わりです。色色ありがとうございましたー」こちらこそ、満足しました!この出来事に気をよくしたオレは、その後もちょこちょことネイル練習台の掲示板に目を通すようになった。ミクシーで「ネイル 練習台」
と検索する以外にも「ネイルモデル 男性」などとネット検索すればそれ用の掲示板が出てくる。色々探して次にメールを送ったのは、これまたギャル風の24才ちょいぽちゃ子だ。やはりカラオケでネイルをするとのことで、待ち合わせ場所から歩きだす。
「ネイルの仕事長いの?」
「1年弱ですね。でもちゃんとしたお客さんはまだまだ少なくて、だいたいお友達とかにお願いされてやってる感じです」
ネイルスタジオなどには所属せず、フリーの立場でやってるそうな。ってことはやっぱりカネには困ってるよな。カラオケに入ってネイルがはじまったところで軽くお願いしてみた。
「○○ちゃん可愛いからさ、もし良かったらお小遣いありでエロいことしてもらえない?」
なんとなくすんなりオッケーが出るもんだと思ってたのだが、彼女の表情が一気に曇った。「うーん」 重苦しい雰囲気のままネイルが進む。だが、終盤で彼女から逆に提案が。「ワタシ手だけなら大丈夫なんですけど…」
「え? サポ?」
「はい、前に病気うつされたことあって…」
驚くなかれ、以前にこのネイル練習台で会った男とワリキリ(本番)をした際に、そいつから性病を移されたというのだ。ていうか割り切りやってるじゃん!女には手コキ3千円でお願いして発射させてもらった。聞けばネイリストという連中はなかなか稼げないため、エンコー、風俗も掛け持ちしてる連中が非常に多いそうだ。ただ、エンコーだけを目的に行ったとしても彼女らはいい顔をしない。真面目にネイル練習台を探してるので、そこだけは付き合ってあげましょう。