出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

押しまくるとフラれる恋愛経験ばかり

恋愛関係が始まるときというのは、どちらか一方がグイグイ押しまくるのではなく、互いになんてことのないメールを送りあったりしながら、双方の気持ちが盛り上がっていくものだと思う。特にオレのように、押しまくってあっさりフラれる経験ばかりしてきた者にとっては、向こうからも押してきてくれないとどうにも安心できない。
さて先月お花見につきあってくれた杏里ちゃん。たぶん脈アリだとは思うのだが、まだ積極性が感じられない。なのでわざとこちらからは連絡せずに、先方の出方を待つことにした。デートの誘いじゃなくてもいい。日常のちょっとした出来事、例えばこんなものを食べただの、こんな店に行っただのを連絡してきてくれるだけでも恋心を確認できるというものだ。作戦は完全に裏目に出た。待てど暮らせど、メールの一通も来やしない。GW前、業を煮やしてメールしてみた。
〈連休はお遍路に行くか悩んでいます〉
私も連れてって!という返事を期待しての内容だ。すぐに返信は来た。このあたり、無視する女とは心の出来栄えが違う。どれどれと開いてみる。
〈はい頑張ってください〉
たった一言だった。なんだろう、この素っ気なさは。一度デートした間柄とは思えない、この他人行儀ぶりは。あんなに礼儀正しかったのに、どうして? 記憶喪失なのか?夏に大台の40才になる身としては、もうなりふりかまっていられない。ロンリーなお遍路など時間の無駄だ。
 向かうは婚活パーティだ。この種の催し物で、かつて一度たりともカップルになったことのないオレにしてみれば、戦う前から負けは決まったようなものである。なので今回は必殺の飛び道具を使うことにした。プロフィールカードの年収欄を「1200万円」にしておくのだ。まだカネに釣られる女のほうがマシだ。
 土曜、夕方からのパーティには、男女それぞれ20人ほどが集まっていた。ざっと見た感じ、39才のオレが最年長のような気もする。まあいい、今日のオレは年収1200万なのだから。最初の回転寿司タイムが30分ほどで一周した。誰ひとりとして年収の話題には触れてこなかったが、手に持ったボールペンはまめに動いていた。しっかりメモは取られていたに違いない。
 オレが気に入ったのは、
 2番(素朴系)
 7番(美人系)
 9番(笑顔がまぶしい)
の3人だ。カードに丸をつけてスタッフに渡す。これにより、パーティ途中で、誰が自分を気に入ってくれるかがわかるシステムだ。フリータイムが始まり、まず最初に7番、そして次は9番と無難に会話をかわした。もうひとりの2番は、他の男からも人気があって順番待ちの列ができている。オレも並ぶべきかと思ったが、すぐそばに誰からも話しかけられずにいるブサイクさんが寂しそうにしていたので、つい同情して彼女のもとへ向かってしまった。そのとき、先ほどスタッフに渡したカードの集計が終わり、各自に結果が伝えられた。なんと、2番と両思いになっている!他にも、年収効果か、4人の女性から好印象を持たれているようだ。我が目を疑った。婚活パーティでこんな上手い展開になったことが、過去にあったろうか? いやない。これはなんとしても次のフリータイムで2番に話しかけねば!
目の前のブサイクちゃんをほったらかしにして、フライング気味に席を立ち、2番の順番待ちの列に並ぶ。並んでるニイちゃん、どうせダメなんだからヨソへ行けよ!司会の声が聞こえた。
「では次が最後のフリータイムです。お話、どうぞ!」
え? 最後? てことは話すチャンスがない! なんだよそれ!ぶ然としたまま、最後のフリータイムは一人きりで時間をつぶし(もうブスと向かい合う気力もなし)、最終投票で、2番、7番、9番の数字を書いて発表を待つ。7と9はムリかもしれないが、2番が当初の想いをそのまま素直に記入してくれればカップル成立だ。しかし結局、なんたることか、2番、7番、9番の3人ともが他の男とカップルになってしまった。納得がいかないとはこのことだ。第一印象では両思いだったのに…。きっと2番ちゃんは、フリータイムで自分のところに来てくれないことに心を痛め、初志貫徹できず、泣く泣く他の男の番号を書いてしまったのだろう。
 このまま帰宅しては、オレにも2番ちゃんにも心にシコリが残る。2番ちゃんと男がすぐ近くの喫茶店に入ったので、店前で待機することにした。どうせ今日はお茶だけで帰るに決まってる。別れたところで、偶然を装って声をかけるとしよう。40 分ほど待ったところで、ようやく2人は店から出てきた。手もつながず、駅のほうへ向かう。たいした進展はなかったと見た。ま、不本意なカップリングなのだから当然だろう。改札の手前で2人は別れた。男が電車に、2番ちゃんは駅ビルのほうへと歩いていく。今がチャンスだ!正面からすれ違う形で、彼女に接近し、声をかける。
「あれ、さっきの?」
「はい?」
「パーティにいなかった? 2番の子だよね?」
「あっ、えっ…」
 めちゃくちゃ動揺している。
「オレもいたの覚えてない?」
「あ、そうなんですか…」
そうなんですか、じゃないだろう。はっきりオレの番号を書いてくれたのに、そうなんですかってのはおかしいだろ。ポケットの紙を取り出し、解説だ。
「ほらこれ、お互いに番号書いてるでしょ」
 一顧だにせず、2番ちゃんは無言で去っていった。まったくワケがわからないよ!杏里ちゃんにせよ、2番ちゃんにせよ、女心というのはどうしてこんなにわかりにくいのだろう。お願いだから、好きなら好き、嫌いなら嫌いとハッキリ伝えてくれ。