出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

テレクラ

日暮里のテレクラにいたのは妄想癖の強い逆切れ女だった

今回の訪問地・日暮里は、東京の下町エリアだ。観光地として人気の高い谷中や根津からもほど近いため、日暮里駅前には外国人旅行者の姿があちこちで目につく。「ファンタスティック!」そばにいた白人観光客の集団から声が飛んできた。つたないヒアリング力…

川越市のテレクラで会話のテンポが悪い史上最強のおバカさんと会う

テレクラの閉店ラッシュが続いている。特に埼玉県がひどい有様で、この一年ちょっとで4店舗も消滅してしまった。さて、今回の訪問地、川越市のテレクラは、埼玉に残された2店舗のうちのひとつだ(残る1店舗は春日部)。同市は歴史的町並みが保存されてい…

高岡早紀似?町田のテレクラで会ったのは話半分どころか話千分の1の女だった

東京・町田市へやってきたのは今回で2度目だ。駅南口を出たすぐ先には、立ちんぼエリアが広がり、通りにはまだ日も高いというのにポツポツと立ちんぼの姿が見える。どいつもこいつも年増でひどいツラをしているが、それでもテレクラ女と比べれば多分マシな…

埼玉県の春日部のテレクラにラーメン食いたさにワリキリをやってる女性が

梅雨明け間近のどんよりした天気のもと、埼玉県東部の春日部市にやってきた。クレヨンしんちゃんの舞台としても有名な街だが、この地のテレクラにアニメキャラのように愛くるしい女が現れることはたぶんない。ふう〜っとひとつため息をついてから、駅からほ…

時代の波に押されて確実に厳しさを増している千葉のテレクラ

千葉駅周辺に2軒あったテレクラのひとつが、いつの間にか閉店したらしい。そんな話を聞きつけ、現地にやってきた。いつなんどき残りの1軒もつぶれてしまうかわからない、だったら今のうちに、と思い立ったからだ。あいかわらず駅前には、10年前で時間が止…

蒲田のテレクラで出会った人妻は元シャブ中の現役ワリキリ嬢だった

うだるような猛暑日に、東京の下町エリア、新小岩にやってきた。この町に足を踏み入れたのは一昨年の年越しテレクラ以来だが、駅前の様子は相も変わらずガラが悪い。道端にツバを吐きながら歩くオッサンの多さは都内随一だろう。目的のテレクラ店へ向かって…

大阪のテレクラで出会った主婦は幼児プレイが好きな変態さんだった

今回は関東を離れ、大阪で格付けを行うことにした。俺が二代目委員長を継いでからは初めての訪問だ。 ミナミの中心地、なんばの町中を歩けば、東京ではあまり見かけることのない風景が飛び込んでくる。私服がサーカスの座長みたいなおばちゃん。自販機の前で…

埼玉の大宮のテレクラで出会った40目前のワリキリ希望の中年女

埼玉県大宮市は、同県の商業エリアでは中心的な存在だ。当然、フーゾク産業も活発で、駅周辺にはキャバクラやピンサロ、箱ヘル、ラブホテルなどが建ち並び、通りを歩く連中も相応にガラが悪い。繁華街の一角にあるテレクラへ向かう最中も、やたらと道にツバ…

風俗産業が盛んな街のテレクラは地雷女が多いが横浜はどうだろうか。

横浜といえば一般的にハイソなイメージが漂うが、その実、フーゾク産業が盛んだったり、日本を代表するドヤ街があったりとダークな一面も持ち合わせている。経験則から言って、そういった街のテレクラでは、パンチの効いた女と遭遇する率がかなり高いのだが…

電話の受け応えがしっかりしぎてるテレクラ女は地雷だ

今回の訪問地、錦糸町は東京の東エリアでは屈指の繁華街といわれている。新宿や池袋のような派手さはない。だが、往来には日も高いうちから泥酔したオッサンが転がっていたり、ヤクザ風のオニーサンが、東南アジア系の水商売女を引き連れ闊歩していたりと、…

NK流の名で一世を風靡した本サロ地帯西川口テレクラだけは今も元気

今回は埼玉県西川口が舞台だ。かつて「NK流」の名で一世を風靡したこの本サロ地帯も、いまや空きテナントだらけの不気味な街になってしまった。 しかしなぜかテレクラだけはしぶとく生き残っているのが不思議なところだ。平日の昼。西川口駅を降りてすぐのテ…

生まれて初めて見る先天性のパイパン

立川のテレクラでも外人女と会ったことがある。最初から英語まじりのカタコトの日本語だったので、白人女だと思っていた。「ホワイ、テルヒア」とか「アイミーチュ。アポイント、アンドデート」などメチャクチャな英語で、どうにかアポにこぎ付けるまでに20…

お子さんが4人全員父親が違う壮絶な人生

今回の舞台は千葉県千葉市だ。現在大改装中の千葉駅を降り立つと、そこにはまだ90年代の風景が残っていた。襟足の長いギャル男がルーズソックスを履いた女子高生とダベっているそばで、くわえタバコで堂々と歩くサラリーマン。どれも都心では見られなくなっ…

横浜のテレクラのポテンシャル

横浜のテレクラのポテンシャルは計り知れない。かつて市内だけで数十店舗あったという横浜のテレクラだが、いまや残るは横浜駅前に位置する一店舗のみ。街を行き交う人もまばらな平日の昼下がり、店内に足を踏み入れた。入ってすぐに電話が鳴った。「もしも…

テレクラに集う男女の孤独。欲しいのは金でもセックスでもなく愛だ

晴天の東京は、キラキラと光っている。夜8時。泊まりのための替え下着を力バンに詰め、いざ出陣。向かうべき場所は決めていた。歌舞伎町・一番街に面する『R』だ。池袋などのテレクラ乱立ゾーンも候補にあったが、地理に明るいこの土地の方か、待ち合わせな…

テレクラの今・ワリキリ人妻が指定してきた場所は風呂無しの自宅だった

足立区・竹ノ塚にやって来たのは二度目になる。駅前は相変わらずの光景だ。喫煙禁止の看板に寄りかかってタバコを吹かすケバいオバハンや、ゴロ寝したベンチで缶チューハイを飲むジーサン、眉毛をそり落とした中学生など、土地柄を宣伝してくれる人材に事欠…

日本の風俗文化の影響を受けやすい台湾にテレクラが!?

台湾総統選投票日前日。ぽくは台北市内にて極めて重要な電話を待っていた。 国民党はどうなんだ。民主進歩党は。いや、他にもなんかおったな。うーむ、いったいどうなるんだ、この国は。というのは冗談である。選挙なんぞに関心はない。ぼくが待っていたのは…

日曜の寂しい夜はテレクラは男の天国か?

どうやったら簡単に女と出会えるのか。その難問を解く公式を編み出すべくスタートしたが、第3回目にして、早くも読者から厳しい意見が寄せられている。 まずは、ー回目の「占い好きの女」にしても2回目の「ハローワークの女」にしても、それぞれにキッカケ作…

デブ女の引け目感覚がたまらない魅力に感じてしまう

寒い季節になると恋しくなるものがある。セブンイレブンのおでんとデブ女だ。50才を過ぎてかりめっきり寒さに弱くなった。それまでは暖房いらずの俺だったが、最近では正月を過ぎるころになると股引きを手放せない。さらに寝る際には、パジャマの下にフリマ…

出会いアプリ全盛期の今でもテレクラが熱い!?

テレクラ『R』池袋西口店の記事によれば、20代ギャルからのコールがじゃんじゃんり響く異常事態が起きているというではないか。灯台下暗しとはまさにこのこと。俺が地方のあちこちで泣きながらバケモノ退治をしてる間に、まさかホームタウンの東京に、そん…

令和でなっても一人だったので出会いを求めてテレクラに行ってみた

小岩駅の改札前では若い子らが騒いでいた。令和カウントダウンをひかえて浮かれてるんだろう。ロリ女はなかなかやってこない。すっぽかしか?ケータイにかけても留守電に繋がるばかりだ。「3、2、1、おめでとー! イエーイ!」 突然、若者たちから歓声が…

テレクラで不倫デビューしてしまった世間知らずの人妻サラ金へ

中部地方某県の小都市で生まれた。地元の小中高校を出て名古屋の短大に入学。卒業後は商工会議所に勤めていた父親のコネで、地元にも支店を持つ某大手旅行代理店に就職した。結婚したのは働きだして2年目のときだ。相手は高校時代の友人の紹介で知り合った…

セクハラ電話のエロ遊び

「今月のエディターズ」で、新人の山野君が、気になる話を書いておりました。『番号案内104の姉ちゃんにヤラシイ言葉を言わせる方法を、裏モノ編集部が真面目に議論していた』というやつです。104のネエちゃんたちは、問い合わせのあった名前を必ず復…

私の顔見た瞬間 み〜んな逃げてくのよというテレクラ女

東京・立川市にやってきた。近年、デパートや大型映画館などの商業施設が相次いで進出してきた駅前は、どこかオシャレでハイソな雰囲気すら漂っているが、路地1本へだてると、かつて、ガラの悪い街だったころの面影がいまも色濃く残っている。その最たるも…

テレクラはブスばっかり?いえ美人と会えて即エッチ経験

事の発端は昨秋の鉄人社新入社員採用面接にまでさかのぼる。この日の選考方法は集団面接で、学生複数人に対して編集部全員が向かい合う構図だ。編集長からのありきたりな質問にオレはありきたりな答えを適当に返していた。そんな事態が急変したのは面接が後…

私のビジュアル、桃井かおりと宮里藍足したような若熟女世代です

テレクラにかけてくる女を「格付け」する。活動内容は極めてシンプルだ。当会の委員長である私スズキがテレクラに赴き、その場でかかってきた女と無条件にとにかくアポる。人数は毎月2人。彼女らの人間性すべてを比較検討し、格付けしていくという流れである…

テレクラでのワリキリ需要の高さはどれくらい?

足立区の竹ノ塚だ。暴走族同士のケンカがあったとか、20才前後の若い親が子供を虐待したとか、そういったヤンキー文化を背景とする事件が頻発する土地柄で、都内有数の貧困エリアとしても名高い。 自然、ワリキリ需要の高さが予想されるが、あいにくの雨模様…

テレクラからの即会いデート、最後までうまくいったらいくらくらいかかる?

テレクラはギャンブルである、と口を酸っぱくして言っているつもりだ。いつでも勝てる競馬が存在しないように、誰が、いつ行ってもゲットできる魔法のテレクラはあり得ない。 あくまで偶然に左右されるものなのだ。といっても、その偶然は数々の要素から成り…

テレクラ王で漫画家の成田アキラさんの口説き術

まだ売れない漫画家だった成田アキラ氏と女子大生が出没するスポットをそぞろ歩き、記事を僕が、イラストを成田さんが書くといった連載を週刊誌でやっていた。テレクラ漫画で一時代を築く数年前のことだ。仕事があまりなかった成田さんに、一枚八百円という…

ワリキリ援助交際は愛し合ってるわけじゃないから浮気でないと言う女

足を運んだのは東京西部の街、国分寺だ。ワイザツさとはほど遠い、閑静な住宅街のイメージだが、こんな街のテレクラでコールなど鳴るのか。と思ったら、意外なほど鳴りはよかった。ただし、その大半は冷やかしやひま潰しの類で、ようやく会えそうな女とつな…