出会い口説きALLOK

デキル男のためのライフスタイルマガジンです。裏モノJAPAN監修の出会いや口説きに体当たりで挑戦したブログです。

テレクラ

テレクラの今・ワリキリ人妻が指定してきた場所は風呂無しの自宅だった

足立区・竹ノ塚にやって来たのは二度目になる。駅前は相変わらずの光景だ。喫煙禁止の看板に寄りかかってタバコを吹かすケバいオバハンや、ゴロ寝したベンチで缶チューハイを飲むジーサン、眉毛をそり落とした中学生など、土地柄を宣伝してくれる人材に事欠…

日本の風俗文化の影響を受けやすい台湾にテレクラが!?

台湾総統選投票日前日。ぽくは台北市内にて極めて重要な電話を待っていた。 国民党はどうなんだ。民主進歩党は。いや、他にもなんかおったな。うーむ、いったいどうなるんだ、この国は。というのは冗談である。選挙なんぞに関心はない。ぼくが待っていたのは…

日曜の寂しい夜はテレクラは男の天国か?

どうやったら簡単に女と出会えるのか。その難問を解く公式を編み出すべくスタートしたが、第3回目にして、早くも読者から厳しい意見が寄せられている。 まずは、ー回目の「占い好きの女」にしても2回目の「ハローワークの女」にしても、それぞれにキッカケ作…

デブ女の引け目感覚がたまらない魅力に感じてしまう

寒い季節になると恋しくなるものがある。セブンイレブンのおでんとデブ女だ。50才を過ぎてかりめっきり寒さに弱くなった。それまでは暖房いらずの俺だったが、最近では正月を過ぎるころになると股引きを手放せない。さらに寝る際には、パジャマの下にフリマ…

出会いアプリ全盛期の今でもテレクラが熱い!?

テレクラ『R』池袋西口店の記事によれば、20代ギャルからのコールがじゃんじゃんり響く異常事態が起きているというではないか。灯台下暗しとはまさにこのこと。俺が地方のあちこちで泣きながらバケモノ退治をしてる間に、まさかホームタウンの東京に、そん…

令和でなっても一人だったので出会いを求めてテレクラに行ってみた

小岩駅の改札前では若い子らが騒いでいた。令和カウントダウンをひかえて浮かれてるんだろう。ロリ女はなかなかやってこない。すっぽかしか?ケータイにかけても留守電に繋がるばかりだ。「3、2、1、おめでとー! イエーイ!」 突然、若者たちから歓声が…

テレクラで不倫デビューしてしまった世間知らずの人妻サラ金へ

中部地方某県の小都市で生まれた。地元の小中高校を出て名古屋の短大に入学。卒業後は商工会議所に勤めていた父親のコネで、地元にも支店を持つ某大手旅行代理店に就職した。結婚したのは働きだして2年目のときだ。相手は高校時代の友人の紹介で知り合った…

セクハラ電話のエロ遊び

「今月のエディターズ」で、新人の山野君が、気になる話を書いておりました。『番号案内104の姉ちゃんにヤラシイ言葉を言わせる方法を、裏モノ編集部が真面目に議論していた』というやつです。104のネエちゃんたちは、問い合わせのあった名前を必ず復…

私の顔見た瞬間 み〜んな逃げてくのよというテレクラ女

東京・立川市にやってきた。近年、デパートや大型映画館などの商業施設が相次いで進出してきた駅前は、どこかオシャレでハイソな雰囲気すら漂っているが、路地1本へだてると、かつて、ガラの悪い街だったころの面影がいまも色濃く残っている。その最たるも…

テレクラはブスばっかり?いえ美人と会えて即エッチ経験

事の発端は昨秋の鉄人社新入社員採用面接にまでさかのぼる。この日の選考方法は集団面接で、学生複数人に対して編集部全員が向かい合う構図だ。編集長からのありきたりな質問にオレはありきたりな答えを適当に返していた。そんな事態が急変したのは面接が後…